Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
カテゴリ:French Landscapes( 2 )
2011年6月11日 ピンクに輝く大聖堂
b0134829_17442258.jpg

昨日に引き続き、5年前のストラスブール旅行の際の在庫写真です。
ストラスブールと言えば、対句のように「大聖堂」と出てくるぐらい、ここのカテドラルは立派です。
特に赤く夕日を浴びた姿が素晴らしく、ヴォージュ産のピンク色の砂岩を使っているので、夕日を受けるとさらに赤く輝くらしいです。

b0134829_17444434.jpg

ゴシックの大聖堂ですから、天井もすこぶる高くて敬虔な雰囲気に満ち溢れています。
さすがにコンデジのFZ-5だと暗所はきついです・・・Exifを見てみたら、ISO400で1/5秒でした。
果敢にもステンドグラス撮影に挑んでみましたが、望遠端では暗すぎてブレブレ・・・このあたりがコンデジの限界なんでしょうね。

b0134829_1745027.jpg

そんなわけで大聖堂内部でのステンドグラス撮りは諦めましたが、うまい具合に近くに大聖堂の博物館があり、そこでステンドグラスの展示がされていました。

b0134829_17451387.jpg

これらのステンドグラスはかつて大聖堂で使われていたものだそうで、間近でゴシックな中世のステンドグラスを見られてラッキーでした。^^

b0134829_17452469.jpg

モダンなステンドグラスに比べて、古拙な雰囲気と明快なカラーが魅力的でした。

b0134829_1745406.jpg

こちらはストラスブール大聖堂名物の天文時計です。
凄く複雑な動きをする時計らしく、ずっと見ていても飽きない逸品でしたね。

b0134829_17455674.jpg

こちらはイル川から眺めたストラスブールの風景です。
大聖堂の雄々しい姿が実に絵になるのでありました。^^

Strasbourg, Alsace, France
Panasonic LUMIX FZ-5
[PR]
by blackfacesheep | 2011-06-11 18:00 | French Landscapes
2011年6月10日 コロンバージュなストラスブール
b0134829_2119059.jpg

さて本日は再び欧州に戻り、フランスのストラスブールです・・・今回はパチモン海外写真ではなく、本物ですね~♪
と言っても、最近出かけたときのものではなく、5年前の2006年に訪問した際のストラスブールです。
同時期の英国旅行の写真は、帰国後すでに私の英国写真サイトに上げたのに、このときのフランス旅行編はまだどこにも公開していなかった・・・
リトルワールドのパチモン海外旅行写真をアップしているときにその事実に気が付き、リトルワールド写真に混じって5年ぶりの公開となりました。

b0134829_21191713.jpg

このストラスブール、ドイツとの国境の町なので、歴史的には何回もドイツ領とフランス領を行ったり来たりしてきた町で、フランス語の他にもアルザス語というドイツ語の一種も話されています。
この地方はフランス語ではアルザス・ロレーヌ地方と言いますが、ドイツ語ではエルザス・ロートリンゲン、街の名前もシュトラスブルク・・・いずれにせよ、ドイツっぽいコロンバージュと呼ばれる木組みの家が多くて実に美しかったです。
上はこの時に宿泊したホテルの外観ですね、英国のハーフティンバーの家に良く似ていました。

b0134829_21193256.jpg

木組みの家は石や煉瓦でできた家に比べると湿気などの影響を受けやすく、長年の間に歪んでくるものが多いようです。
英国のシュロップシャーのラドロウの街に出かけたとき、ハーフティンバーのホテルに泊まったことがありますが、床が傾いているし、廊下はぎしぎし言うし、年月の経過を嫌と言うほど感じさせられました。
でもそれが独特の味わいになっており、とても魅力的・・・どうやら、私は木組みフェチでもあるようです。^^

b0134829_21194781.jpg

この時に使っていたのは、Panasonic LUMIX FZ-5というコンデジです。
1/2.5型の有効500万画素CCDですが、それなりに良い仕事をしてくれたように思います。^^

Strasbourg, Alsace, France
Panasonic Lumix FZ-5
[PR]
by blackfacesheep | 2011-06-10 21:41 | French Landscapes