Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2013年9月3日 あやかしの萬松寺
b0134829_96468.jpg

闇の中から浮かび上がるお狐さま・・・日本人にとっては、いわく言いがたい畏怖をいだかせる風景ですね。

b0134829_97170.jpg

ここは名古屋の下町、大須です。
この地域で一番有名なお寺、萬松寺には白雪枳尼真天(はくせつだきにしんてん)をお祭りした白雪稲荷があります。
千年も前からここに住んでいた白狐が白雪様の狐族となり祭られたものなんだとか。

b0134829_97165.jpg

昼間に見てもどことなくおっかない雰囲気ですが、夜になると影が深くなるせいか、一段と玄妙な雰囲気になります。

b0134829_13132295.jpg

この萬松寺、織田信秀により織田家の菩提寺として建立されたものなので、織田家の提灯がありますね。
また、尾張徳川家の朱印寺としても篤く信仰された由緒あるお寺なのであります。

b0134829_13124312.jpg

こちらは稲荷堂の隣にある萬松寺の身代わり不動の提灯です。
この奥の堂宇には、加藤清正が命名したお不動様が安置されているのだそうです。

しかし、こういう由緒ある場所の提灯、光と影でつくりだす雰囲気が素敵なんであります。
現代は夜になっても明るい場所が増えて影が少なくなってしまいました・・・でも、光は影があってこその光かな、と思います。

名古屋市中区大須3-29-12 萬松寺にて
Nikon D600
Nikon AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
[PR]
by blackfacesheep | 2013-09-03 06:00 | Lights & Shadows
<< 2013年9月4日 夏を駆け抜... 2013年9月2日 晩夏の終着駅 >>