Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2011年4月8日 Monorail in spring dusk
b0134829_13404083.jpg

早春のよく晴れた日の日没時の空って、物悲しくなる色合いに満ちています。
最近のPentaxのデジタルカメラに装備されているホワイトバランス、"CTE"で撮って見ました。

b0134829_13405760.jpg

このCTE、オートホワイトバランスの逆を行くものと考えればわかりやすいかもしれません。
通常のAWBだと、光に惑わされずに本来の白を出そうとするのですが、CTEだとその光の色味を誇張する方向に働きます。

b0134829_13411158.jpg

つまり、夕景の赤い光を撮ると、より赤く補正してしまうんですね。
AWBで撮ったらあまり印象的にならないような風景でも、CTEで撮ると「あざとくも印象的な色」をつくりだせます。
あまり使うチャンスは多くないんですが、夕景を撮るときには使いたくなるセッティングですね。

b0134829_13412650.jpg

ちなみにここに写っているのは、名古屋の東部丘陵に走っているモノレール「リニモ(Linimo)」の高架です。
サイバーで近未来的な雰囲気が楽しい路線ですが、特にたそがれ時は魅力たっぷりです。

愛知県愛知郡長久手町にて
Pentax K-5
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2011-04-08 13:49 | Lights & Shadows
<< 2011年4月9日 桜の季節の... 2011年4月7日 桜を愛でる人々 >>