Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2012年1月14日 あんかけスパゲティを食らうオフ
b0134829_22404759.jpg

私の所属する写真グループ、「全日本味噌煮込写真家協会」のオフ会で、「そーれ」に行って来ました。
全味協メンバーは、その名前の通りミソニコも大好きですが、その他の名古屋メシにも目がありません・・・今回は久しぶりにあんかけスパを食べに行こうと言うことになりました♪

b0134829_22411224.jpg

あんかけスパとは・・・中京地区のみに存在する極めて個性的な麺料理です。
2.2mmの極太麺は見るからに「ガテン系」・・・麺の外側はラードで炒めてパリッと硬く、中は腰のない軟麺という「逆アルデンテ」状態です。
その上にかけるソースは、野菜や挽肉を長時間オーブンで煮込んでコロイド状になった極めてコクがあり粘度の高いもので、いつしか「あんかけスパ」と呼ばれるようになりました。
あんかけスパについてより詳しく知りたい方は、私の双子の弟であるXylocopalのブログ記事「名古屋発祥の超弩級パスタ "あんかけスパ"」をご覧ください。

b0134829_22405998.jpg

名古屋ではごく普通の喫茶店でも「あんかけスパ」を提供するお店はたくさんあり、どこもスパを注文するとこんなミニサラダが出てきますね。
ちなみにフォークはペーパーナプキンで包まれた状態で出てくるのもお約束の一つです。

b0134829_22412413.jpg

今回訪れた「そーれ」は今年で50周年となる老舗であり、「ヨコイ」と並んで名古屋のあんかけスパの元祖ですね。
今回このオフ会に参加した全味協メンバーは、50周年を記念した復刻版の「クラシック」ソースで注文しました。
こちらは私が注文した定番メニューの「ミラネーゼ(通称ミラ)」で、赤皮のハムとウィンナーがレトロで楽しいんであります。^^
奥に見えるのは、旧友のMiyabine君がオーダーした「玉子ヨセ」です。これは、豚ロースカツを卵でとじたもので、あんかけスパのカツ丼とも呼ばれるパワフルな食品です。

b0134829_2242083.jpg

こちらは「愛と勇気」さんが注文したツウな一品、「そーれのイチハン」であります。
刻み卵と赤皮ウィンナ少々と言うストイックな具に店の名前をつけるのはあんかけスパ屋では一般的な傾向ですね。
このシンプルな具で麺を1.5倍に増量したものが名古屋のサラリーマンのソウルフードとも言うべき人気メニューで、ちなみに、ヨコイでは「スペシャル・イチハン」と呼ばれています。

b0134829_22433222.jpg

こちらはごちそう系・ぜいたく系のメニューで、Eightさんが頼んだ「ピカタ」です。
いわゆる豚の黄金焼と言うものですが、カロリーが高く満腹中枢を痛く刺激するために、がっつり食べたい人にはお奨めのメニューです。

b0134829_22434734.jpg

こちらもごちそう系のメニューです。いけみさんが注文した「バイキング」と呼ばれるメニューで、エビフライに牡蠣フライ、目玉焼きが乗った豪華版です。

b0134829_2244387.jpg

こちらも人気メニュー、カグラさんの注文した「ミートボール」ですね。
名前はミートボールですが、載って来るのはミニ・ハンバーグだったりします。^^;
あんかけスパゲティのメニューって、こうしてみるとけったいな名前が多いですねえ、玉子ヨセなんて何のことだか訳がわかりませんし、人気メニューのミラカンにいたっては「ミラネーゼとカントリー」のハイブリッドだったりします。

b0134829_22443577.jpg

う~ん、美味かった・・・満足した♪
あんかけスパは、名古屋メシの中でも極めて麻薬性が高く、長い間食べてないと禁断症状が出てくるぐらいの食品ですから、一同しっかり満足してお店を出てきたのでありました。
お店の外に出てくると、こんなコーヒー・コーナーがありました。
行列の際にはここで無料のコーヒーを飲んでお待ちください、ってことなんでしょうか・・・さすがの人気店なんであります♪

名古屋市中区栄4丁目 「そーれ」にて
Pentax K-5
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2012-01-14 23:32 | Foods & Dining
<< 2012年1月15日 銀残しな... 2012年1月13日 英国的な... >>