Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2015年8月14日 名古屋の夏には「あんかけスパ」
b0134829_10561056.jpg

先日、名古屋駅に撮影に出かけた時のことです・・・
炎天下の下で広小路通りのシュールな彫刻群を撮影していたら、あっという間にお昼を過ぎてしまいました。
この季節の戸外での撮影って、消耗するんですよね~、猛烈な空腹感に襲われました。
こういうとき、名古屋のおっさんは「あんかけスパゲティ」が食べたくなるんであります。^^;

「あんかけスパゲティ」とは名古屋発祥の麺類で、「スパゲティ」を自称してはいますが、イタリア人が食べたら激怒するようなオリジナリティに溢れています。^^;
ラードで炒めた太目の麺は、表面が硬くて中が柔らか・・・アルデンテとは正反対のテイストです。
その麺の上に、肉や野菜を煮込んでコショウの辛味を効かせたトマトベースのコロイド状のどろりとしたソースをかけ、各種のトッピングを載せて食べます。

このあんかけスパ、きわめて麻薬性が強く、しばらく食べていないと強烈な禁断症状に襲われることもある面妖な食品であります。
この看板は、「あんかけスパ」の名店の一つ、「チャオ」さんのもの・・・これを見たとたん、無性に食べたくなってしまい、条件反射的に入店してしまいました♪

b0134829_10564654.jpg

名古屋であんかけスパゲティと言うと、「スパゲッティハウス ヨコイ」か、「そーれ」が名古屋原住民に愛される二大巨頭と言うのが定説になっております。
この「スパゲティハウス・チャオ」は、それらに次ぐナンバースリーと言われておりますね。
チャオさんは二大巨頭のとっても名古屋なインテリアに比べると、ちょっとオサレ度が高く、普通のレストランっぽくなっております。

b0134829_12373019.jpg

でも、出てくるのは、典型的な名古屋風あんかけスパゲティなんであります♪
この時は、ミラネーゼをチョイスしました。
ミラネーゼと言ってもイタリアのミラノとはま~ったく関係なく、名古屋あんかけスパ業界では、赤ウィンナーと赤プレスハムのトッピングをこう呼びます。

b0134829_10572192.jpg

ウィークデーのお昼時はかなりごった返しますが、さすがに週末の午後1時過ぎは空いていました。
久しぶりのあんかけスパ、どえらげにゃあ、うめぇあでかんわ~(標準語訳:とてもおいしいです)♪

b0134829_10575786.jpg

最近の名古屋のあんかけスパ屋さん、オリジナルソースをレトルトパウチで販売するようになりましたね。
このチャオさんも例外ではなく、こんなお持ち帰り用のソースを販売しておりました。

b0134829_10581237.jpg

こちらがこのチャオさんの第5堀内ビル店の正面玄関です。
桜通りからちょっと南に入ったところのビルの1階にあり、名古屋駅からも歩ける距離なんであります。
「ヨコイ」や「そーれ」は栄にあるので、名古屋駅からだとちょっと出かけるのが億劫・・・でも、チャオさんのここは名古屋駅に近くて便利です♪

b0134829_10583480.jpg

名古屋駅前の摩天楼の一つ、ミッドランドスクエアのちょうど裏に所在しております。
ぜひ名古屋に出張や旅行で来た際には、お寄りになって名古屋の珍味、あんかけスパをご賞味ください♪

名古屋市中村区名駅4-5-19 第5堀内ビル スパゲティハウス チャオ 第5堀内ビル店にて
Nikon D610
Ai Nikkor 35mm F1.4S


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-08-14 05:00 | Foods & Dining
<< 2015年8月15日 虚実の夏陽 2015年8月13日 孤独な廃工場 >>