Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2012年8月5日 トリステーザな積乱雲
b0134829_2031842.jpg

夏の遅い午後の日差しを受けて大きく育つ積乱雲・・・実にフォトジェニックですね。
こないだも書きましたが、例年は曇り気味で透明度の低い晴が多い愛知県ですが、今年の夏はすか~んと抜けたお天気が多い気がします。
この雲が出るときは意外に湿度は高くなく、日陰にはいると過ごしやすい暑さであるときが多いですね。
ご覧のように風力発電機も勢い良く回ってますから、風もそれなりにそよそよと吹いており、愛知とは思えない夏の夕べなんでありました。

b0134829_2033967.jpg

こういう白い積乱雲、鉄塔フェチとしては、つい鉄塔を背景に入れて撮ってみたくなってしまいます。^^;
それにしても今日も空が青かったなあ・・・というか、蒼くできたなあ。^^;;;
発色無双で晴天番長なK200DにC-PLフィルターを装着し、若干アンダー露出すると・・・う~ん、鬼に金棒なんであります。
ありえないぐらい深いトーンの蒼が写りますねえ♪

b0134829_2035191.jpg

地元では通称弾丸道路と呼ばれる道からこの積乱雲を狙ってみました・・・
普通に撮ってもおもしろくないので、F16まで絞りました・・・C-PLが付いてますから、1/6秒までシャッター速度が落ちますね。
K200Dの手ぶれ補正はよく効きますので、しばし人間三脚となり、息を止めて裂帛の気合で目の前を走り去る車をパチリ・・・♪

うむ~、愛知県とは思えない・・・こりゃブラジルの空に浮かぶ積乱雲です、サンバの音が聞こえてくる感じなんであります~♪
と言うことで、この積乱雲に一番しっくり来る歌、"Tristeza(悲しみ)"を選んでみましたよ・・・セルジオ・メンデスの演奏でど~ぞ♪



今を去ること25年近く前、"Vento de Maio(5月の風)"と言う名前のブラジル音楽バンドをやっていました。
このバンドでライブをやると、最後はいつもこのトリステーザの大合唱&バツカーダ(パーカッション大会)でしたねえ♪
私は本来はジャズ屋さんでしたが、このバンドでは歌や打楽器も担当し、ズージャでは味わえない楽しさをエンジョイしておりました。

歌詞はセルメンのYou Tubeに出ていますが、いまだに全部歌えるんであります。^^v
歌詞の意味は「かなしみよ、お願いだからどっか行っておくれ・・・」から始まって、「わたしは、わたしはもう一度歌いたい・・・」でリフレインです。
メロディーは明るいんですが、せつない歌詞を反映して哀愁も漂うあたりが、さすがブラジルなんであります♪
アストラッド・ジルベルトが英語に翻訳してボサノバで歌っていますが、やはり、べったべたのサンバ・カンサゥンでないと雰囲気が出ません。^^v

愛知県みよし市にて
Pentax K200D
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16) with C/PL Filter
[PR]
by blackfacesheep | 2012-08-05 20:50 | Seasonal Images
<< 2012年8月6日 地場産品を... 2012年8月4日 熱き心を伝... >>