Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2009年11月3日 寒くなれば味噌煮込
b0134829_1611756.jpg

今日はこの秋いちばんの冷え込みだったようです。
日中でも最高気温は15度に届かず、いよいよ冬の訪れを実感してしまいました。

こういう寒い季節になると、名古屋人の食べたくなるものは・・・味噌煮込みうどんですね。^^
真夏のクソ暑いときでも名古屋人は味噌煮込みを食べていますが、やっぱり旬は晩秋から初春にかけてではないでしょうか。

b0134829_16112016.jpg

味噌煮込みうどん、普通のうどんとは似て異なる食品です。
鰹節の出汁を効かせたくどい豆味噌仕立ての汁に、塩をいれず小麦粉と水だけで作られる極めてコシの強い麺を入れて、土鍋で煮て作るところから、味噌煮込うどんと呼ばれます。
ちなみに、名古屋近辺では省略されて「みそにこみ」、もしくは「みそにこ」と呼ばれることが多いです。

私はこの郷土の生んだ味噌煮込みうどんが大好きです。
なので、日ごろ親しくしていただいているこの地域の写真友達たちのグループを、勝手に「全日本味噌煮込写真家協会」と呼んでおります。
もし、味噌煮込が嫌いな人がいたらごめんね~。^^;
全日本味噌煮込写真家協会、長いので略称は「全味協(ぜんみきょう)」ですね。
英語だと、All Japan Misonikomi Photographers' Association、略してAJMPA(あじゃんぱ)です。あじゃぱーではありません。^^;

全味協はシリアスな団体で厳重な入会審査や資格確認がある・・・わけはなく、誰でも入会できます。^^;
というか、私とオフ会でお会いした方々は、本人の意思とは無関係にその一員とみなしています・・・ごめんね~。^^;
主な活動内容は、味噌煮込みうどんの隠れた美を再発見し、映像に残すことに注力する・・・わけはなく、オフ会を開催して遊ぶことだけです。^^;
また、皆さんとても良い方たちで、私のポートレート撮影の際に貴重なモデル供給源(フィルム)(フィルム&デジタル)ともなってくれています。

その呆れた設立趣旨にもかかわらず、賛同を得た方々により大阪支部や石川県支部や東京支部などが勝手にできつつあり、全国制覇も夢ではない・・・
あはは、好きな味噌煮込について書いてると、どんどん筆がすべって与太話がふくらんでいくでかんわ、誰か止めてちょう・・・^^;

b0134829_16113211.jpg

さて、最近お気に入りの即席味噌煮込みは、マルちゃんこと東洋水産が製造している「みそ煮込みうどん」ですね。

5個入りパックで300円以下という価格もうれしいですが、味もなかなか本格的です。
昨年までは、名古屋ブランドの寿がきや製の味噌煮込み即席麺を愛用していましたが、味が薄めなので自ら赤味噌をドーピングしたり、水を少なめにしたりと、少々作り方にコツがあるのが難点でした。

しかし、このマルちゃんの味噌煮込みは完璧です。
マルちゃんは全国ブランドですから、名古屋地場産の寿がきや製の味噌煮込みには敵わないだろうと、長い間偏見を持っていました。
ところが、食べてみると・・・これは凄い!目から鱗が1ダースほど落ちました。^^;

このマルちゃん製の味噌煮込みうどん、コロイド状の泥味噌スープが付属していますが、これがキモです。
苦くどいような赤味噌の風味が完璧に再現されており、レシピどおりに作れば、誰でも簡単に名古屋風の味噌煮込みができあがります。
ただ、残念ながら東海地方限定、どこでも買えるというシロモノではないようです。

愛知県西加茂郡三好町三好ヶ丘にて
Pentax K200D
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
[PR]
by blackfacesheep | 2009-11-03 16:56 | Foods & Dining
<< 2009年11月4日 錦秋 2009年11月2日 渋柿を懸... >>