Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2012年5月8日 東洋と西洋の混在する街角
b0134829_12502694.jpg

名古屋の覚王山にある日泰寺の参道です。
ここには、懐かしい日本がまだたくさん残っているような気がします。
例えば表通りに出された「お好み焼き」の赤提灯・・・実に日本的な風景なんであります。

b0134829_12503956.jpg

みたらし団子、おでん、ラムネ、カキ氷・・・これらも極めて日本的なB級グルメですね。

b0134829_1251054.jpg

いまどき貴重な伝統的日本旅館もまだ残っています。
昔、出張の多い仕事をしていたとき、味気ないビジネスホテルに飽きてくると、こういう旅館にも時々泊まりました。
朝ごはんの和定食が美味いんですよねえ、焼魚、海苔、納豆、お味噌汁・・・う~ん、たまらん。^^v

b0134829_12511417.jpg

この参道には、こういう懐かしい店構えがまだ残っています。
履物屋さんというのも今はもう絶滅危惧種でしょうか・・・下駄や草履はめったに履かなくなったもんなあ。^^;

b0134829_12513058.jpg

日泰寺はタイ王国から寄贈されたお釈迦さまの遺骨を安置するために創建されたお寺です。
「覚王」とは、釈迦の別名で、また「日泰」とは、日本とタイ王国を表しているんだそうです。
そのせいか、この参道にはアジア的なお店も多く存在しています・・・カレー専門店もありますし、こんなインドグッズ専門店もあります。

b0134829_12514289.jpg

サブカルチャー的な雰囲気も漂う覚王山、若い人たちも多く集まってくるせいか、昨今では西洋風なお洒落なお店も増えました。
ここは靴の修理専門店ですね~♪

b0134829_13134824.jpg

こちらは最近出来たレトロ・モダンなカフェ、ザラメ・カフェさんですね。
ドーナツが有名で、本拠地の岡崎ではとても人気があるカフェです。
また、道路を挟んで反対側には、多治見でとても人気のあるケーキ屋さん、シェ・シバタさんもあります。
どちらの名古屋店もよく流行っているようでした。

b0134829_12523749.jpg

覚王山の交差点をさらに南へ、椙山女学園方面に歩いていくと、こんな南欧風の建物が出現します。
その名前も「覚王山ル・アンジェ教会」・・・結婚式場なんであります。

b0134829_12525215.jpg

中には入ったことが無いんですが、外から見るとなかなかにエキゾチックな建物なんでありました。
文化の交差点みたいな覚王山にはふさわしい建物なのかもしれません。

名古屋市千種区覚王山にて
Olympus Pen mini E-PM1
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH
[PR]
by blackfacesheep | 2012-05-08 13:20 | Japanese Landscapes
<< 2012年5月9日 ログハウス... 2012年5月7日 Light... >>