Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
カテゴリ:Lights & Shadows( 279 )
2015年11月22日 文明開化の灯り
b0134829_19364780.jpg



b0134829_19391310.jpg



b0134829_1940961.jpg



b0134829_19403966.jpg



b0134829_194144.jpg



b0134829_1941287.jpg

明治村には素敵な光がたくさん溢れています。
この日は曇りがちなお天気だったせいで、その光が一段とステキにみえたのでありました。
これらの灯り、明治人には「文明開化の灯り」だったんでしょうねえ、きっと(^^♪

ここの灯り、どこで撮ったかすべてわかったあなた・・・明治村の年パス持ってるんじゃないでしょうか♪
1枚目は聖ザビエル天主堂、2枚目は高田小熊写真館、3枚目は帝国ホテル中央玄関、4枚目は大井牛肉店、5枚目は宇治山田郵便局舎、6枚目は三重県庁舎で撮りました♪

愛知県犬山市内山1 博物館明治村にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F2.8 (Model A09IIN) 1~3枚目
Ai Nikkor 85mm F1.4S 4~6枚目


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-22 05:00 | Lights & Shadows
2015年11月20日 今なお輝く機能美
b0134829_20333388.jpg

先日の「写真集団・錆銀」の愛知合宿、最終日で向かったトヨタ博物館で撮影したビンテージカーたちです。
ここには19世紀以前の創成期から20世紀にいたるまで、素晴らしいセレクションのオールドタイマーたちが集められています。

中でも私が好きなのは、1930年代の流線形になるまでの「機能=カタチ」だったころの自動車たちです。
この時代の自動車のデザインは、どれを見ても機能的で美しいです・・・写真を撮りたくなるナニカを持っていると思います♪

こちらは、Rolls-Royce 40/50HP Silver Ghost (1910, U.K.)ですね♪
この時代の車のパーツは、用途や機能が良くわかり楽しいです・・・しかも、デザインも素敵なんであります。^^v

b0134829_20334826.jpg

ロールスロイス・シルバーゴーストを背景にしたこの三輪車は、De Dion - Bouton 1 3/4 hp (1898, France)です。
さすがおフランス製だけあって、とってもエスプリの効いたデザインなんであります♪

b0134829_2034721.jpg

こちらはDaimler Type 45 (1920, U.K.)、クラクションはまさしく「ホーン」なんであります。^^

b0134829_20342345.jpg

Morgan Aero (1922, U.K.)・・・駆動部品がむき出しで、バイク同様の機能美を誇っています♪

b0134829_2245427.jpg

Stutz Bearcat Series F (1914, U.S.A.)ですね・・・ステアリングホイールの造形が面白いです。

b0134829_20353185.jpg

世界初の量産車、Ford Model T (1909, U.S.A.)です。
「自動車を発明したのは誰か」・・・これはなかなか難しい質問です・・・でも、「自動車の大量生産を発明したのは誰か」は簡単です。
そう、Henry Fordなんであります♪

b0134829_20413985.jpg

こちらは新館のお土産物売り場の前に展示されていた"Swift 9HP (1905, U.K.)"ですね。
上に乗ることも可能なので、記念写真を撮っている方もいらっしゃいました。
それにしても、こんな貴重品を惜しげもなく記念撮影用に提供するとは・・・トヨタもなかなか太っ腹なんであります♪

愛知県長久手市横道41-100 トヨタ博物館にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm F1.2
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-20 05:00 | Lights & Shadows
2015年11月19日 ひそやかに忍び寄る影たち
b0134829_16193013.jpg




b0134829_15593651.jpg




b0134829_1603359.jpg




b0134829_16195755.jpg


日が短くなってくると、いやがうえにも影の存在が気になってきます。
空を撮る人は「ソラトリスト」と言うのかなと思いますが、影を撮る人も「カゲトリスト」と呼べるのかもしれません。
冬至まであと1ヶ月ちょっと・・・これからどんどんと薄暗くなっていくんでしょうね・・・
寂しさちょちょぎれる光と影が支配する、大好きな季節です♪

名古屋市 中区大須四丁目4番1号 久屋大通庭園フラリエにて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-19 05:00 | Lights & Shadows
2015年11月14日 アールデコな光の中で
b0134829_1635090.jpg




b0134829_16353285.jpg




b0134829_1636162.jpg




b0134829_16363033.jpg




b0134829_1637272.jpg




b0134829_16372887.jpg




b0134829_16375619.jpg




b0134829_16383244.jpg

「写真集団・錆銀」の合宿、三日目は朝から雨となってしまいました。
撮影に行きたいけど、雨でも大丈夫な場所ってどこがあったかな、と考えることしばし・・・おお、アソコがあった♪
と言うわけで、久しぶりに長久手市にあるトヨタ博物館に行ってまいりました。

ここは1989年4月16日にオープンし、世界の歴史的な車を約140台を常設展示していることで有名です。
19世紀末から20世紀にかけて製造された世界各国の自動車が体系的に展示されており、クルマ好きにはもちろん、フォトジェニックな年代モノがたくさんあるので、写真愛好家にも人気があります。

さて、ここに来ると必ず撮るのが、フランスのアールデコを代表するガラス工芸家、ルネ・ラリック(1860~1945)が制作したカーマスコットです。
このカーマスコット展示室には、ラリックが1920年代を中心に制作した29種類32点の全カーマスコットが揃っています。
日本国内に限らず、海外でもラリックのカーマスコットを全種類をそろえて常設展示しているところはないんだそうで、かなりのレアものなんであります♪

今回はAi Nikkor 55mm F1.2と言う古いMFレンズで撮影しましたが、このレンズは七枚の直線絞りなので、点光源を撮ると七角形のボケになります。
2枚目は絞り開放ですが、それ以外はF2.0~F4.0で撮ってますね。
人物や花などを撮ると、この硬さが気になるんですが、ガラスやメカニカルなものを撮ると、この硬さがいいんであります♪

愛知県長久手市横道41-100 トヨタ博物館にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm F1.2


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-14 05:00 | Lights & Shadows
2015年11月12日 "Ezz-Thetic"なオアシス
b0134829_101078.jpg




b0134829_1012277.jpg




b0134829_1013998.jpg




b0134829_1024658.jpg




b0134829_103892.jpg




b0134829_103388.jpg

名古屋を代表するランドマーク、オアシス21です。
最近、ダイハツ・キャストのTVCMで全国的に有名になりましたね♪

ここ、昼間には何回も撮ってますが、あのCMに出てくるような夜の風景はあまり撮ったことがなかった・・・
なので、先日の「表現者たち」の在廊当番の帰りに寄ってみました。
昼間とは違う、超モダンでクールな魅力に溢れていました♪

ダイハツのCMに影響を受けて、ホワイトバランスを思い切り寒色系に振ったバージョンと、その正反対の暖色系にふったものと撮り分けてみました。
夜なので、手ぶれ補正の付いたOlympus Pen Lite E-PL6の出番です・・・使ったレンズは超広角の9-18mmですね。
このレンズ、寄ればそれなりにボケてくれるので面白いです。^^

こういう前衛的な建築物を見ると、頭の中にアブストラクトでクールな"Ezz-Thetic"のメロディが響いてきます。
ピアニスト・作曲家のGeorge Russellが1951年に書いた旋律ですが、彼が考え出したリディアン・クロマティック・コンセプト(Lydian Chromatic Concept)に基づく、当時としては超モダンなメロディラインが印象的です。

さまざまなプレイヤーが演奏していますが、私はLee Konitz Sextetによる初演が、一番緊張感に満ちていて好きです。
"Warm Konitz"なんてくそくらえ、Konitzは氷のように冷たくなければ、Konitzじゃありません♪
Miles DavisやMax Roachと言うロイクなサイドメンを従えて、ほの暗く青白く燃える演奏は極めて印象的・・・1951年としては素晴らしくモダンです。



ジョージ・ラッセルのリディアン・クロマティック、今から思うとモード奏法JAZZの走りだったんじゃないでしょうか。
モード奏法はMiles DavisとBill Evansが"Kind Of Blue"でやり始め、John Coltraneが発展させたということになってますが、この"Ezz-Thetic"を聴くとすでにポリモード奏法っぽい・・・アブストラクトで尖った魅力に満ちています♪
この曲を演奏したマイルスは、ここから"Kind OF Blue"へのヒントを得たのかもしれません。^^

"Ezz-Thetic"、1951年に作曲された曲なのに、響きが前衛的すぎたせいか、よく演奏されるようになったのは、モード奏法時代になってからのようです。
ジョージ・ラッセル自身もエリック・ドルフィーと一緒にやってるし、上の曲でコニッツと共演したマックス・ローチもロリンズと一緒にやってます。
ギターのグラント・グリーンもマッコイ・タイナーやジョー・ヘンダーソンとやってますね。

ちなみにこの"Ezz-Thetic"と言う曲、黒人ボクシングチャンピオンのエザード・チャールズ(Ezzard Mack Charles)に捧げられたものそうです。
ふ~ん、知らなかった・・・曲の雰囲気からして、てっきり英語の"aesthetic"(芸術美の, 審美的な)から取った曲名だとと思ってました。^^;

名古屋市東区東桜 オアシス21にて
Olympus Pen Lite E-PL6
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-12 05:00 | Lights & Shadows
2015年11月8日 粛々と秋が深まる寺院にて
b0134829_1617567.jpg




b0134829_16172847.jpg




b0134829_16182976.jpg

夕暮れの覚王山、日泰寺です。
長くなった影たち・・・そして赤く錆びたものたち・・・
こういう哀愁に満ちたものを見ると、粛々と秋が深まっていく実感にひたってしまいますね。
って、赤錆は年がら年中撮って入るんですけど。^^;

名古屋市千種区 覚王山・日泰寺にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm F1.2


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-08 05:00 | Lights & Shadows
2015年11月7日 晩秋の光に満ちた芸術文化センター
b0134829_22212786.jpg




b0134829_22215335.jpg




b0134829_22221332.jpg




b0134829_2222556.jpg




b0134829_22232950.jpg




b0134829_22254895.jpg




b0134829_22262372.jpg

愛知県美術館の入っている愛知芸術文化センター、お天気の良い日にはとてもフォトジェニックな光と影に包まれます。
特に晩秋の日差しはよく似合います・・・哀調を帯びた印象的な光で満たされますね。
この建物の愛知県美術館8階ギャラリー展示室「J」にて、「表現者たち第23回作品展」が行われており、私もそこに写真を出展しております。
明日までなので、ご都合が合いましたらぜひ見に行ってやってくださいませ。

名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センターにて
Olympus Pen Lite E-PL6
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
[PR]
by blackfacesheep | 2015-11-07 05:00 | Lights & Shadows
2015年10月31日 影が支配する駅前広場
b0134829_2281552.jpg




b0134829_2283598.jpg




b0134829_228549.jpg

いよいよ今日で10月もおしまい・・・
まだ本格的な寒波がやってくるまでは、少し間がありますが、光と影の雰囲気はすっかり冬っぽくなってきました。

ここは自動車都市の鉄道の玄関駅、名鉄豊田線・豊田市駅です。
午後3時を回ると、もうすでに人恋しいような光線が周りを満たしていました。
そっか・・・そういや今日はハロウィンなんであります・・・ほの暗い影の支配する日なんであります♪

それにしてもこういう光、撮っていて飽きないなあ・・・この季節はこんな写真が続きそうです・・・ご容赦を。^^;

愛知県豊田市 名鉄豊田線 豊田市駅にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-10-31 05:00 | Lights & Shadows
2015年10月29日 虚実伯仲する参道
b0134829_229565.jpg




b0134829_22101792.jpg




b0134829_22103631.jpg




b0134829_22104957.jpg




b0134829_22111138.jpg

名古屋市千種区の覚王山日泰寺の参道の両側には、素敵なお店が軒を連ねています。
秋が深まりつつある今、そのお店のショーウィンドーに写る参道の風景を撮ってみました。
実像と虚像がないまぜになった参道風景・・・どちらが真でどちらが偽なのか、一瞬騙されそうになってしまう風景でした。

名古屋市千種区 覚王山・日泰寺参道にて
Nikon D610
Ai Nikkor 35mm F1.4S


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-10-29 05:00 | Lights & Shadows
2015年10月21日 悲しみのレッドトレイン
b0134829_10233252.jpg




b0134829_10241858.jpg




b0134829_10251481.jpg




b0134829_10255648.jpg




b0134829_10312183.jpg




b0134829_10314516.jpg




b0134829_1032356.jpg

豊田市の鞍ヶ池公園には古い名鉄電車が展示してあります。
これはかつて、名鉄豊田線を開業するにあたり、試験運転に使われていたモ800形電車です。
今はもう現役を引退し、二度とレールの上を走ることのない赤い電車・・・秋の夕日に照らされて切なげでした。

b0134829_10514528.jpg

ところでこのタイトルを見てピンと来たあなた・・・1960年代後半から洋楽を聴いていましたね♪
そう、John Denverが1966年に作った"Leaving On A Jet Plane"の邦題、『悲しみのジェットプレーン』のリーパクなんであります。
この曲はアメリカのフォーク・グループ、"Peter, Paul & Mary"がカバーして1969年にシングルカットし、全米第1位を獲得しました。

秋の夕日の中の哀愁を帯びた赤い電車(Red Train)・・・
"Jet plane"(dʒét pléɪn)と"Red train"(réd tréɪn)の韻を踏んでみただけなんであります・・・母音の部分の発音は同じですからねえ。^^;
↓に、PP&Mではなく、オリジナルのジョン・デンバーのバージョンを貼っておきます。



"Cause I'm leavin' on a jet plane, Don't know when I'll be back again, Oh baby, I hate to go"
このリフレインが耳に残ります。

ジョン・デンバーは普通のラブソングとして作ったそうですが、当時の時代背景にはベトナム戦争があり、米国ではまだ徴兵制が存続していました。
それゆえ、その歌詞はこんな感じで捉えられたのじゃないでしょうか。

「徴兵された・・・ジェット機に乗って、未知の場所に行くことになる・・・いつ帰って来られるかわからない・・・いよいよ出発の朝が来た・・・出ていく前に何か言わなくちゃと思って彼女の部屋の前に来た・・・でも何を言ったらよいのかわからない・・・行くのは嫌だ・・・」

このあたりの主人公の心の動きが、当時のアメリカの若者たちの気持ちにシンクロし、大きなヒットにつながったのではないでしょうか。

徴兵制、アメリカのみならずいまや世界中で姿を消しつつあります。
国家の事情で有為な若者たちを、その意思にもかかわらず戦場に送るようなことがあってはならないと思います。

それゆえ、私は安保法案には賛成です。
集団的自衛権を認めず、個別的自衛権のみに頼る国々、例えば欧州のオーストリアとスイスは、いまだに徴兵制を維持しています。
この二つの国では、徴兵制の廃止の論議がありましたが、国民投票で否決されました。
自国のみで国家の独立を守っていこうとするならば、ハリネズミのような重武装かつ国民皆兵の道を選ぶ必要があるからでしょう。
でも、それは今の日本には無理だと思います。

戦争をしないために、戦争に巻き込まれないために、国家間による抑止力としての安保同盟が必要だと思います。
アジアや欧米を中心とする自由主義諸国は、積極的平和主義を掲げる日本の国際貢献への取り組みを好意的に評価しています。
一部野党やマスコミは「戦争法案」などと批判を強めていますがが、世界の見方は異なり、世界秩序の安定に貢献する法案として捉えられています。
第二のヒトラー・ズデーデン侵攻につながりかねないロシアや中国の覇権主義は、自由主義国家が連帯して防がなければならないと思います。

愛知県豊田市 矢並町法沢714-5 豊田市鞍ヶ池公園にて
Nikon D610
Ai Nikkor 35mm F1.4S


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-10-21 05:00 | Lights & Shadows