Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2010年11月21日 銀残しな赤錆に宿る、晩秋の光と影
b0134829_9552961.jpg

K-5に新たに搭載されたカスタム・イメージ「銀残し」で、午後の光に鈍く輝く農業用施設を撮ってみました。
この「銀残し」、写真だけではなく映画の世界でも時々見かけますね。
英語ではブリーチバイパス(bleach bypass)と言い、現像の際にフィルムから「銀」を取り除かずに、意図的に残すことで、彩度が低くコントラストが強い、インパクトのある絵が出来上がります。
赤錆フェチの私にとっては、結構使用頻度の多いカスタム・イメージになりそうな気がします。^^;

b0134829_9555054.jpg


b0134829_956597.jpg


b0134829_9562515.jpg


b0134829_9563652.jpg

この農業施設、全体は下のような雰囲気でした。
家の近くの田んぼの畦道を、被写体を求めて歩いているときに発見したんですが、見た瞬間、「こりゃ素晴らしい・・・撮らねば!」と思って夢中で撮ってしまいました。

b0134829_9564853.jpg

モノクロフィルムのネオパン100アクロスを詰めたKiev 88C+Kaleinar 3B 150mm/F2.8でも撮りましたので、現像が楽しみです。

愛知県みよし市福谷にて
Pentax K-5
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
[PR]
by blackfacesheep | 2010-11-21 10:06 | Lights & Shadows
<< 2010年11月22日 ペナン... 2010年11月20日 Ind... >>