Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2012年11月8日 錦秋の段戸川
b0134829_9475477.jpg

平年より気温の高い日々が続いた今年の初秋ですが、11月になりようやく肌寒くなり、秋本番という感じになってきました。
夏や初秋の気温が高い年は、日照時間が多いために紅葉の発色は良くなるという話を聞いたことがあります。
それを検証するために、愛知県の奥三河に行ってきました・・・国道153線伊勢神トンネルを出て県道484号への分岐を右折、南下します。
県道484号、ところどころ車線が細くなっていて、すれ違いのできない「険道」になっていますが、交通量が少ないので問題ありません。
しばらく段戸川に沿って走っていくと・・・おお、こんな錦秋の山が見えてきたのでありました♪

b0134829_9482065.jpg

このあたりの段戸川はなかなかの渓谷美になっていまして、ルアーフィッシングをする人たちには、人気のある場所のようですね。
ちょうど黄葉が紅葉に変わっていく時期のようで、その変化がとても美しかったです。

b0134829_949247.jpg

県道484号から県道33号に分岐し、相変わらず段戸川に沿いながらしばらく走ると、大多賀の集落に至ります。
ここでは「真っ赤な紅葉」ではなく、「真っ赤な廃車」に出会うことができました♪

b0134829_9493870.jpg

段戸川に沿って県道33号線をさらに南下していきます・・・かなり高度が上がってきたのか、真っ赤に燃えるような紅葉に出会えましたね~♪

b0134829_950425.jpg

このあたりの木々は緑・黄色・オレンジ・赤と変化するグラデーションの真っ最中で、まさしく「錦秋」の言葉がふさわしかったですね。

b0134829_9504417.jpg

険道、じゃなかった県道33号線をずっと南下してくると、目の前が急に開けてきます・・・段戸湖に到着しました。
ここは段戸川の源流部で、県内最大級を誇るブナの原生林があり、通称「きららの森」と呼ばれています。
毎年11月初旬になると訪問しますが、今年も美しい雑木林がきらきらと輝いていたのでありました♪

b0134829_951624.jpg

今年は暖かだったので、例年の11月初旬比べると、黄葉が多いような気がします。

b0134829_9512426.jpg

きららの森の中はいつ歩いても心が癒される素敵な場所です。
ウォーキングルートはよく整備されていますので、トレッキングシューズほど本格的な靴でなくても十分楽しめます♪

b0134829_9515860.jpg

奥三河には香嵐渓や太井平という紅葉の名所がありますが、人気がありすぎて紅葉を見てるのか人を見てるのかよくわからないほどです・・・^^;
国道153線から段戸川沿いにきららの森へ至るコースは、知名度が低いゆえに混雑しないのが良いですね♪

愛知県豊田市大多賀町、北設楽郡設楽町「きららの森」にて
Pentax K-5
Tamron AF 18-200mm/F3.5-6.3
[PR]
by blackfacesheep | 2012-11-08 16:00 | Seasonal Images
<< 2012年11月9日 秋の日差... 2012年11月7日 麦屋さん... >>