Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2015年4月8日 桜吹雪の寺院にて
b0134829_19342624.jpg




b0134829_1934544.jpg




b0134829_1935195.jpg




b0134829_19354636.jpg




b0134829_19363826.jpg

桜が日本人に愛され続けている理由の一つは、その散り際の潔さなんだとか・・・
白い山茶花やハクモクレンなど、白い花は開花後、茶色く汚れてしまいがちですが、桜はそうなる前に逝ってしまいます。
まだ綺麗なうちに・・・老残をさらす前に・・・
こういう滅びの美学があるからこそ、「もののあはれ」を愛するに日本人のDNAに響いてくるのかもしれません。
はかなくはありますが、それゆえにいとおしい桜・・・今年も素敵な眺めをありがとう~♪

白さの中にほんのりと紅を覗かせる桜の妖しさを表現したくて、Adobe Lightroomで加工してみました。
華やかさを抑えるためにローキーでコントラスト低め、明瞭度低め、彩度もマゼンタ以外は全部スライダー左寄せのマイナス100%・・・
つまりマゼンタだけが色抽出されたモノトーンなんであります。

名古屋市千種区法王町1丁目1 覚王山日泰寺にて
Nikon D610
TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 (Model A001)


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-04-08 05:00 | Seasonal Images
<< 2015年4月9日 胸いっぱいの愛を 2015年4月7日 赤煉瓦と赤... >>