Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2014年8月13日 大正昭和の文士が愛した海辺
b0134829_1814988.jpg





b0134829_18331626.jpg





b0134829_18343434.jpg





b0134829_18345621.jpg

先日、蒲郡のオンディーナさんでランチを食べて来た際に、近くの「海辺の文学記念館」にも寄ってきました。
ここ、先月初旬に訪問した際には定休日で中に入れなかったので、今回は内部の写真も撮ってきました。

この建物は、蒲郡市街地にあった木造平屋建ての岡本医院診療所を移築したものだそうです。
建て直しのために取り壊されることにななりましたが、それを蒲郡市が譲り受け、再現保全した建築物として1997年に建てられました。

この場所にはかつて、多くの作家や文化人に愛された旅館、「常磐館」が建っていました。
菊池寛を始め、志賀直哉、谷崎潤一郎、山本有三、川端康成、井上靖、三島由紀夫などに代表される大正・昭和初期を中心とした多くの作家や文化人が滞在し、蒲郡にまつわる作品やエピソードを残したんだそうです。
この「海辺の文学記念館」には、かつての常磐館や蒲郡ホテル由来の年季の入った展示物がたくさんあり、フォトジェニックでした。

b0134829_18351711.jpg


愛知県蒲郡市竹島町15番地62 海辺の文学記念館にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II)



人気ブログランキングへ




こちらは、「海辺の文学記念館」に展示されていた、在りし日の常盤館の姿です。
蒲郡ホテルの姿は今とまったく同じですが、その手前にある常盤館は撤去され、その代わりにこの記念館が移築された、と言うことですね。

b0134829_18372572.jpg

[PR]
by blackfacesheep | 2014-08-13 06:00 | Still Life
<< 2014年8月14日 Shop... 2014年8月12日 松竹梅で... >>