Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2014年9月16日 たそがれに還る
b0134829_1571958.jpg





b0134829_1573559.jpg





b0134829_15121399.jpg





b0134829_1575349.jpg





b0134829_15133772.jpg


愛知牧場のコスモスがどうなっているか、様子を確認にいってきました。
白やピンクのコスモスはまだ全然でしたが、キバナコスモスは盛りに近づきつつあるようでした。
100円払って、「キバナコスモスの迷路」に入って撮影してきました・・・昔は無料だったと思うんですが、経営的にアイボクも大変なんでしょうね。

さて、タイトルの「たそがれに還る」・・・わかる人にはわかると思いますが、日本のSF作家、光瀬龍さんの作品のリーパクです。^^;
光瀬さんはいわゆるハードSFに位置する作家だと思いますが、東洋的無常観に貫かれたアンチヒーロー作品が多く、大好きでした。

ユイ・アフテングリと言う架空の歴史家が書いた「星間文明史」の一部を構成する作品は、どれも渋いですねえ。
何しろ、どれもタイトルがめっちゃかっこいいんですよ・・・例えば、「残照1977年」 「墓碑銘2007年」 「氷霧2015年」 「幹線水路2061年」 「標位星2197年」「流砂2210年」「シンシア遊水地2450年」などなど・・・
タイトルを見ているだけで萌えますわ~。^^;

キバナコスモスと言う名称から宇宙を連想し、さらに黄昏だったので光瀬龍さんを連想し、それでこんなタイトルになってしまいました。^^;

なお、撮影は古臭い2本の2.8Dレンズに頑張ってもらいました。^^
超広角20mmとマイクロ105mm、どちらもフィルム時代の古いレンズで、AFカプラー駆動用モーター内蔵のカメラでないと使えません。
でも画質そのものは、デジタル時代の今でも、私レベルのフォトグラファーなら文句のつけようのない画質ですね。^^

愛知県日進市 愛知牧場にて
Nikon D610
Nikon Ai AF Nikkor 20mm f/2.8D (1,4枚目)
Micro-Nikkor 105mm f/2.8D (2,3,5枚目)



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-09-16 05:00 | Flowers & Plants
<< 2014年9月17日 City... 2014年9月15日 秋の陽に... >>