Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2014年10月5日 宿場町のアートな廃校にて
b0134829_2317452.jpg




b0134829_23172953.jpg




b0134829_2318848.jpg




b0134829_23184022.jpg




b0134829_23191048.jpg




b0134829_2353130.jpg




b0134829_2321011.jpg




b0134829_23211928.jpg




b0134829_23213789.jpg




b0134829_2322453.jpg




b0134829_2323039.jpg




b0134829_23232893.jpg




b0134829_23241336.jpg




b0134829_23245265.jpg




b0134829_0274076.jpg




b0134829_23255147.jpg




b0134829_23261118.jpg


ここは岐阜県の東濃地方、瑞浪市大湫町の山里・・・かつての中山道大湫宿です。
その古い宿場町にひっそりと佇む木造の廃校、「旧・大湫小学校」に行ってきました・・・と言っても、今回は「廃校慕情」シリーズではありません。
「おおくて廃校プロジェクト“20のてのひら”」と言うアートなスペシャルイベントを見に行って来たんですね♪

様々なジャンルの若手作家が自分達の手で自分達の発表の場を作り上げるイベントで、20人の作家さんが参加しています。
窯業で栄えた土地柄なので、陶芸作品が多いです・・・どの作品も癒しに満ちた暖かな風合いの作品ばかりでした。

アートな癒しの雰囲気は視覚だけではありません・・・聴覚も癒されてきました♪
マンドリンのアンサンブル、「⑧strings(エイトストリングス)」さんによるミニ・コンサートもあったんですね。
あのノスタルジックな音色・・・癒されましたねえ・・・素敵な演奏をどうもありがとうございました。^^

私、昔から弦楽器のトレモロの音に弱いんですよ・・・マンドリンはもちろん、ブラジル音楽で使われるバンドリンも大好物なんであります♪
ショーロの作曲者・演奏者にJacob do Bandolimと言うバンドリンの名手がいますが、彼の"Vibrações""Nostalgia"、たまらんです。
ZIMBO TRIOと一緒にやったボサノバの名曲"CHEGA DE SAUDADE"も良いですが、ジャコーはやはりショーロが一番です。^^v

また、味覚を刺激する出展もありましたね・・・食材にこだわった手作りごはん、パン、スイーツも揃っていました。

本日の10月5日(日曜日)も開催しております。
お天気はあまり良くないようですが、ぜひご興味がおありの方は、お出かけになってみてください。
視角と聴覚に訴えるアート、癒されますよ~♪

旧・大湫小学校と中山道・大湫宿、気に入りました・・・もう少し秋が深まったら、「廃校慕情」シリーズをリテイクに行って来ようっと。^^

岐阜県瑞浪市大湫町415-3 旧・大湫小学校にて
Nikon D610
Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-10-05 05:00 | Arts
<< 2014年10月6日 色づく街... 2014年10月4日 山の中の... >>