Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2014年5月30日 カリビで見る「絵本のしごと」
b0134829_19341558.jpg

刈谷市美術館に行ってきました。
この地域の美術館は、トヨビにしてもオカビにしてもナゴビにしてもケンビにしても、建物自体が「アートだよん♪」と言うとんがった雰囲気を漂わせていますが、カリビはどことなく昭和の風情の残る美術館なんであります。

今回訪問した理由は、↑コレ、「色の魔術師」のあたたかく美しい作品世界・・・「レオ・レオニ 絵本のしごと」展です。
他に比べると地味な美術館ですが、開催する展示会は面白いものが多く、特に絵本作家展は好みの作家の展示をしてくれるんであります。
2008年にもムナーリ展を見に行きました。

b0134829_19404497.jpg

小学校の教科書にも掲載されている『スイミー』で知られるレオ・レオニ(1910-1999)は、オランダで生まれ、イタリアでグラフィック・デザイナーとして活躍後、戦争のため1939年にアメリカへ移住、そこで初めて絵本の世界に足を踏み入れました。
まさしくコスモポリタンな活躍をした人なので、数ヶ国語を流暢にあやつることができるそうですが、「母国語」と言うものはないんだとか・・・

トヨビと違い、カリビでは展示そのもの内容は撮れないので、入口の写真をパチリ・・・^^
今回の展示会では、絵本原画や資料約100点、さらに油彩、彫刻など約30点が出展されており、とても見ごたえがありました。

b0134829_19405626.jpg

展示室の外には、自由にレオ・レオニさんの絵本を見られるスペースもありましたね。

b0134829_19411392.jpg

「色の魔術師」と言う言葉、伊達じゃないんであります・・・こういう絵本を見て育つとゲージツ的な子供になりそうなんであります♪

b0134829_19413787.jpg

こちらはミュージアムショップです。

b0134829_19421182.jpg

レオ・レオニさんのファンなら、思わずオトナ買いしたくなる関連商品がいっぱい並んでおりました。

b0134829_19424824.jpg

絵本好きの相方と一緒に行きましたので、我家もたくさんレオ・レオニ・グッズを買ってきました♪
これは神経衰弱ゲーム用のカードなんであります。

b0134829_1943218.jpg

こちらは絵本ですね・・・英語バージョンの方がちょっと安かったんであります。^^v
その他にもポストカードや額装用のポスター多数、クリアファイルやソックスまで・・・やっぱりオトナ買いしてしまいましたなあ。^^;

愛知県刈谷市住吉町4丁目5番地 刈谷市美術館にて
Olympus Pen mini E-PM2
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH
[PR]
by blackfacesheep | 2014-05-30 06:00 | Arts
<< 2014年5月31日 廃校慕情... 2014年5月29日 薔薇の館... >>