Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2014年7月22日 現代をしたがえる古代
b0134829_2094992.jpg

さてはて、この茅葺の小屋は・・・
昔、日本の歴史を勉強した時に見たことがあるんじゃないでしょうか・・・はい、いわゆる「竪穴式住居」って奴です♪
この住居、豊田市を南北に貫く矢作川の東側の丘の上にある曽根遺跡公園に復元されていたものです。

b0134829_2010425.jpg

入口から中を覗いてみると・・・おお、意外に広いんであります♪
今から4500年前の住居だそうで、柱はクリやカシ、屋根はススキで葺いてあるそうです。

b0134829_2010256.jpg

さて、この竪穴式住居の向こう側に見える建物は・・・

b0134829_20103997.jpg

はい、豊田スタジアムなんであります♪

b0134829_2010582.jpg

手前の穴ぼこは、竪穴式住居の柱が建っていた跡なんだとか。
黒川紀章氏の傑作モダンデザインのトヨスタ、縄文遺跡越しに見ると、一段とモダンに見えますねえ♪

b0134829_20111236.jpg

なお、この穴ぼこ、見つかったときのまま、樹脂で固めてあるんだそうです。

b0134829_20113856.jpg

こちらは円墳と呼ばれる古墳です・・・豊田市内の志賀町にあった香久礼1号墳をこの場所に移築したんだそうです。
7世紀末から8世紀にかけて作られたものだそうで、古墳としては末期のものなんだとか。

b0134829_20124216.jpg

豊田市の現代と古代です・・・なんちて。^^;
このアングル、なかなか面白い風景になるんであります~♪
日当たりがよく、眺めの良い小高い河岸段丘の上にあるので、きっと古代人にも住みやすい場所だったんでしょうね。
しかし、豊田市にこんな遺跡があったとは・・・長い間この地域に住んでましたがちっとも知りませんでした・・・灯台下暗しですねえ♪

愛知県豊田市森町3丁目地内 曽根遺跡公園にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II)
[PR]
by blackfacesheep | 2014-07-22 06:00 | Japanese Landscapes
<< 2014年7月23日 冷し中華... 2014年7月21日 廃校慕情... >>