Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2015年2月28日 忘却の彼方から
b0134829_201697.jpg




b0134829_2031226.jpg




b0134829_2034798.jpg




b0134829_2041399.jpg




b0134829_2045982.jpg




b0134829_2064911.jpg




b0134829_207913.jpg




b0134829_2073585.jpg




b0134829_2075662.jpg

我家からすぐ近くにある特別養護老人ホーム、安立荘(あんりゅうそう)さんに行って来ました。
ここは「回想法」と呼ばれる心理療法を用い、認知症の予防に役立てているんだそうです。
回想法とは、米国の精神科医ロバート・バトラーが1963年に提唱した療法で、高齢者の五感に訴える雰囲気の中で回想に浸ることで、精神を安定させることができるんだとか。

なるほど・・・それで、こういう懐かしいしつらえになっているんですね。
手動の縄結い機、かき氷機やコーラ瓶が置かれた駄菓子屋・煙草屋さん、富山の置き薬のパッケージ、昔の教科書、琺瑯看板、籐の乳母車、白黒写真の数々、古い農機具などなど・・・
昭和31年生まれの私にとっては、どれも懐かしい風景ばかりでした。
愛知県の高浜市にもこの安立荘はあるそうなので、またそのうち出かけてみようと思っております♪

b0134829_2213792.jpgところで・・・
Ai Nikkor 50mm f/1.8Sを手に入れました。
私のNikon F3、普段はレンズを装着していないので、なんとなく寂しそうに見えたからですね。^^;

また、このNikon F3の主な任務は、空シャッターを切って遊ぶ愛玩用ですから、いつもレンズが付いていないと具合が悪いってのもあります。^^;

そのため、レンズキャップ代わりとして、某オークションで入手・・・「難あり・・・カビ生えてます」となっていたので格安でした。

レンズが届いたのでチェックしてみましたが、確かにレンズ前玉周辺部に少しカビが生えてます。
でも、試写してみても、カビの影響は全く感じられないです・・・十分使い物になりますねえ♪

このレンズ、いわゆるパンケーキレンズです。
重量はたった175gしかないとっても小さなレンズですが、描写は侮れません。
Ai Nikkor 55mm f/1.2の非現実感漂うドリーミーな絞開放の描写に比べると、この50mm f/1.8の描写は、絞開放から極めて堅実・実直です。

このレンズ、日本国内向けと輸出向けの2種類がありますが、私が手に入れたのは日本国内向けです。

輸出向けは最短撮影距離が0.6mと長く、仕上げもプラスチックが使われていて安っぽいです。

日本国内向けは最短撮影距離が0.45mと若干短く、他のAi Nikkor同様の金属鏡胴のしっかりとした仕上げになっております。

重厚長大なAi Nikkor 55mm f/1.2とはまるで違う性格の標準レンズなので、使い分けが楽しみです♪

愛知県みよし市打越町山ノ神60番地 特別養護老人ホーム安立荘にて
Nikon D610
Ai Nikkor 50mm f/1.8S
Olympus Pen Lite E-PL6 & M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 (10枚目のみ)


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-02-28 05:00 | Still Life
<< 2015年3月1日 春まだきの牧場 2015年2月27日 Soft... >>