Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2012年8月23日 夏の宵、明治に思いをはせる・・・
b0134829_1526521.jpg

徐々に暮れなずんでいくノスタルジックな街並・・・ここは、愛知県犬山市にある「博物館明治村」なんであります。
久しぶりに「村民登録」をしましたので、好きなときに無料で入場できるため、今までは見送っていた「宵の明治村」にやってきました。
毎年夏になると、閉館時間を午後9時まで延長して、明治時代の日本の宵闇の風情を再現してくれる試みですね。
この「宵の明治村」、女性は浴衣を着てくると入場料が無料になるため、女性のみなさんは浴衣をお召しになってやってきておりました。^^
こちらは2丁目にある「東山梨郡役所」ですね・・・日差しが翳ってきたら、こんなキャンドルサービスが始まりました。

b0134829_15255174.jpg

日中は見飽きるほど訪問している明治村ですが、宵の帳が落ちるころになると、いつもと違う雰囲気に包まれてきますね。
この東松家住宅も、日中よりはるかに深くてジャパネスクな雰囲気を湛えており、魅力が一段と増しておりました♪

b0134829_15262070.jpg

日本赤十字社中央病院病棟の背の高い廊下です・・・窓の外は刻一刻と日が翳っていきます。
白熱電球の暖かな雰囲気を出したかったので、WBは太陽光に固定して撮ってみました。

b0134829_15263417.jpg

宇治山田郵便局もライトアップされて、一段とミステリアスな風情となってきました。

b0134829_15512026.jpg

明治村名物、ザビエル教会です。
夜になってライトアップされると、昼間のあっけらかんとした雰囲気とはまるで違った教会になりますね。

b0134829_15265871.jpg

こちらは明治のガス燈・・・あ、どうせ中は電灯でしょうけどね。^^;
明るくないがゆえに影の存在を意識せざるを得ず、それが風景に深みを与えているように思います。

b0134829_152713100.jpg

上のガス燈は、この内閣文庫のエントランスにあったものなのでありました・・・昼間も見ごたえがありますが、夜は一段とかっこいいです♪

b0134829_15273729.jpg

夜八時半からは花火大会があったんですが、三脚は持ってきたのに、レリーズを忘れてしまった・・・^^;;;
普段、三脚を使わない撮影ばかりしているので、こういうポカが起きるんですねえ。

ちなみに、ここまでの写真はすべて手持ちで撮っております・・・花火以外は手持ちで十分撮れるんですよ。
しかし、花火にはさすがに三脚が必要だと思いました・・・・はい、思ったところまでは良かったんです・・・でも、レリーズを忘れてしまうとは。^^;;;
三脚は単なるお荷物となってしまい、ただただ、ひたすらに疲れただけだったんでありました。^^;

K-5なら感度を上げれば手持ちでも花火は撮れるんでしょうが、なんか急にやる気がなくなってしまい、家に帰ることにしました。^^;
明治村の北駐車場へ向かう道です・・・見慣れた風景ですが、夜の帳が落ちると新鮮な風景に見えるのが不思議です♪

愛知県犬山市内山1番地 博物館明治村にて
Pentax K-5
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2012-08-23 15:53 | Seasonal Images
<< 2012年8月24日 立体交差... 2012年8月22日 残照の黄... >>