Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2013年7月3日 海辺の和洋折衷近代建築
b0134829_1782667.jpg

海に面したウッドデッキのハンドレールに絡む蔦たち・・・いかにも夏っぽい風景なんであります。

b0134829_1784539.jpg

このウッドデッキ、こんな白とブルーの建物前に広がっておりました。

b0134829_17142991.jpg

この建物が見たくて三河湾に面する蒲郡市までやってきました。
蒲郡市駅から5分も南に向かって歩くと、眺めの良い海岸に出ます・・その海岸沿いに建っているのがこの海賓館マリンセンターハウスですね。
昭和初期らしい、和洋折衷の端正な近代建築なんであります。
1927年(昭和2年)に蒲郡市宝町に鈴木医院の診療所として建てられ、1982年(昭和57年)まで使用されていたそうです。
1995年(平成7年)12月から半年かけて、アメリカズカップニッポンチャンレジ艇の蒲郡ベースキャンプ隣接地に移築されたんだそうです。

b0134829_17145693.jpg

移築に際には博物館明治村の指導を受け、外観はそのままながら、内部は大幅に変更され、シーフードレストランやアンテナショップ、ヨットのクラブハウス・アメリカズカップの展示室が設けられているそうです。
今回、中をじっくり見てくる暇がなかったので、後日、食事のついでに寄ってみようと思っております。

b0134829_17151855.jpg

この海賓館マリンセンターハウスを後ろにして東に海岸通りを進んでいくと・・・・

b0134829_17154111.jpg

はい、蒲郡名物の竹島が見えて来ます。^^
この竹島、周囲約680mの小さな島で、対岸とは約400m離れており、竹島橋によって、結ばれています。
大正~昭和初期には、その風光明媚な眺めは文人墨客に大いに愛されたんだとか。

b0134829_17155681.jpg

さて、視線を竹島から蒲郡市街の方に向けると・・・子供が何かを見つめております。

b0134829_171696.jpg

はい、こちらも和洋折衷の西洋風近代建築、海辺の文学記念館です。
館の建物は、蒲郡市街地の中央本町に1910年(明治43年)に建築された木造平屋建ての岡本医院診療所のものだそうです。
建て直しのために取り壊されることにななりましたが、それを蒲郡市が譲り受け、再現保全した建築物として1997年に建てられました。
中もなかなか魅力的なようですが、残念ながらこの日は定休日・・・うう、事前調査が甘い・・・ここもまた将来、訪問しなおす予定です。^^;

b0134829_17163394.jpg

竹島へ向かう橋の途中から見た対岸の風景です・・・右下に見えるのが、海辺の文学記念館です。
丘の上に建っている和洋折衷の建築は、蒲郡クラシックホテル・・・かつては、蒲郡プリンスホテルでしたが、2011年に経営が変わりました。

このホテルは経済産業省が認定する近代化産業遺産の一つで、1934年に蒲郡ホテルとして建てられました。
当時の国際観光局が国際観光ホテル建設計画を発表した際に、全国から名乗りをあげた40の候補地の中から、横浜、雲仙、大津とともに選ばれた由緒ある観光ホテルなんであります。
ここはじっくりと撮影してきましたので、後日ご紹介したいと思います♪

それにしても蒲郡、古くから観光で栄えた街だけあって、意外に近代建築がたくさんあるんですね・・・調べてみて、ちょっと感動しました。

愛知県蒲郡市にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II)
[PR]
by blackfacesheep | 2014-07-03 06:00 | Old Buildings
<< 2014年7月4日 海辺の蒸気機関車 2014年7月2日 玄米と小麦... >>