Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2015年12月11日 ノエルの季節の映画館
b0134829_13333385.jpg

12月ですから、どこに行ってもクリスマスムードで溢れていますね。

b0134829_13383554.jpg

日本人はクリスマスが大好きです・・・クリスチャン人口はそんなに多くないんですけどね。
イエス・キリストもマホメットもお稲荷さんも・・・ヤオヨロズの神様の一柱として迎え入れてしまうのが日本人のメンタリティじゃないでしょうか。^^

b0134829_13334842.jpg

先週末、そんなクリスマスのムードが溢れる地元のショッピングモールに出かけてきました。

b0134829_13341173.jpg

出かけた理由はコレ・・・ショッピングモールにあるシネマコンプレックス”MOVIX三好”です。
映画『杉原千畝 スギハラチウネ』が、先週の土曜日から封切りされました。
世界史、中でも近代から現代にいたる歴史は、昔から私の大きな興味の対象だったので、楽しみにしていた映画でした。

杉原千畝氏は「東洋のシンドラー」とも呼ばれる外交官です。
彼は、第二次世界大戦中、日本領事館領事代理として赴任していたリトアニアのカウナスという都市で、ナチス・ドイツによって迫害されていた多くのユダヤ人にビザを発給し、彼らの亡命を手助けしたことで有名です。
彼については、その出身地である岐阜県の八百津町にある「人道の丘公園・杉原千畝記念館」を訪問した際のエントリに詳述してあります。



この映画には脚色はそれなりにありましたが、ほぼ史実に忠実のようでした。
国の指示に従うか、人の道に従うか・・・考えぬいた末に、千畝氏は外務省の意向に背き、自らの判断でビザを発行することを決断しました。
彼によって救われたユダヤ人の数は6,000人以上と言われています・・・今ではその子孫は何万人にもなり、世界中に広がっています。

千畝さんは人道主義者であっただけでなく、不世出のインテリジェンス・オフィサーでもありました。
軍部が暴走し戦争に突入していく時代に、日本の国益を心から考え、「日本は戦争を始めるべきではない」と言う信念を貫き通しました。

私は戦争には反対です・・・それゆえ安保法案には賛成です。
戦争をしないために、戦争に巻き込まれないために、国家間による抑止力としての安保同盟が必要だと思います。

第二のヒトラー・ズデーデン侵攻につながりかねないロシアや中国の覇権主義は、自由主義国家が連帯して防がなければならないと思います。
永世中立国スイスのように集団的自衛権に頼らず、徴兵制による強力な軍隊を持つことで個別的自衛権に徹する・・・日本には難しいと思います。

野党やマスコミの一部は、安保法案に対して「戦争法案」などと、短絡的な批判を強めています。
でも、世界の見方は異なり、アジアや欧米の自由主義諸国は、積極的平和主義を掲げる日本の国際貢献を好意的に評価しています。
日本を取り巻く状況は70年前とは大きく変化してきています・・・時間をかけて、議論を尽くして、改憲するべきだと思います・・・違憲はよくありません。

ちなみに千畝さんは私の卒業した高校の先輩です・・・素晴らしいOBとして尊敬してやみません。

b0134829_13344416.jpg

さてこちらは・・・昔から映画にはつきものの売り場です。
かつては「おせんにキャラメル」だったそうですが、今は「リフレッシュメンツ」なんだそうです。

b0134829_13345875.jpg

もちろん私も買いましたよ、コークとポップコーン。
ちょっと映画がシリアスだったので、場違い感バリバリでしたけどね。^^;

やはりポップコーンとコークは、娯楽映画にこそ似合います・・・例えば今月の18日に封切されるアレですね。
もうね、ハリソン・フォードの“Chewie… we’re home."「チューバッカ、うちに帰って来たぞ」ってセリフを聞くと、それだけで胸が高鳴ります。^^

私が大学生のころアレの第一作目が公開されましたが、いまだに大ファンなんであります・・・絶対に見に行くじょ♪
May the Force be with you!

愛知県みよし市三好町青木88 アイ・モール三好にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH


心象風景写真 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by blackfacesheep | 2015-12-11 05:00 | Seasonal Images
<< 2015年12月12日 いまだ... 2015年12月10日 初冬の... >>