Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2014年8月6日 焼灼された夏
b0134829_2362160.jpg





b0134829_2364232.jpg





b0134829_237595.jpg





b0134829_237284.jpg


週末からはっきりしないお天気が続いていましたが、昨日は久しぶりにお日様が顔を覗かせ、夏らしいお天気になりました。
やれ、うれしや・・・とばかりに、カメラ片手に近所を散歩してきました・・・こういう散歩写真には、昔から50mmレンズが一番相性が良いようです。

今、私の銀塩フィルム写真ブログでは「暑い静寂」と「焼灼領域」と言う二つのシリーズを続けています。
どちらも真夏のシリーズなので、朦朧とした暑さを表現するためにソフトフォーカスっぽいポストプロセスを施すことが多いです。
Adobe Lightroomの明瞭度スライダーをぐっと左に寄せると、紗のかかったようなソフトな描写になるんですね。
昨日のご近所お散歩写真も、その流れを汲んで「焼灼された夏」というタイトルにしました。

今日は8月6日・・・日本人にとっては決して忘れられない日です・・・今から69年前の1945年、広島に原爆を落とされた日です。
広島・長崎への原爆投下は、ホロコーストと言わずして、何と言うのでしょう。
被害者の人数さえいまだに特定できない南京事件と異なり、動かぬ証拠のある30万人以上の一般市民の大虐殺です。
私は日頃からアメリカ人と仕事をしていて、彼らのパーソナリティは大好きですが、アメリカ合衆国と言う国家になると話は別です。
大国と言うのは、アメリカにせよソ連にせよ中国にせよ、どれもこれもある意味、最強・最凶の暴力装置です。

サンフランシスコ講和条約を締結した以上、近隣某国のように過去を蒸し返して「謝罪せよ・賠償せよ」と声高に言うつもりはありません。
でも、アメリカに「慰安婦問題は非人道的だ」などと言われる筋合いはない、と思います。
ビジネスとして対価を受け取った売春婦を、非人道的に扱われた性奴隷として認識させようとする・・・近隣某国の悪意に満ちたデマゴーグです。
アメリカ合衆国に聞きたくなります・・・おまえさんはそんなねつ造にひっかかるほどナイーブなのか、じゃあ広島と長崎で一般市民に対して行った虐殺は何なのだ、あれは人道的だったのかと。
いずれにせよ今日は広島の原爆の日・・・犠牲者の方々への鎮魂の祈りを捧げたいと思います。

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Nikon D610
Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-08-06 06:00 | Seasonal Images
<< 2014年8月7日 盛夏の青い... 2014年8月5日 多角形に切... >>