Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2015年3月13日 21世紀に残す葵桜
b0134829_18504846.jpg




b0134829_1854106.jpg




b0134829_1945671.jpg




b0134829_1935457.jpg




b0134829_195191.jpg

昨日の午後、岡崎の「葵桜」を見に行って来ました。
葵桜とは、名鉄・東岡崎駅の東にある竜美丘会館の裏側から乙川沿いに東に延びる800メートルの河津桜の並木道です。

河津桜は、色の濃い寒緋桜と白い大島桜の交配種で、一般的なソメイヨシノより2~3週間早く開花します。
色もソメイヨシノ系の淡いピンクではなくより「濃いピンク」、いかにも冬が終わって春がやってくるのを実感するような鮮やかさです。

この「葵桜」ができたのはまだ最近のことだそうです。
2001年1月1日、21世紀の幕開けを記念して岡崎市民の有志の方々86名が1人1本ずつ、2万円を出資して植えたのが始まりだったんだとか。

この葵桜、今回初めて見ましたが、いや~、見事なものでした。
まだ5分~7分咲きで、お天気も曇りがちで肌寒いお天気ではありましたが、それでも春爛漫な雰囲気を味わってきました。
「21世紀に残したいもの 人の笑顔と花の咲くふるさと」という葵桜の会の方々の言葉が印象的でしたね~♪
2009年には桜の下に彼岸花も植えられたそうなので、9月末にもまた訪問するつりもです。

愛知県岡崎市東明大寺町にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm/F1.2


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-03-13 05:00 | Seasonal Images
<< 2015年3月14日 ぬくもり... 2015年3月12日 ドラキュ... >>