Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2015年12月14日 小さなサンタさんたち
b0134829_19591725.jpg

クリスマスが近づくと、我家にはこんな可愛らしいテディベアのサンタさんがお出ましになります。

b0134829_1874770.jpg

このテディベアさんたち、耳についているタグを見ると、"KNOPF IM OHR"と書いてあります。
これはドイツ語で「耳に付いたボタン」の意味で、世界最古のテディベア・メーカー、ドイツのシュタイフ社のロゴなんであります。

シュタイフ社のこのタグ、「黄タグ+赤文字」は定番用ですが、「白タグ+赤文字」はワンオフの限定バージョンで、名前やシリアルナンバーが入っています。
ちなみにこの子は、2003年に限定5000個生産された"Rolly Polly Santa"で、SNは#4795となっていました。

b0134829_16382983.jpg

シュタイフでは、毎年クリスマスシーズンに向けて、「リトル・サンタ」を発売します。
これは1999年の限定バージョン・・・2,500体のうちの一つで、S/Nは#927です。

b0134829_16384019.jpg

こちらのリトル・サンタは2000年度のもので、S/Nは578/2500です。
リトル・サンタ・シリーズは足裏に年号が刺繍されていることが多いんですが、この子は例外で背中に背負ったバッグに刺繍されていました。^^

b0134829_16391464.jpg

2001年度のリトル・サンタです・・・緑色のラメ入りの服がかわゆいです・・・S/Nは1970/2500ですね。

b0134829_1639326.jpg

2002年度のリトル・サンタは中世の宮廷道化師のような衣装を着ておりました・・・S/Nは2376/2500となっていました。

b0134829_16394582.jpg

2003年度です・・・赤いハートが印象的です・・・この年は2000体限定となったようで、S/Nは1157/2000でした。

b0134829_16412358.jpg

リトル・サンタ・シリーズ以外にも、クリスマス・シーズン専用のベアもおりますね。
こちらは2002年の英国限定バージョンだったと思います・・・そり付きの親子ベアです・・・S/Nは2531/3000ですね。

b0134829_16414122.jpg

こちらはクリスマス・ツリーのオーナメント用のテディベアです。
緑色のサンタブーツに入った白いベアさんです・・・2005年の限定バージョンで、831/5000ですね。

b0134829_16415939.jpg

こちらもクリスマス・ツリー用のオーナメント・ベアです。
紐をひいて鐘を鳴らす"Bell Ringer"で、鐘は金属製なので、揺らすと「チリンチリン♪」と可憐な音で鳴ってくれます。
こんな小っちゃなオーナメントですらしゃらくさいことに限定バージョンで、S/Nは2637/5000となっていました。

b0134829_1642222.jpg

こちらのベアは耳にボタンがありません・・・はい、これは相方が手作りしたモヘアのベアですね。
最近はシュタイフのベアはほとんど買わなくなりました・・・もっぱら相方の手作りが増殖中なんであります・・・S/Nはもちろん1/1のワンオフです。^^

b0134829_16424248.jpg

こちらも相方謹製の布製のミニ・ベア・シリーズ、この子たちは同じ紙型で作った兄弟姉妹がいっぱいあります。
私の撮影機材や即席ラーメン写真の際に、お供としてよく登場させております。^^
今回は、クリスマス・バージョンなんであります♪


b0134829_16437100.jpgさて、こちらの小さなカメラは、Lumix GM5ですね。
そして、ここに写っているレンズは・・・
42.5と書いてあります・・・35㎜判換算で85㎜です。
これは新たに手に入れた中望遠レンズで、ベアさんたちを相手にその試写をしてみた、と言うわけなんであります。

正式名称は、LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S.と言う長い名前がついております。^^;

相方が昨年の秋にカメラ女子化して以来、M.ZUIKO 45mm F1.8は彼女の専用レンズになってしまいました。

私は古いNikkorの55㎜/F1.285mm/F1.4Sをアダプタ経由で装着し、中望遠レンズとしてきました。

でも、この2本のニッコール、開放F値が明るいだけに、ガラスの塊なんですよね・・・重いんであります。

なので、軽量なマイクロフォーサーズ専用中望遠を手に入れることにしました。

このLumix製の42.5mm/F1.7、M.ZUIKO 45mm/F1.8より、若干画角が広くF値が明るいです。
でも、ほとんど差はないと言っていいかもしれません。

ただ、最短撮影距離が大違いです。

M.ZUIKO 45mm/F1.8は、最短撮影距離50cmで、最大撮影倍率は0.11 倍です。

Lumix 42.5mm/F1.7は最短撮影距離31cmで、最大撮影倍率0.2 倍と、倍近く大きく写せます。

これ、M.ZUIKO 45mmが寄れないというわけではなく、Lumix 42.5mmが中望遠としては異様に寄れると言った方が良いんでしょうね。


例えば私のAi Nikkor 85mm F1.4S、最短撮影距離は85cmです・・・てんで寄れません。
大口径の85㎜はいわゆるポートレートレンズで、バストショット以遠での浮遊感を狙うレンズですから、寄れる必要がなかったんだと思います。
近接撮影は、似た焦点距離の90~105mmマクロに任せる、って割り切りなんでしょう。

ちなみに、2枚目はLumix 42.5mmの最短撮影距離付近で撮影しました。
シュタイフタグ、かなり大きく写ってますね。

さらに、このレンズは手ぶれ補正機能付きです。
Lumix GM5はボディ内に手ぶれ補正機能がないために、暗所ではとてもありがたいレンズなんであります♪
昨年発売されたときはM.ZUIKO 45mm/F1.8とかなり価格差がありましたが、昨今はかなり安くなってきたので、ポチって見ました♪
これからの季節、光量の乏しい室内撮りでは大いに活躍してくれることと思います。^^

LUMIX DMC-GM5
LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S.
Olympus Pen Lite E-PL6 & Leica DG Summilux 25mm/F1.4 (最後の1枚のみ)


心象風景写真 ブログランキングへ


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by blackfacesheep | 2015-12-14 05:00 | Hardware
<< 2015年12月15日 Win... 2015年12月13日 Win... >>