Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2015年8月15日 虚実の夏陽
b0134829_832790.jpg




b0134829_8324694.jpg

真夏の太陽の日差しは強烈です。
都会の摩天楼の窓に反射する太陽でさえ、本物の太陽と見まごうような強烈な光条をまき散らしておりました。

さて、英語で「反射」は"reflection"...この単語はいろいろな意味で使われていますね。
反射や反映のみならず、投影、影響熟考、内省、黙想、反省、回想・・・含蓄の多い単語なんであります。

今日は70年目の終戦の日です。
"REFLECT"しなければならないことはたくさんあります。

なぜあの戦争を始めざるを得なかったのか、なぜ早く終わらせることができなかったのか・・・
この70年間、日本人は何をやってきたのか、そしてこれから先、何をやっていかなければならないのか・・・
何が「虚構」で、何が「真実」なのか・・・
国民一人一人がよく考える必要があると思います。
その意味で、昨日の安倍首相の戦後70年談話はとても参考になりました。

ところでこのTamron A09IIと言うレンズ、F32まで絞ると、ご機嫌な光条がでます。
F5.6ぐらいまでの浅い絞りではほぼ円形絞りなので、ポートレートなどにも使えるやわらかいボケなんですが、絞るにつれて直線絞りになるようです。
Ai Nikkor系、例えば24mm f/2.0S35mm f/1.4S, 55mm f/1.2などに比べるとマイルドですが、光条撮りレンズとして使えます。
絞羽根は7枚、奇数枚数なので、7x2=14本の光条が出ますね。
広角端28mmは、やや狭い感じがしなくもないですが、撮影方法で広角感は出せるし、歪曲が少ないので建築物を撮るときも安心なんであります♪

名古屋市 中村区名駅4-7-1 ミッドランドスクエアにて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F2.8 (Model A09II)


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-08-15 05:00 | Lights & Shadows
<< 2015年8月16日 涼しい泉 2015年8月14日 名古屋の... >>