Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2013年3月25日 古き裁判所に宿る光
b0134829_22564550.jpg

今日もマグロの一本釣り、じゃなかった、タムロン90㎜マクロの一本撮りなんであります。
昨日撮影した高岳からちょっと北に向かったところに名古屋市市政資料館があるので、ここにも90㎜マクロを持って立ち寄ってきました。
ここはネオ・バロック様式の古い裁判所で、赤煉瓦の外壁や大理石の内装が見事な近代建築ですね。

このカマキリさんは、切り絵灯籠と言うものらしいです。
今、市政資料館では2005年万博の名古屋市パビリオン「大地の塔」に関する常設展示があり、これはその付属物のようでした。

b0134829_2257093.jpg

こちらは中央階段室のシンボルとなるステンドグラスで、公正な裁判を象徴する天秤をモチーフにしたものですね。
ここに来るたびに毎回撮っておりますので、変化を出すために今回は長焦点レンズで柱を前ボケに入れて撮ってみました。

b0134829_22572899.jpg

こちらもここに来ると毎回撮るカーテン房飾りですね・・・これも手前のカーテン房飾りを前ボケに使ってみました。

b0134829_22575754.jpg

なんせ90㎜です・・・135判換算すると135㎜の望遠レンズです・・・写角が狭いんです。
市政資料館の魅力的なキューポラをどうやって撮ろうか悩みましたが、これも窓枠を前ボケにして撮ってみることにしました。
う~む、そーか、長焦点レンズでこういうブツ撮りをするときは、前ボケがおもしろい・・・と、みょ~に納得したりしました。^^;

b0134829_22584766.jpg

最後は中央階段の大理石の手すりです。
造形的に面白いので、丸い明かりを背後にボケとして入れて撮ってみました。
マクロと言うか中望遠の一本撮り、制約が多いがゆえに楽しいですね~、定型詩の面白さと共通するものがあるような気がしました♪

名古屋市東区白壁一丁目3番地 名古屋市市政資料館にて
Pentax K-5
Tamron SP AF 90mm/F2.8 Macro
[PR]
by blackfacesheep | 2013-03-25 06:00 | Lights & Shadows
<< 2013年3月26日 桜の季節... 2013年3月24日 サイタ、... >>