Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
カテゴリ:Still Life( 249 )
2015年12月22日 永遠の眠りについた鉄たち
b0134829_20535100.jpg




b0134829_21175299.jpg




b0134829_21181766.jpg




b0134829_21204861.jpg




b0134829_21184547.jpg

鉄・・・と言っても、いわゆる「鉄」ちゃんではありません。
明治村の鉄道寮新橋工場に展示された明治時代の鉄でできた機械たちです。
白黒フィルムしか使わない私の銀塩フィルム写真ブログでは珍しくもないですが、デジタル写真ブログでは珍しい純黒で仕上げてみました。

この機械たち、昔は文明開化の担い手として、八面六臂の大活躍をしたのでしょうね。
今はもう動くこともなく、ゆっくりと余生を送っておりました。

この写真たち、ブログにアップするつもりでいたんですが、すっかり忘れておりました。
なんせ私、最近は加齢のせいでアルツ入ってますからねえ・・・先日、没山崩しをしていたときにサルベージしてきました。^^;
そんなわけで、唐突なんですが明治村写真、久しぶりに上げさせていただきます。^^

愛知県犬山市内山1 博物館明治村にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F2.8 (Model A09IIN)


心象風景写真 ブログランキングへ


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by blackfacesheep | 2015-12-22 05:00 | Still Life
2015年10月20日 志し高き先達
b0134829_035510.jpg




b0134829_041974.jpg




b0134829_045844.jpg




b0134829_051324.jpg




b0134829_055274.jpg




b0134829_0105240.jpg




b0134829_061157.jpg

トヨタ鞍ヶ池記念館の敷地には、先日ご紹介した「旧・豊田喜一郎邸」の他に、この「トヨタ創業展示室」もあります。
ここには、トヨタ創業期の年表や写真の展示、織機やトヨペットクラウン(RS型)、トヨダ・AA型乗用車などの車両や1/5車両模型が展示されています。
また創業期のシーンを再現したジオラマや、挙母工場のジオラマもとても興味深いです。

なかでも一番私が心を打たれるのは、トヨタ自動車の創業者、豊田喜一郎氏による下記の言葉です。

「ただ自動車を作るのではない。
日本人の頭と腕で、
日本に自動車工業を作らねばならない。」

何という志の高さでしょうか・・・

これぞ、ものづくり王国日本の礎となった大切な思想だと思います。
私はトヨタのシンパではないし、今所有している車もマツダとアウディですが、トヨタ自動車が日本の産業界で果たした貢献は素直に尊敬しています。

b0134829_063296.jpg

純国産技術による本格的乗用車としてデビューしたのは、この初代クラウンRS型でした。
今から60年前、創業からは18年たった1955年1月のことでした。
私が子供のころ、よく見かけた観音開きのクラウン・・・決してスマートではないですが、オリジナリティ溢れる威厳がありました。

うちの近所にも赤く錆びた初代トヨペット・クラウンが草むらで休んでおりますが、その存在感はいまだに端倪すべからざるものがあります。
「絶対に日本人の手で、優れた自動車を作るんだ!」と言う凄みのあるオーラを感じてしまうのです。

愛知県豊田市池田町南250番地 トヨタ鞍ヶ池記念館にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm F1.2


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-10-20 05:00 | Still Life
2015年9月18日 初秋の雑貨屋さんにて
b0134829_1813467.jpg




b0134829_181482.jpg




b0134829_18143299.jpg




b0134829_18255851.jpg




b0134829_18261781.jpg




b0134829_18145255.jpg




b0134829_18162919.jpg




b0134829_18171564.jpg

うちの近くの雑貨屋さん、"Sunday Mama カンパーニュ店"さんに行ってきました。
ここ、品ぞろえやディスプレイが素敵なので、新しい撮影機材を手に入れると試写させてもらいに行くんであります。

今回もお店の許可をいただいて、先日手に入れた新レンズ、Leica DG Summilux 25mm/F1.4でいっぱい撮ってきました。^^
このレンズは開放F値がF1.4と明るいので、こういう少々暗い場所でも撮りやすかったです。

お店の中には暖かそうな雰囲気の雑貨がいっぱいあって、とっても癒されました。
こういうお店に来ると、まだ気温は高くても、季節は確実に秋に向かっていることを実感させられます。
"Sunday Mama カンパーニュ店"さん、気持ちよく写真を撮らせていただき、本当にありがとうございました~♪

愛知県みよし市ひばりヶ丘2丁目1−5 Sunday Mama カンパーニュ店にて
Olympus Pen Lite E-PL6
Leica DG Summilux 25mm/F1.4 ASPH


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-09-18 05:00 | Still Life
2015年9月5日 カリテ・プリなメカニカル・ウォッチ
b0134829_18363215.jpg

久しぶりに腕時計を買いました。
視認性の良さを優先して、昔から黒文字盤に白文字のミリタリー風味な意匠が好きなんであります♪

b0134829_1836525.jpg

ムーブメントは今時珍しいメカニカル、「自動巻き」なんであります。
きょうびのクォーツ時計に比べると、精度は日差で数秒から数十秒ぐらいあるのどかさなんですが、その程度の精度があれば私の仕事には十分です。
それに、どうしても精度が必要な場合は、スマートフォンでチェックしますしね。^^;

私はかつて、機械式の時計が大好きでした。
電子の力を一切使わず、機械仕掛けだけで動く緻密さ、潔いじゃないですか・・・いまだにフルメカニカルのカメラは大好物です。
機械式時計のシンボル、スイープ運針のセコンド・・・クォーツ時計のカチカチ動く運針とまるで違うなめらかな動きは、見ているだけでうっとりしました♪

ひところはボーナスが出るたびにメカニカル・ウォッチを買ってましたから、いっぱい所有してましたねぇ。
ロレックスのGMTマスターII、IWCのパイロット・クロノグラフ、ジャガー・ルクルトのマスター・ジオグラフィーク、ゼニスのエル・プリメロ・クロノグラフ、ユリス・ナルダンのマリーン、ジラル・ペルゴーのクロノグラフなどなど・・・

でも、ほとんど売ってしまって、撮影機材に化けましたね。^^;
最後まで残していたブライトリング・モンブリランだけは、写真を残してあります。

機械式時計はクォーツに比べるとお値段が高いんですが、今回手に入れたモデルはとてもお値打ちでした。
世界に誇る日本の時計ブランド、SEIKO製の海外モデル、”SEIKO 5"シリーズの一つです。
世界ではまだバッテリーが手に入りにくい国々もあり、バッテリーの要らないフルメカニカル自動巻きは、結構人気があるらしいです。
このシリーズ、値段がめちゃくちゃに安いです・・・どれも10,000円以下です・・・ブライトリング・モンブリランの予算があれば、100本近く買えそうです。^^;

b0134829_18372213.jpg

ただ、さすがに値段が値段ですから、ガワはチープなステンレス製です・・・なので、ちょっとクロコダイル風味の革ベルトをおごってやりました。
バックルも、革ベルトでよく見かけるピンバックルではなく、ちょっとオサレなDバックル・タイプを選んでみました。
これもお値打ちでしたねえ・・・AMAZONで、工具付きで1,500円でした♪

b0134829_18373597.jpg

時計の本体が7,800円、革ベルトが1,500円、合計で9,300円なり・・・メカニカルウォッチでこの値段だったら、御の字なんであります♪
日本語で言えば「お値段以上」、「費用対効果が高い」、もしくは「コストパフォーマンスが高い」ってことになります。
あ、ちなみに「コストパフォーマンス」はれっきとした和製英語で、英語国民に言っても通じにくいです・・・言うなら"value for money"かな。

さて、この考え方を表現する一番かっちょいい言葉は・・・フランス語の"qualité prix"(カリテ・プリ)でしょうか。
料理・ワインなどの品質や満足度が,価格に見合うかそれ以上であることを言うそうです。
私は「カリテ・プリ」なものが、大好きなんであります♪

愛知県みよし市にて
Olympus Pen Lite E-PL6
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-09-05 05:00 | Still Life
2015年8月28日 同級生は「ねこのて」さん
b0134829_1382498.jpg

お~、とっても可愛らしい招き猫さん・・・茶虎と白、黒もいるみたいです。

b0134829_1254492.jpg

こちらはキジトラにゃんですね。^^

b0134829_1384967.jpg

ここには小判を持った猫さんたちが並んでおります。

b0134829_13101641.jpg

ここは・・・うちの近所にある猫雑貨屋さん、「ねこのて」さんなんであります。
車で5分の距離なんですが、なぜか今まで入ったことがありませんでした・・・猫、好きなのにね。^^;

b0134829_12565917.jpg

雑貨屋さんだけではなく、カフェもやっているんですね~♪

b0134829_12571053.jpg

カプチーノを頼んでみたら、こんな可愛らしいのがでてきました。
店長さんの力作なんであります。
実は先日・・・ここの店長さん、私の小学校・中学校時代の同級生だということが、発覚しました。
先日の43年ぶりの中学校同窓会の際に「私もみよし市に住んでるのよ♪」と言われて、「どこ?」と聞いたら「黒笹のねこのて♪」とのこと・・・
うぉぉぉ、のけぞりました~。^^v

b0134829_1257332.jpg

なぜなら、この「ねこのて」さん、私の猫好きな写真友達も訪問しているお店だからなんであります。
例えば、この上のノルウェイジャンフォレストキャット風味の長毛猫さんは、友達のいけみさんの撮った写真なんであります・・・店内に飾ってありました。
彼が大切にしていた愛猫カンちゃん・・・悲しいことに、数年前に交通事故で虹の橋の向こうに旅立ってしまいました。
でも、まさか、この「ねこのて」さんちで、カンちゃんに会えるとは・・・うう、うれしいよぉ♪
地域猫の保護管理をやっている方々には有名なお店のようで、「三好ネコの会」関連のお客さんも多いようです。

b0134829_1257495.jpg

猫グッズだけではなく、リアル猫さんもおります・・・こちらはお店の看板猫さん、むーちゃんです。
お休み中でしたが・・・

b0134829_1258677.jpg

愛想よく、わざわざ起きてくれました。
むーちゃん、ラピスラズリのように青い目が印象的・・・シャム、ヒマラヤン、ラグドール系かな、やんごとなき顔立ちなんであります。^^

b0134829_12582039.jpg

「ねこのて」さん、お店の前には、こんな招き猫さんがおりますので、見つけやすいと思います。

b0134829_12583491.jpg

目印はのどかな田舎道に面したログハウス・・・営業時間はこちらの通りです。
東名三好インターチェンジからすぐですので、猫好きの方で、こちら方面にお寄りの際には、ぜひお寄りください。^^

愛知県みよし市黒笹町唐沢38−2 「ねこのて」にて
Olympus Pen Lite E-PL6
Lumix G 20mm F1.7 ASPH
SIGMA 60mm F2.8 DN
[PR]
by blackfacesheep | 2015-08-28 05:00 | Still Life
2015年7月28日 誇り高きエンブレム
b0134829_1912464.jpg




b0134829_19132865.jpg




b0134829_1944484.jpg




b0134829_1945786.jpg




b0134829_1951650.jpg




b0134829_1953242.jpg




b0134829_1955466.jpg




b0134829_19133981.jpg

ずらりと並んだ世界の名車・・・それぞれのメーカーの顔とも言うべきエンブレム、どれも存在感ありますね~♪
上からフェラーリ、メルセデス・ベンツ、ジャギュア、シボレー・コルベット、アルファ・ロメオ、ランボルギーニ、ポルシェ、BMWです。

先日、トヨタ会館の地下でこれら世界の名車が展示されていたんであります。
トヨタ自動車が研究用に購入したものなのでしょうか・・・これだけまとめて見られるときはなかなかないので、つい撮ってしまいました。^^;
なお、下はそれぞれのクルマの広角レンズで撮った画像なんであります・・・こちらはB&Wでどうぞ~♪

b0134829_19202799.jpg




b0134829_19204230.jpg




b0134829_1921037.jpg




b0134829_19211645.jpg




b0134829_19213030.jpg




b0134829_19255947.jpg




b0134829_19221726.jpg




b0134829_19232849.jpg


愛知県豊田市トヨタ町1番地 トヨタ会館にて
Olympus Pen Lite E-PL6
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 (1~8枚目)
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0 (9~16枚目)


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-07-28 05:00 | Still Life
2015年7月15日 登り窯のある風景
b0134829_14445327.jpg




b0134829_14451116.jpg




b0134829_14452955.jpg




b0134829_14454871.jpg




b0134829_1446696.jpg

先日ご紹介したオーガニックな期間限定レストラン、「庭禾 NIWAKA」さんの敷地内で撮った残りカットです。
このお店、元はこんな登り窯のある製陶所だったそうです。
瀬戸市って、結構まだ秘境感のある場所が多いので、錆系が好きな人にとっては楽しい場所ですね♪

愛知県瀬戸市穴田町291 「庭禾 NIWAKA」にて
Olympus Pen Lite E-PL6
Lumix G 20mm F1.7 ASPH


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-07-15 05:00 | Still Life
2015年7月11日 曙御白龍様
b0134829_18503868.jpg


b0134829_18432560.jpg


b0134829_18461578.jpg


b0134829_1848722.jpg

私の卒業した小学校の近くにある「曙御白龍様」です。
白蛇さまなんですが、名古屋には古くから、水の神様として白蛇を白龍様として祀る信仰があったようですね。

先日、近くの北山中学校タッパーウェアエクスペリエンス名古屋の写真を撮りに行った際に立ち寄りました。
子供の頃は、大きく目を開けてみることができないぐらい、とーっても怖い存在でした。
さすがにアラカンともなると、冷静に写真を撮って来れるようになりましたが、それでもやはり、なんとなくおっかない存在でした。
ちなみに、Rolleiflexでも白黒写真を撮っております。

昭和34年に書かれた由緒書が置いてあったので、読んでみました・・・。
「曙大黒天、恵比寿天初め十躰御尊像 謹刻発願の由緒 当院に御鎮座し奉る御尊像の楠材はかつて熱田神宮に弘法大師さまが三七二十一日の御祈願をなされ其の時院内に七本の楠木として御手植されしその一本其の一本は熱田神宮の御神木と称せられ霊験灼かなる尊き・・・」

うう、ムズカシイ・・・もうこれ以上読めません、アメリカ人に日本語を教えているくせに情けない。^^;
私の貧弱な読解力を超越した深遠なお言葉が書いてあるんでしょうねえ、きっと。^^;
ちなみに、この白龍さまは江戸時代に作られた、という話を聞いたことがあります。

なお、この由緒書に出てくる「十躰御尊像」とは、ここの白い看板に書かれている神様たちのことなのでしょうか・・・
曙御白龍様、開運毘沙門天、曙大黒天、厄除薬師如来、恵比寿天、釈迦如来、秋葉三尺坊大権現、聖観世音菩薩、弘法大師、乳地蔵大菩薩、眼病守護日朝聖人、大日大聖不動明王・・・
あれ?12あります・・・これとは別物なのかもしれません。^^;

名古屋市昭和区曙町1丁目23 善巧院(曙御白龍様)にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm F1.2


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-07-11 05:00 | Still Life
2015年7月10日 街中の星条旗
b0134829_17351662.jpg




b0134829_17354019.jpg




b0134829_17365947.jpg

街角にはためく"Stars and Stripes"・・・アメリカの国旗、星条旗ですね。
私を含め多くの日本人は、星条旗を見ても近隣某国のように「戦争の悪夢が蘇る」などと、短絡的でヒステリックな条件反射はしません。

確かに無差別爆撃や原爆投下は、到底正当化しえないホロコーストに他ならないと思います。
でも、いったんサンフランシスコで講和条約を結んだ以上は、戦争のことを再び蒸し返すのは国際法違反です。
「過去」と言う亡霊に憑りつかれている暇があったら、もっと「未来」を見つめ、お互いに前進していくべきだと思うのですけど、ねえ。

閑話休題・・・この星条旗が掲げられていたのは、こんなHarley Davidsonでした。
「効率?それって美味しいの?」とでも言いたげな超デラックス仕様、"This is America!"とも言うべき強烈な存在感なんであります。^^;
これが街角に佇んでいると、猛烈に写欲をそそられますねえ♪

四輪でも二輪でも、日本車や欧州車は効率重視の生真面目な設計が多いと思いますが、アメリカは違う・・・
マッチョで巨大なピックアップ・トラックがベストセラーカーになる特殊なマーケットって、アメリカ合衆国だけじゃないでしょうか。^^

でもこういう独自の文化があっても良いと思います♪
ひとつの価値観だけしか認めず、他を圧殺するような考え方は独裁主義に通じます・・・多様性があるからこそ、素晴らしいと思います。^^v

名古屋市中区にて
Nikon D610
Ai Nikkor 85mm F1.4S


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-07-10 05:00 | Still Life
2015年7月9日 カラフルな52周年
b0134829_13134530.jpg




b0134829_13143947.jpg




b0134829_13145869.jpg




b0134829_13151892.jpg




b0134829_13154299.jpg




b0134829_14255799.jpg




b0134829_13164941.jpg

先日、母校の北山中学校の撮影に出かけた際に、近くにあるタッパーウェアエクスペリエンスセンター名古屋にも立ち寄ってきました。
ここ、私の卒業した中学校と小学校のちょうど中間に位置しております・・・つまり、このあたりはとても懐かしい場所なんであります♪

タッパーウェアと言えば、アメリカのプラスチック密封容器のメーカーですね。
日本では、「タッパー」とはプラスチック密封容器の代名詞のように使われ、味の素やカルピス、サロンパス同様、一般名詞化しましたね。
このタッパーウェアが日本に上陸したのは1963年の春・・・つまり、今年で52周年になるんであります。

実は私、このタッパーウェアとは縁が深いんであります。
私の母は、タッパーウェアが日本に上陸すると同時にそのデモンストレーターとなり、1986年に引退するまでの23年間、その販売代理店を続けておりました。
私も1982年から母を手伝うようになり、1987年からは日本タッパーウェア社の社員となり2007年まで勤務していました。
また私の義母もタッパーウェアの販売代理店を経営し、2011年に亡くなるまでそのデモンストレーターを続けていましたし、私の相方は今でもデモンストレーター資格を持っています。

このショールームに飾られた"52nd Anniversary"のロゴを見て、「そうか、もう52年周年なのか・・・」と感慨深く思ってしまいました。
52年前に比べると、日本人のライフスタイルも大きく変わり、タッパーウェアの商品ラインアップもずいぶん変わってきました。
1963年ごろの日本はまだ貧しく、タッパーウェアは「4つの節約」を訴求ポイントにしていました。
四つの節約・・・すなわち食品の節約、お金の節約、時間の節約、場所の節約です。
私が入社したころには、日本も豊かになっており、訴求ポイントは変わりつつありました。
「節約」だけではアピールできなくなり、新たに4K(経済性、健康、快適、環境)と言うキーワードをつくったのを覚えています。

かつて日本タッパーウェアは、ドイツ・アメリカに次ぐ世界第3位のセールスを誇っていたんですが、近年は新興国に比べて苦戦しているようです。
タッパーウェアの全盛期だった1960年代~80年代とは、日本のマーケットが成熟し、変化してきているからですね。
これは他の先進国でも同様で、2003年に英国からタッパーウェアが撤退するというニュースを読んで、ずいぶんと寂しい気分になりました。
日本上陸から半世紀が過ぎ、このあとどう変化していくのでしょうか・・・

b0134829_1427154.jpg

このエクスペリエンス・センター、名前の通りタッパーウェアを使ってもらいその良さを経験してもらう場所というポジショニングのようでした。
簡単なクッキング実習ができるようにキッチンを併設したショールームなのですね。
ショールームのディスプレイやカタログなどから判断すると、より若い世代をターゲットにしているようです。
戦略的には正しいと思うのですが、この曙町界隈を選ぶと言う戦術は、かつてこの地域に住んでいた原住民としてみれば不思議に思います・・・
私が子供の頃からあまり変化のない、昭和の薫り漂う街並みだし、若い人もいることはいるけど、ほとんど名工大の男子学生ですからねえ。^^;
でも、なんとかうまくいくように、OBとしては祈っております♪

名古屋市昭和区狭間町36番地 タッパーウェアエクスペリエンスセンター名古屋にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F2.8 (Model A09II)


人気ブログランキングへ
[PR]
by blackfacesheep | 2015-07-09 05:00 | Still Life