Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
2008年8月29日 からめ亭のミラカン
b0134829_13335749.jpg


昼時に豊田市内に出かける用事があったので、昼食は久しぶりに「からめ亭」に行ってきました。

この「からめ亭」の名物は、「あんかけスパゲティ」です。あんかけスパゲティというのは、名古屋四大麺類のひとつです。
この名古屋四大麺類、他の3つは、味噌煮込み、きしめん、台湾ラーメンです。きしめんの全国的な認知度をAランクとすると、味噌煮込みがAからBランク、台湾ラーメンとあんかけスパゲティはCランクでしょうか。

認知度が低い理由は、年齢層、性別によって好みの差が激しく変わるからかもしれません。
味噌煮込みやきしめんは老若男女を問わず、名古屋人には普遍的な人気がありますが、あんかけスパゲティと台湾ラーメンは、男性、それも学生・中年サラリーマンから圧倒的な支持を受ける味で、名古屋のソウル・フードなのです。

妙齢のお嬢さんに「あんかけスパ、食いにいかへん?」と誘うと、かなりの高率で拒否されます。^^;台湾ラーメンも同様で、これらを食べに行くときは男性のみで出かけることが多いです。でも、「ヨコイ」や「そーれ」で、時々すごくかっこいいキャリア・ウーマンが一人で「あんかけスパゲティ」を食べてるのを見かけることもあり、そんなときは、「いい女だなー」と見とれてしまいます。^^

さて、この「あんかけスパゲッティ」ですが、イタリア人が食べたら卒倒しそうなしろものです。どこをとっても「おされなイタめし」という要素はありません。
まず、アルデンテとは無縁な太く柔らかめの麺に特徴があります。どのお店でも2.2mm以上の太さの麺を使います。この太麺をオリーブオイルではなくラードで炒めた上に、トマトやジャガイモを中心とした野菜類や肉を煮込んだソースをかけます。
このソース、非常に粘度の高い独特のもので、オレンジ色というか赤褐色に濁ったコロイド状のソースです。中華料理の「あんかけ」に似ているので、通称「あんかけスパゲッティ」と呼ばれるようになりました。

なお、「あんかけスパゲッティ」のソースは、どの店に行ってもこれ一種類だけです。この上に乗せるトッピングによって名称が変わります。その名前たるや、「あんかけスパゲティ」屋でしか通用しない独特のものです。
たとえば、「ミラネーゼ」。これはハム、ベーコン、赤ウィンナー、オニオン、ピーマン、マッシュルームを炒めてトッピングしたものです。また、「カントリー」というのもあります。ハム、オニオン、ピーマン、マッシュルーム、トマト。ミラネーゼによく似ています。
今日、私が食べたのは、この「ミラネーゼ+カントリー」で、通称「ミラカン」と言われるものです。このミラカン、昔はご馳走扱いでした。^^
「今日はどえらげにゃー腹がすいとるでかんわ。ごっつぉ食べなかんな。ミラカンにしよ。」という按配です。^^
この他にも、ポークを卵で包んで黄金焼きにした「ピカタ」とか、魚フライの乗った「バイキング」とか、けったいな名称のメニューが多いのが、正統派の「あんかけスパゲティー」屋のメニューなのです。

私は今を去ること35年前、まだ高校生のときにこの「このあんかけスパゲティ」を始めて食べて以来、軽い中毒患者になってしまいました。^^
実家の近くにあったヴェニスというスパゲティ屋が初体験でしたが、ここで週に1回は食べてました。なお、当時はまだ「あんかけスパゲティ」という言葉はありませんでした。

この「からめ亭」、名古屋の「あんかけスパゲティ」の老舗のひとつ、「ソール本山」のフランチャイズ店です。話によると、「あんかけスパゲティ」という名称は、この「ソール本山」が使い出した言葉だそうです。
「からめ亭」豊田店、我が家から15分で到着します。今は名東区一社に移転した「ソール本山」まで出かけると30分近くかかりますから、急に「あんかけスパゲティ」を食べたくなった時にはもってこいのお店です。

名古屋の「あんかけスパゲティ」のお店の味の傾向は、粘度・色がそれほど濃くない「ヨコイ」系、粘度・色の濃い「そーれ」系と2分されますが、「からめ亭」およびその元祖の「ソール本山」の味は明らかに後者です。私は初体験のヴェニス以来、粘度・色の濃い「あんかけスパゲティ」を愛好しており、中でも「ソール本山」のソースは、黒胡椒の効きが最強・最凶で大好きでした。

「ソール本山」のフランチャイズ店である豊田の「からめ亭」のソースは、かつての「ソール本山」のようなワイルドなスパイシーさはなく、もっとマイルドなものになっております。でも、香辛料が苦手な人もいるので、このぐらいの胡椒の量がちょうど良いのだと思います。私のような胡椒中毒患者は、テーブル上にあるペッパー・ミルを挽いて強化すれば良いのですから。^^
なお、最近ではネット上でもこの「からめ亭」のソースは購入可能になっています。

なお、双子の弟のXylocopalのブログに、この「あんかけスパゲティ」について詳しいエントリがあります。彼は私より重度の中毒症患者ですので、より詳しく知りたいと思う方は覗いてみてください。^^

愛知県豊田市日之出町2丁目 からめ亭にて
Pentax K200D
Tamron 17-50mm/F2.8
[PR]
by blackfacesheep | 2008-08-29 14:24 | Foods & Dining
<< 2008年8月30日 Roun... 2008年8月28日 At A... >>