Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2012年7月22日 鉄紺色の空に浮かぶ工場
b0134829_19284.jpg

昨日同様、今日も晴天番長K200Dによる写真なんであります。
このカメラ、非常にピーキーなカメラです・・・設定次第では、擬似夜景に近いような濃い~ミッドナイト・ブルーな空が撮れるのが楽しいです。^^
コツは簡単、発色の冴えるカスタムイメージ「鮮やか」に設定し、よく晴れた日に太陽を背中に背負ってC-PLフィルターを装着し、その効果を最大に上げて露出補正をマイナス0.7~1.0かけてやると誰でも簡単に撮れてしまいます。

b0134829_1923066.jpg

特にこういうメタリックな素材とは相性が良く、実にサイバーな雰囲気の写真が撮れます。
いわゆる「ゆるかわ」とか言われる写真とは正反対のテイストで、カメラ女子な人は撮らないようなハードなテイストの写真になります。^^;

b0134829_1924291.jpg

この鉄紺なグラデーション、昔愛用していたリバーサルフィルム、コダック・コダクローム64、通称KR(プロ仕様はPKR)を思い出しますね。
重く深い発色、そしてメタリックな金属表現には抜群のフィルムだったなあ・・・
モノクロームのTri-Xとともに「男が使いたくなるハードボイルドなフィルム」としては、鉄板人気でした♪

b0134829_1925555.jpg

K-5で撮ると、もう少し明るくて爽やかな色になってしまいます・・・設定を追い込めば似たような色調で撮れると思うんですが、面倒です。
ドスの効いた濁りのある鉄紺色を撮りたくなったら、K200Dで撮るのが一番安直で良いですね♪

愛知県豊田市にて
Pentax K200D
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16) with C-PL Filter
[PR]
by blackfacesheep | 2012-07-22 19:22 | Lights & Shadows
<< 2012年7月23日 血圧を見... 2012年7月21日 真夏の英... >>