Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2015年5月8日 カロライナジャスミンの花咲くとき
b0134829_15271312.jpg

うちの近くの住宅街で咲くカロライナ・ジャスミンです。
この花、ジャスミンと言う名前になってますが、ジャスミンとは縁もゆかりもない花なんだそうですね。
それどころかこのカロライナ・ジャスミンは毒があるそうです。
全草に含まれる成分には強い痙攣や呼吸困難などの中毒を引き起こし、摂取量によっては死に至ることもあるんだとか。^^;

b0134829_1532568.jpg

でも結構この花は、道路の街路樹や公園や遊歩道などでも見かけます・・・そんな毒性のある花を植えて大丈夫なんでしょうか・・・
あはは、大丈夫なんだそうです。^^
一般的な栽培で、根に触れたり、剪定を行うなどによって中毒を起こすことはないそうです・・・ああ、良かった♪

b0134829_1532205.jpg

なお、タイトルは1968年のサンレモ音楽祭でアンナ・イデンティチが歌い入賞しヒットさせた歌、「愛の花咲くとき」からのリーパクです。
オリジナルタイトルは、"QUANDO M'INNAMORO"、エキサイトの伊英翻訳サイトによれば"WHEN I FALL IN LOVE(恋に落ちたとき)"です。
私は子供のころに聞いたジリオラ・チンクエッティが日本語で歌っていたバージョンが耳に残っています。
まあ、タイトルの通り、希望に満ちた明るい恋の歌なんでありました。

ところが先日インターネットラジオで、Engelbert Humperdinckがこの歌を英語バージョンで歌っているのを聴きました。
で・・・耳を疑いました。
うう、これは私の知っている「愛の花咲くとき」じゃない・・・彼女にふられた情けない男の歌になっとる・・・。^^;
早速ネットで歌詞を詳細にチェックしてみました・・・やはり大失恋ソングに変えられてました。

エンゲルベルト・フンパーディンクと言えば、トム・ジョーンズと並ぶ英国のポップ・シンガーでした・・・女性ファンの多いことで有名でした。
女性ファンからの同情を期待して歌詞を変えてしまったんでしょうか、ねえ。^^;

メロディは同じでも歌詞はまるで違う・・・ジャスミンとカロライナジャスミンみたいな関係のものなんでありました。^^;

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm f/1.2


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-05-08 05:00 | Flowers & Plants
<< 2015年5月9日 とっても南... 2015年5月7日 二度と動か... >>