Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2011年6月30日 碧空の結婚式場
b0134829_1432426.jpg

今日で6月も終わり、明日から7月です。
例年だと梅雨の真っ只中で、ジメジメムシムシの雨降りばかりなんですが、今年はちょっと様子が違います。
6月下旬から連日真夏日の気温となってしまい、真っ青な空に白い雲が浮かぶ梅雨明け特有のお天気が続いています。

こういうときは開き直って「真夏写真」を撮るに限りますね~♪
これは昨日、近くを通りかかった豊田市内の結婚式場のチャペルです。
雲ひとつない碧空に浮かぶ白いチャペル、まるでエーゲ海の小島のギリシャ正教の教会みたいな雰囲気に写ってしまいました。

b0134829_1432212.jpg

真四角の構図って大好きです。
小世界が完結するような、ひそやかな落ち着きがあるように感じます。
もちろんどんなカメラでもトリミングすれば真四角構図になるんですが、ファインダーを覗いたときから真四角じゃないと、やなんですよね。^^;

それゆえに6x6のカメラで撮るのは大好きなんですが、こんだけ暑いと重い中判カメラを持ち出す気分にはなれません。
そこで、真四角構図で写真の撮れるRicoh GX200が活躍するんですね~♪
パンフォーカスに絞り込んでどアンダーで撮ると、あたかも低感度フィルムのIlford Pan F Plus 50で撮ったようなテクスチャで写ってくれます。
もちろん中判特有の被写界深度の浅い写真は撮れませんが、GX200のモノクロームは凄くフィルムっぽいので、パンフォーカスな真四角写真ならこれで十分なのかもしれません。

また、なんと言っても小型軽量、フットワークがまるで違います。
Kiev 88Cを持ち出すと色々で2Kgを超えてしまいますが、GX200はたったの200グラム・・・身体に優しいことこの上もありません♪

愛知県豊田市にて
Ricoh GX200
[PR]
by blackfacesheep | 2011-06-30 14:47 | Lights & Shadows
<< 2011年7月1日 紫陽花の季... 2011年6月29日 it&#... >>