Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2014年11月20日 甘く危険なボケ
b0134829_1114594.jpg





b0134829_1134812.jpg





b0134829_1142211.jpg





b0134829_115385.jpg





b0134829_11171351.jpg





b0134829_2152778.jpg





b0134829_213733.jpg





b0134829_116984.jpg





b0134829_1163050.jpg


先週末の「写真集団・錆銀」の犬山合宿、二日目は被写体がいっぱいある野外民族博物館 リトルワールドにでかけました。
ここで、錆銀メンバーのffanさんに、秘密兵器をお借りしました・・・Nikon Fマウントの単焦点レンズ、Ai Nikkor 50mm f/1.2です。

このレンズ、ニコンのレンズの中で一番明るいレンズですが、使ってみてその絞開放での豪快なボケにのけ反りました♪
その被写界深度の浅さと周辺減光の大きさ、まるで、ばけぺんの標準レンズ105mm/F2.4で撮っているような感じなのですね。
ばけぺんの105mm/F2.4の有効径は43.8もありますが、この50mm/F1.2の有効径だって41.7と、ほぼ肉薄しているんであります。^^v
私が所有しているAF-S Nikkor 50mm/F1.4Gの有効径は35.7・・・かなり差があります・・・たった半段ですが、まるで違う描写です♪

ううむ、このレンズはイケナイ・・・そしてアブナイ・・・"あまく危険な香り"と言えば山下達郎の名曲ですが、こいつは"甘く危険なボケ"です。
コイツを装着してファインダーを覗くと、高確率で「ボケふぇちウィルス」に罹患します♪
ばけぺんフェチのみなさん、いかがですか、135判フルフレーム機でも「ばけぺん」のあのボケが楽しめるんですぜ、うひひひ。^^;

ffanさん、しばらくお借りいたします~、しゃぶりつくしてみたいと思います~♪
で、AF-S 50mm/F1.4Gをドナドナして、いまだに新品で買える後継レンズのAi Nikkor 50mm f/1.2Sを買うかもしれません♪

愛知県犬山市大字今井字成沢90−48 野外民族博物館 リトルワールドにて
Nikon D610
Ai Nikkor 50mm f/1.2S



人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2014-11-20 05:00 | Japanese Landscapes
<< 2014年11月21日 紅葉を... 2014年11月19日 やはり... >>