Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2015年12月28日 赤錆を抽出されたバリカン・コロナ
b0134829_18343188.jpg




b0134829_18344425.jpg




b0134829_18345772.jpg




b0134829_18353541.jpg




b0134829_18355013.jpg




b0134829_1836695.jpg




b0134829_18362681.jpg




b0134829_18383331.jpg

久しぶりに豊田市の山中に路駐されている定点観測物件、「バリカン・コロナ」に会いに行ってきました。
これはト1964年にデビューしたヨペット・コロナの三代目にあたるモデルで、「アロー・ライン」と呼ばれる流麗なデザインで有名でした。
フロントグリルのカタチから、後年は「バリカン」コロナと呼ばれることが多くなったそうです。

このコロナに初めて会ったのは2013年の12月だったかな。
母親が働いていた外資系会社のインセンティブで獲得し、初めて我家にやってきた自家用車だったので、とても懐かしかったのを覚えています。

あれから2年・・・錆はゆるやかに進行中のようでした。
撮影していたら、地元の方に「これ、やはり珍しいですか?」と声をかけられ、「はい、珍しいですとも♪」と会話が弾みました。
その方の話によると、かれこれ30年近く前からここに置いてあるとのこと・・・徐々に風化して入っているものの、意外に丈夫ですね、とおっしゃってました。

今回は「錆残し」でポストプロセスしてみました・・・赤錆だけ残したモノクロームです。
カラーで撮っても、あまり変わらなかったかもしれませんが。^^;
ゆっくりと土に帰りつつあるバリカン・コロナ・・・またしばらくしたら撮りに来るからな、それまで元気でいろよ。

愛知県豊田市にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm F1.2


心象風景写真 ブログランキングへ


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by blackfacesheep | 2015-12-28 05:00 | Rusty Scene
<< 2015年12月29日 冬枯れ... 2015年12月27日 クリス... >>