Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
カテゴリ:Abstract Images( 24 )
2013年11月5日 1/2秒の回廊
b0134829_1730659.jpg





b0134829_1730356.jpg





b0134829_17305774.jpg





b0134829_17311470.jpg





b0134829_13204744.jpg



可変NDフィルターを使って減光すると、1/2秒のスローシャッターで撮影できます。
普段目にすることはない非日常的で不思議な映像で、動くものと動かないものを比較対象するとさらに興味深くなります。
托鉢修行中のお坊さん、1/2秒でもほとんどブレませんねえ・・・さすが大したもんなんであります♪

愛知県豊田市 名鉄豊田市駅にて
Nikon D600
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II) with Variable ND2~400 Filter
[PR]
by blackfacesheep | 2013-11-05 06:00 | Abstract Images
2013年10月28日 影と空で分割された原色
b0134829_22263499.jpg






b0134829_2137364.jpg






b0134829_21373075.jpg




昨日は私の写真仲間「全日本味噌煮込写真家協会」の皆様と、私の地元の豊田市で撮影会を行ってきました。
豊田市美術館と花遊庭で撮影をしてきましたが、台風一過の目の覚めるように鮮やかな秋晴れに恵まれ、撮影条件抜群の一日となりました。
お付き合いいただいた全味協の皆様、楽しい一日をどうもありがとうございました♪

さて、何回も撮っている豊田市美術館の中庭のインスタレーション、「色の浮遊-3つの破裂した小屋」です。
フランスのアーティスト、ダニエル・ビュレン(Daniel Buren, 1938 -)氏が製作した鏡を使った作品なんですが、今回は鏡を撮らずに、小屋の内側に塗られた赤・黄・青の三原色をテーマにして作図してみました。
真っ青な秋空とそれぞれの作品の影で、三原色を切り分けてみました・・・タイトル、めっちゃベタなんであります。^^;

愛知県豊田市小坂本町8−5−1 豊田市美術館にて
Nikon D600
Nikon Ai AF Nikkor 20mm f/2.8D
[PR]
by blackfacesheep | 2013-10-28 06:00 | Abstract Images
2013年10月23日 多角形に切り取られた蒼空
b0134829_1923669.jpg





b0134829_1952865.jpg





b0134829_1955237.jpg





b0134829_1981544.jpg





b0134829_1984736.jpg





b0134829_1911339.jpg


高いビルのスカイラインで多角形に切り取られた秋の蒼空・・・とっても超広角レンズ向きの被写体なんであります。
普段田舎に住んでいると、都会に出たときにはつい、こういう写真を撮りたくなるんであります。

この20㎜レンズ、古いレンズですから円形絞りなどと言うしゃらくさいものは搭載していません・・・それ故に、絞り込むと豪快な光芒が出ます。
あまり絞ると小絞りボケが出るので、さじ加減が難しいんですが、とりあえずF13まで絞ってみました。
カチ~ンと音が聞こえて来そうに思えるほど、実にNikkorらしいハードボイルドな光芒でした。^^;

名古屋市中区栄にて
Nikon D600
Nikon Ai AF Nikkor 20mm f/2.8D
[PR]
by blackfacesheep | 2013-10-23 06:00 | Abstract Images
2013年10月21日 大正幻視浪漫
b0134829_19292225.jpg








b0134829_19301050.jpg








b0134829_19551388.jpg








b0134829_19424623.jpg








b0134829_19435147.jpg








b0134829_2051376.jpg








b0134829_20194955.jpg








b0134829_19501775.jpg



昨日は私の所属する写真塾「ワークショップ写房」の撮影会でした。
向かった先は岐阜県恵那市明智町・・・「日本大正村」として有名な場所ですね。
明治から大正にかけての建物が、古い町並みの中に点々と残っており、明治村や昭和村のようなテーマパークではありません。
ここに来ると、昔は日本各地で見かけたレトロな風景を、たくさん見ることができるんであります。
大正村、お天気が良ければレトロで素敵な建物を撮るのが楽しい場所です・・・かつてデジタルでも撮ってますし、フィルムでも撮ってます。

でも、残念ながら昨日は朝からずっと雨・・・私は強力な晴れオトコなんですが、誰か強烈な雨オトコか雨オンナの方がいらっしゃったようです。^^;
外に出ての撮影は辛いので、雨宿りのできる場所を選んでの撮影となってしまいました。

今回は薄暗いお天気だったので、開き直って85mm/f1.8か50mm/f1.4の絞開放だけで撮ろうと思っておりました。
ただ、普通に撮っても面白くないので、多重露光プロジェクトを敢行するつもりでした。
また、先日の「腰痛幻視」のエントリーで試してみた方法とは、ちょっと違うアプローチでやってみることにしました。

前回は連続して撮った2枚の写真を合成すると言う素朴なやり方をしましたが、今回は撮影後のRAWファイルからの合成です。
Nikon D600の「画像編集メニュー」で「画像合成」を選んで重ねるんですが、透過度も調整できるので、撮りっぱなしより多少自由度があります。
「後で重ねるんだでな・・・構図、よお考えて撮らんとかんぞ、えか。」と自分に言い聞かせながら、撮っておりましたよ。^^;
室内ばかりだったので、85mmだとちーと長すぎる・・・結局50mm一本勝負の撮影となってしまいました。

岐阜県恵那市明智町にて
Nikon D600
Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G
[PR]
by blackfacesheep | 2013-10-21 06:00 | Abstract Images
2013年10月18日 無為な30分
b0134829_2010455.jpg





b0134829_20102491.jpg





b0134829_20104381.jpg




落花生って、殻が付いた状態のものを言うようですね。
その殻を割って、渋皮付の状態の豆を南京豆と言い、さらにその渋皮を剥いてつるんとした状態になるとピーナッツと呼ぶようです。

これも腰痛シリーズの一つかも。
お天気が良いのに、腰に不安があるので遠くまで撮影に出かけるのが億劫になる・・・結果として、家でひねもすのたりのたりかな、です。
一掴みの落花生を南京豆化し、さらにピーナツ化して食べてしまうまで30分・・・ま、その時間の経過を追って撮ってみました。

非日常感を出すためにグレースケール変換後、Lightroomのスプリット・トーニングで着色してみました。
以前のエントリ「妖奇荘嘲笑閣」では、エキセントリックな効果を出すためにヘリオトロープのハイライトとブルーグリーンのシャドウを使いましたが、ここではよりシックな雰囲気を出すために、チョコレート色のハイライトにそれよりややオレンジっぽいシャドウを組み合わせました。

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Nikon D600
Nikon Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
[PR]
by blackfacesheep | 2013-10-18 06:00 | Abstract Images
2013年10月17日 風強き午後
b0134829_16352397.jpg




b0134829_16353811.jpg




b0134829_16355121.jpg


台風26号、東の海上に抜けていきましたが、昨日は一日中風の強い状態が続きました。
で・・・こういう日はぜひ「風」を撮ってみようと思いましたよ。

これもある意味、腰痛シリーズの写真です。
私の腰、かなりよくなってますが、まだ遠くまで出かける気はにならず、お手軽に歩いて一分の隣の公園に行ってきました。

「風」を撮るには、カメラを三脚に乗せてスローシャッターで撮ろう、と思いました。
67㎜のC-PLフィルターは薄枠のと普通のと2枚持っているので、それをダブルに重ねて減光し、1/3~1秒で様々に撮ってみました。
あまり遅すぎても上手くいかないですね・・・ブロウの入ったときは1/3秒ぐらいが良い感じでぶれてくれるようです。

PLの二枚重ね、広角気味にするとさすがに蹴られますが、望遠寄りなら問題なく使えました。
でも使いにくいですから・・・ND2からND400まで変えられる可変NDフィルター、アマゾンで注文しましたよ。^^v

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Nikon D600
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II) with C-PL Filter x 2 pcs.
[PR]
by blackfacesheep | 2013-10-17 06:00 | Abstract Images
2013年10月16日 腰痛幻視
b0134829_1115193.jpg




b0134829_1115356.jpg




b0134829_11155170.jpg




b0134829_11161457.jpg




b0134829_11163143.jpg




b0134829_11431474.jpg


腰痛シリーズ第2段です。
しくしくと痛む腰のせいで外出する気になれなく、自宅でD600の取説を読んでおりました。
「多重露光」という項目を読んで、俄然興味津々・・・以前から興味はあったんですが、まだやったことがなかったんですね♪

早速いろいろ実験してみました。
多重露光、一眼レフのNikon D600よりはミラーレスなOlympus Pen E-PM2の方が、残像を表示しながら次露光ができるので簡単です。
でも・・・20mm/f1.7でもかっちり写りすぎて、あまり幻想的じゃないんですねえ・・・
ごくごく浅い被写界深度で幻想的な絵が作りたかったので、50㎜/f1.4が使えるD600で撮りました。
すべて絞開放F1.4、近接、大きな135判フォーマット・・・ボケ要素てんこ盛りですからほわんほわんです・・・非日常感、半端ないです♪

一枚目のイメージと構図を目に焼き付けながら2枚目を撮る・・・これが楽しいんですよ。
ポストプロセスでレイヤーを使う方が簡単・確実だとは思いますが、気合はこっちのほうが入るし、不安定で危うい美が撮れる気がします♪
露出はどアンダー、-2EVあたりで薄暗く撮っておき、Lightroomで微調整してます。
最後の2枚は同じシーンなんですが、微妙に構図をずらしたり、フォーカスポイントを変えたりして遊んでみました。

腰痛時、外出する意欲がないときって、普段やってないことをいろいろ試してみるには良いですねえ。
悪天候時や真冬の楽しみが増えました♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Nikon D600
Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G
[PR]
by blackfacesheep | 2013-10-16 06:00 | Abstract Images
2013年10月15日 中庸に拡散する斜線
b0134829_1611065.jpg




b0134829_16113141.jpg




b0134829_16115776.jpg




b0134829_16124627.jpg




b0134829_16132826.jpg




b0134829_16183290.jpg




b0134829_16135258.jpg




b0134829_16141061.jpg

お天気が良い日の豊田市美術館、魅力的な射線で溢れておりますね。
こういう斜線を撮るときは超広角レンズを使うことが多いんですが、今回は標準ズームレンズの広角端28mmで撮ってみました。
私の広角レンズに対する認識では、35mmレンズだとほとんど広角感はなく、ただ広い範囲の写る標準レンズと言う感じがします。
広角感が味わえるのはこの28mmからでしょうか・・・
24㎜になると少々デフォルメを感じはじめ、20mm~18mmあたりは古典的超広角の味わい、16㎜以下になると強い空間歪曲を感じます。
28mmって、超広角レンズが持つダイナミズムはないんですが、中庸な広角ゆえに心地よい安定感があるように感じます。

愛知県豊田市小坂本町8−5−1 豊田市美術館にて
Nikon D600
Tamron SP AF 28-75mm/f2.8 (Model A09II)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-10-15 06:00 | Abstract Images
2013年10月12日 妖奇荘嘲笑閣
b0134829_21285973.jpg




b0134829_21291658.jpg




b0134829_2129374.jpg




b0134829_21295262.jpg




b0134829_2130775.jpg




b0134829_21302210.jpg


本日の夕方から写真塾の講評会であります。
これは今日持って行く予定の作品で、ロケ先は先日ご紹介した、揚輝荘聴松閣です。
先日の写真はブログ用の「行ってきましたよ的記録写真」でありまして、あれをそのまま持って行くと、塾長に「黒顔羊さん、こういう写真はもう卒業しませんか~♪」って言われる可能性が大です。^^;

なので、聴松閣のエキゾチックな雰囲気を表現するために、ポストプロセスまで含めてガチ撮りした写真を持って行くのであります♪
ポストプロセスは、その少々不思議な雰囲気を活かすために、Lightroomのスプリット・トーニングで仕上げました。
揚輝荘豊彦稲荷の狐に騙されて、「揚輝荘聴松閣」が「妖奇荘嘲笑閣」になってしまった・・・って言うテーマです、あはは。^^;

このスプリット・トーニング、春先に私が翻訳していた某カナダ人フォトグラファーの写真本で紹介されていたもので、Lightroomの機能を使ってモノトーンの写真をツートーン化する方法です。
Lightroomの現像パネルに「明暗別色補正」がありますが、そこでハイライト側とシャドウ側に好きな色相を好きな彩度で加えられます。
今回はハイライト側に色相272のヘリオトロープ系のパープル、シャドウ側に色相214のブルーグリーンを、彩度50で入れました。

スプリット・トーンとは、単色の階調で光を描くのではなく、ふたつの色相を使うのですね。
モノトーンは濃淡だけの世界ですが、スプリット・トーンはその濃淡にふたつの色が加わり、より複雑な表現が可能になります♪
さて、塾長によるVerdictはどうなることでしょうか・・・^^;

名古屋市千種区法王町2-5-21 揚輝荘聴松閣にて
Nikon D600
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-10-12 06:00 | Abstract Images
2013年9月29日 うたかたのもののふ
b0134829_21555774.jpg




b0134829_2156138.jpg




b0134829_21563515.jpg




b0134829_21565618.jpg




b0134829_21572088.jpg




b0134829_21574288.jpg




b0134829_2158366.jpg




b0134829_21582732.jpg




b0134829_2159466.jpg




b0134829_21593214.jpg




b0134829_21594787.jpg




b0134829_220695.jpg




b0134829_2202779.jpg




b0134829_2205251.jpg




b0134829_2212451.jpg

昨日は私の所属する写真塾「ワークショップ写房」の講評会でした。
先週日曜日に関ヶ原ウォーランドで撮った写真をプリントして持参し、塾長の三浦先生に「家元チェック」を受ける日なんであります。
すでにこのウォーランドの写真はブログには上げてありますが、それはあくまでも「どこへ行って来たかを記録するブログ用」なんであります。

そういう誰が撮ってもそう変わらない類の写真を持って講評会に臨みますと、三浦先生に「黒顔羊さん、そろそろこういう写真は卒業しませんか」と言われてしまうんであります。^^;
三浦先生は「あなたにしか撮れない写真を撮ってください」とおっしゃるのです・・・独創性を重んじる厳しい指導なんであります。
ちなみに、この関ヶ原ウォーランドで三浦先生が撮った写真は凄かったです・・・正直言って、「作品とはこう撮る」って感じでした。^^;

なので、講評会用の写真は、私も気合を入れてポストプロセスしましたよ・・・彩度を落とし、明瞭度を落とし、ブラシで周辺減光させました。
で、昨日の家元チェックです・・・基本的にはなんとかパスできました♪
ただ、人物の紹介板が写ってしまっているカットは、文字を消すようにアドバイスされましたので、Lightroomの修復ブラシで消しました。

さて、先生に選んでいただいた順番で掲載してみました・・・すごく臨場感が出ていて驚きました。
なるほど、こういうリズムで見せると、浅野祥雲作のキッチュでチープなコンクリ像も、古戦場の哀れさが漂ってくるんですね。
う~む、昨日もとても勉強になりました♪

岐阜県不破郡関ケ原町1701-6 関ケ原ウォーランドにて
Nikon D600
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II, 1~4, 7, 8, 10, 13, 14枚目)
Nikon AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G (5, 6, 9, 11, 12, 15枚目)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-09-29 06:00 | Abstract Images