Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2015年10月12日 女性ボーカリストの集うJazz Street
b0134829_21594352.jpg

名古屋の北東部に大曽根(おおぞね)と言う街があります。
JR大曽根駅の西側には歩道エリアの広いストリートがあって、ここは年に一回、とってもJazzyな雰囲気に包まれます♪

b0134829_2202475.jpg

この通りにはオズの魔法使いをモチーフとした彫刻が飾られています・・・大曽根は"OZone"だからなんですね。^^

b0134829_2205330.jpg

さて、今日もJAZZネタなんであります。
昨日の10/11の日曜日、この大曽根で"NAGOYA JAZZ STREET 2015 in 大曽根"と言う路上コンサートがあったんであります。^^
JAZZと言っても、先日の山下洋輔さんのようなフリーJAZZではなく、もっと聴きやすい女性ボーカルが主体だったんであります♪
どのボーカリストさんも素敵なJAZZを聞かせてくれました♪

b0134829_221116.jpg

手前の椅子の上に置かれているのが「投げ銭」ボックスです。

b0134829_2215280.jpg

商店街の歩道がコンサート会場になるという、ユニークな試みでした。

b0134829_2221696.jpg

4ビートのJAZZだけでなく、ボサノバなどを歌う方も多かったですね~♪

b0134829_2225145.jpg

ドラムレスのグループも多かったです・・・やはり商店街なので、音量の問題があるのでしょうか。
さてここまでの5つのバンド、いずれにも私が大学時代に所属していたJAZZバンド"Nanzan Art Quartet"の先輩・後輩がサイドメンで入っていました。
また、路上の聴衆にもNAQのメンバーがおり、突然の同窓会のようで懐かしかったです・・・まあ、地元ですからあり得る話ですね。^^

b0134829_224589.jpg

ここは「ドロシーの泉」と呼ばれるメインステージで、ここにはドラムセットがありました。

b0134829_2232416.jpg

インストバンドを減らし、ドラムレスで音量の小さなボーカルを中心にしたことには理由があるのかもしれません・・・
バンド同士の距離がそれほど離れていなくても、音が被らないというメリットがあるんじゃないでしょうか。^^

b0134829_2244083.jpg

本日のメインゲスト、Charitoさんであります・・・ここのピアニストもNAQの後輩のG君でした。

b0134829_2253511.jpg

女性ボーカルが卓越するこの日のバンドでしたが、こういうSAXだけのグループもありました。
手前からテナー、ソプラノ、アルト、バリトンとそろい踏みなんであります♪

b0134829_2255194.jpg

こちらはJAZZではなく、ブラジル音楽でしたね。
ヴィオロン、パンデイロ、タンボリン、スルド・・・懐かし~、昔サンバのバンドもやってましたから♪

b0134829_2264080.jpg

飲みながら食べながらJAZZを楽しんでいる人もたくさんいました。
朝方は雨もぱらつくあいにくのお天気で、どうなるか心配してましたが、かろうじて雨は落ちてこず良かったです。
また個人的には、このぐらい薄暗い曇天の方が、Ai Nikkor 85mm F1.4を絞り開放で使えるので、ありがたかったです。^^;

b0134829_2305990.jpg

しかし・・・この内容のJAZZが投げ銭だけで聴けるというのは、めちゃくちゃにお値打ちですね。
しかも、各バンドの演奏場所が基本的に一本の通り沿いに配置されており、コンパクトにまとまっているので歩いて移動しやすいです。
昨年、岡崎の"Okazaki Jazz Street 2014"を聴きに行きましたが、路上音楽祭と言っても性格がそれぞれ違うので、面白いです♪
岡崎はインストのコンボやフルバンドもあり、バラエティ豊かです・・・さて来月も岡崎に行ってみようっと♪

名古屋市北区 大曽根オズモール・オゾンアベニューにて
Nikon D610
Ai Nikkor 85mm F1.4S


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-10-12 05:00 | Jazz
<< 2015年10月13日 金色に... 2015年10月11日 久しぶ... >>