Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2015年7月25日 赤錆残しなキャリイバン
b0134829_20245166.jpg




b0134829_2025103.jpg




b0134829_20254037.jpg




b0134829_20482551.jpg




b0134829_2026409.jpg

先日、岡崎のユニチカ工場を撮りに行った際に見つけた軽ワンボックスカーです。
"CARRY"と言う文字が読めるので、スズキ・キャリイバンのようです・・・1970年代の後半製のモデルでしょうか。

それにしても、実に味わい深い錆びっぷりなんでありました。^^
かように正々堂々とした赤錆物件ですから、ユニチカ工場の写真を仕上げるときに使ったポストプロセスを使うことにしました。
「写真集団・錆銀」の盟友、gucciさんが編み出した「秘儀・赤錆抽出白黒写真」ですね。

Adobe Lightroomにて、彩度スライダーを全部下げてしまい無彩色のモノトーン化し、その後にオレンジ色スライダーだけ上げます。
明瞭度は目いっぱい上げて、コントラストはやや抑え気味にすると、こんな感じになりますね。^^;

「秘儀・赤錆抽出白黒写真」、色を失くした白黒写真にしたいけどちょっと淋しい・・・赤錆色は欲しい・・・
そんなときに使いやすいポストプロセスなんであります。
ただし、ちょっと名前が長いかな・・・

そんなわけで、「赤錆残し(あかさびのこし)」と呼ぶことにしました♪
あ、「銀残し(ぎんのこし)」じゃありませんからね。^^;

愛知県岡崎市にて
Nikon D610
Tamron SP AF 70-200mm F2.8 (Model A001)


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-07-25 05:00 | Rusty Scene
<< 2015年7月26日 真夏の紅... 2015年7月24日 懐かしき... >>