Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2014年9月18日 秋晴の荒子観音
b0134829_8384541.jpg





b0134829_839355.jpg





b0134829_8393466.jpg





b0134829_839552.jpg





b0134829_8401450.jpg





b0134829_8413797.jpg





b0134829_9103595.jpg





b0134829_982230.jpg





b0134829_8423616.jpg


先日の笠寺観音に引き続き、尾張四観音のひとつ、荒子観音に行ってきました。

この荒子観音、寺伝によれば天平元年(729年)に草創された古いお寺なんであります。
なかでも、天文5年(1536年)に再建された多宝塔(2枚目・3枚目)は、名古屋市内に現存する最古の建物で国の重要文化財となっています。

また、このお寺は前田利家の菩提寺としても有名です。
枯葉荒子の土豪の家に生まれ、北陸に所領を与えられるまで寺の近くに荒子城を構えていたんだそうです。

また、荒子観音と言えば円空仏でも有名で、延宝・貞享年間に円空が当寺を数回訪れて残していった多種多様な円空仏は1255体・・・
日本全国で現存が確認されている円空仏のうち、実に4分の1以上が、この荒子観音にあることになるんだとか。
毎月第2土曜日の午後には、荒子観音が所蔵している円空物が公開されており、境内で円空仏を彫る体験教室も開催されています。
私もその日を狙って円空仏を見て来ました。
残念ながら撮影は不可でしたが、エネルギーに満ちた仏像は、見ごたえたっぷりでした。

お天気の良い灯だったので、真っ青な空が印象的でした。
Nikonのデフォルトの色はちょっと渋すぎるので、Adobe Lightroomに頑張ってもらって、私の好きなPentax Blueに染め上げました。
と言っても、艶とコクのあるPentax風味を完璧にコピーするのは難しいので、空の色に若干マゼンタを入れてみただけなんですけどね。^^;

尾張四観音、これで2つ撮影完了です・・・あとは甚目寺観音、龍泉寺観音ですが、次はどちらに行こうかな。^^

名古屋市中川区荒子町字宮窓138 荒子観音にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II)



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-09-18 05:00 | Japanese Landscapes
<< 2014年9月19日 謎のスタ... 2014年9月17日 City... >>