Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2013年1月8日 カリテプリなビストロ
b0134829_15473194.jpg

ここは、みよし市の市役所のすぐ近くにあるフレンチ・ビストロです。
お店の名前は"Chez mon ami"・・・シェ・モナミ、フランス語で 「友達の家」と言う意味ですね。
「初めて友達の家に行く時のような緊張感と気軽に友達の家に行く時のような親しみ感」、そんな相反するふたつの雰囲気を併せ持ったレストランにしたいという願いを込めて、名付けられたそうです。

ただ読み方は、リエゾンせずに「シェ・モン・アミ」のようですね。
お店のホームページを見ると、オーナーシェフさんのお嬢さんのお名前が「亜美」ちゃんで、「私の可愛い亜美」と言う意味もかけてあるようです♪

一昨年の初夏に開店して以来、みよし市にしては珍しく大繁盛のレストランとなり、いつ行っても満員でした。
じゃあ予約を取れば大丈夫だろうと思って電話を入れたら、これがまたなかなか大変、かなり先まで満席なんであります。
昨年末、クリスマス明けにようやく予約を入れて家族と行ってきました。

b0134829_15474763.jpg

我々がオーダーしたのは1,500円のランチであります。
まず出てきたのは、この蕪のポタージュです・・・蕪と言えどもなかなかコクのある美味しいスープでした。
日本語では「スープを飲む」と言いますが、西洋では「スープを食べる」と言います・・・その表現の理由がよくわかるような料理でした。

b0134829_1548380.jpg

こちらは前菜で頼んだ鱸のエスカベシュ、天然スズキの仏風南蛮漬けに生ハムをあしらったサラダ添えであります。
味付けは、しっかり塩味を効かせたメリハリのある美味しさなんであります♪
パンも天然酵母で発酵させたもので、オリーブオイルと岩塩を付けていただきます・・・シェフのこだわりが感じられました。

b0134829_15481780.jpg

こちらはメインで頼んだチキンの赤ワイン煮込みだったかな、とろとろに柔らかく煮込まれており、口の中でホロリと溶ける逸品でありました。
ガーニッシュはリゾットとポテトで、量もしっかりあり、よほど大食いの男子学生でもない限り、満足のできるボリュームでした。

b0134829_15483011.jpg

締めはコーヒーとブルーベリーソースのかけられたパンナコッタ・・・スプーンで掬うと、白いパンナコッタが出てきます。
甘すぎず、かと言って物足らないと言うこともなく、ちょうど良い甘さだったんでありました。^^v

しかし、これで1,500円とは・・・まさしくフランス語で言うところの「カリテプリ」なんであります。
"Qualité Prix"、とは「料理・ワインなどの品質や満足度が価格に見合うかそれ以上であること」の意味ですね。
英語だと"Good Value / Good Buy"、日本語だと「費用対効果が高い / コスト・パフォーマンス(コスパ)が良い」ってことです。
いつ行っても満員で、予約さえなかなか入れられないのが、と~ってもよくわかる味なんでありました。^^v

今まで、みよし市には人に自慢できるようなレストランはなかったんですが、この「シェ・モン・アミ」さんは自信を持ってお勧めできますね♪
今度は、ディナーを食べに行ってみようっと。^^v

b0134829_154845100.jpg


愛知県みよし市三好町小坂69 三好センタービル 1F シェ モン アミ (Chez mon ami)にて
Olympus Pen mini E-PM1
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH
[PR]
by blackfacesheep | 2013-01-08 06:00 | Foods & Dining
<< 2013年1月9日 穀物サイロ... 2013年1月7日 凍てつく薔薇 >>