Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2015年10月2日 哀愁の影の季節
b0134829_13779.jpg




b0134829_1371934.jpg




b0134829_1373411.jpg




b0134829_138188.jpg




b0134829_1382054.jpg

秋ならでは澄み切った青空・・・気持ちの良い季節になってきましたね。
日差しも、夏の容赦ない日差しに比べると、ずいぶんと柔らかくなってきました・・・それに伴い、影もより哀愁を帯びてきたような気がします。
こういう季節になると、ついつい光と影を撮ってしまうんであります♪



b0134829_1311590.jpgさて・・・銀塩フィルム二眼レフ用の露出計、変更のお知らせです。

露出計のついていない往年の二眼レフのお供には、Ricoh GX200を長い間使っていました。

しかし、故障のため昨年の11月にFUJIFILM XQ1に入れ替えました。

このXQ1、露出計以外にもカメラとして(^^;)も使いましたが、ベルビア発色するし、ボケコントロールも良く効いて、楽しいコンデジでした。

でもやはり・・・どうもカメラとしては物足りない・・・あまり使ってもらえないXQ1も寂しそうでした。

「もっと使ってくれる人のところに行きたい?」とXQ1にきいてみたら、「うん・・・」と涙ぐみながら答えました。(って、大ウソ。^^;)

なので、XQ1および使っていない機材を某オークションサイトで断捨離し、その資金でこちらのパナソニック製のカメラ、LUMIX DMC-GM5を手に入れました。

このGM5、マイクロフォーサーズの中で最軽量・最コンパクトなカメラです。
コンデジサイズなので、装着したLumix G 20mm F1.7がとっても大きく見えます・・・さらに、このサイズなのにEVF内蔵です♪

上の写真は、このGM5と20mm F1.7のLUMIXコンビで撮りました。

同じマイクロフォーサーズでも、Olympus Pen Lite E-PL6とはかなり違った印象で、オリンパスの発色に比べると、パナソニックの発色は、やや落ち着いた発色のような気がします。

詳しいレポートは、また後日、改めて♪


b0134829_13114287.jpg

銀塩フィルムカメラのRollei 35と並べてみました・・・ほぼ同じ大きさです・・・ただし、Rollei 35はこの大きさで35㎜フルフレーム機ですけどね。^^;
Rollei 35のレンズは、Tessar 40mm F3.5です・・・と言うことは・・・
おお、このLumix 20mm F1.7を35㎜判換算したものとほぼ同じなんであります。
Rollei 35を使うようになってから、そのサイズの取り回しの良さに感動し、ひそかにこのGM5を狙っていたのでありました♪

愛知県豊田市にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm F1.7 ASPH


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-10-02 05:00 | Lights & Shadows
<< 2015年10月3日 The ... 2015年10月1日 広小路に... >>