Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2012年5月12日 爽緑の明治村
b0134829_19561514.jpg

写真仲間と一緒に、久しぶりに明治村に行ってきました。
ここは明治時代の建物を移築したテーマパークで、写真を撮るのが好きな人には、たまらなく魅力のある場所となっています。
特に今の季節は、爽やかな新緑に引き立てられて、古びた建物の魅力が最大限に引き出されているように感じます。
こちらは明治村1丁目にある「聖ヨハネ教会」ですね。

b0134829_19563344.jpg

こちらも1丁目の鉄道局新橋工場・・・ここを背景に咲く白い花は、「ナンジャモンジャ」と呼ばれる花です。

b0134829_1957915.jpg

ナンジャモンジャとはヒトツバタゴを呼ぶこの地域独特の名前ですね。
細かい花が煙のように咲いて何が何だか、よくわからない風景から、「ナンジャモンジャ」と呼ばれているらしいです。^^;

b0134829_19573335.jpg

こちらは明治村4丁目の歩兵第六聯隊兵舎前に咲くツツジの花・・・明治村は今、ツツジがとても綺麗でした。

b0134829_19583826.jpg

こちらは明治村5丁目、愛知県刈谷市銀座にあった「菊の世酒蔵」の黒板塀と、そこで咲き誇る新緑です。
日差しはたっぷりあったんですが、5月としてはまだちょっと肌寒い一日で、歩いていても汗ばむことは無かったですね。

b0134829_19585159.jpg

こちらは宇治山田郵便局舎前に咲くコデマリの花です。
背景にぼんやりと見えるのは、明治村5丁目の聖ザビエル天主堂ですね。^^

b0134829_19591899.jpg

この楓の新緑は明治村1丁目の西郷従道邸の前のものです。
秋になったら綺麗に色づくんでしょうが、今の季節は透明感のある新緑がとても爽やかでした。

b0134829_19593225.jpg

明治村4丁目の日本赤十字社中央病院病棟の廊下にて。
窓の外に広がる新緑と、昔の高い天井を持つ廊下にただよう静謐な空気感、いかにも爽緑の季節と言う雰囲気だったのでありました。

被写体が多い明治村なので、それなりに変化が付けられるだろうと思い、単焦点のLumix 20mm/F1.7一本で撮ってみました。
135判に換算すると40mm/F1.7、昔のコンパクト・フィルムカメラに多い焦点距離とF値のレンズです。
このぐらいの焦点距離で開放F値が明るいと実に使いやすいですねえ♪
寄って開ければボケ写真、引いて絞れば広角風味、色々な味付けで撮れたのでありました。^^v

今日一日お付き合いいただいた全日本味噌煮込写真家協会の皆様、楽しい一日をどうもありがとうございました。
次回は5/27(日)、可児市の花フェスタでの薔薇撮影会および多治見のJAZZ INN PAPA'Zでのオフ会と言うことになりました。
また遊びましょうね~。^^v

愛知県犬山市内山1番地 博物館明治村にて
Olympus Pen mini E-PM1
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH
[PR]
by blackfacesheep | 2012-05-12 20:28 | Japanese Landscapes
<< 2012年5月13日 イエネコ... 2012年5月11日 黄金週間... >>