Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
<   2008年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧
2008年4月30日 フワフワ・WOW・WOW
平日とはいえ、この地域の大企業トヨタ自動車が休みに入っているため、街中もなんとなくお休みのような水曜日でした。朝から気温はぐんぐんと上がり、CAD学校を出てきた午後4時前でも、車の温度計は30度を越え、日差しのまぶしい午後となりました。

こんな日は、石川セリの「フワフワ・WOW・WOW」を聴きたくなってきます。
アレンジが何種類かあるようですが、1975年のアルバム、「ときどき私は・・・」のバージョンが一番好きですね。陽光まぶしい春のこの季節になると、このアルバムをBGMにして、ぶらっとドライブに行きたくなります。

フワフワ・WOW・WOW (作詞: みなみらんぼう 作・編曲: 樋口康雄)
  今朝はとても気分がいい
  空は青く 光がまぶしい
  手の届きそうな白い綿雲
  私はなぜかフワフワ・WOW・WOW
  ・・・・・

今日CAD学校帰りにぶらっとドライブに行ってきたのは、豊田市の鞍ヶ池公園でした。四季の古里は、このフワフワ・WOW・WOWのイメージにぴったりの花、ポピーの群生で有名です。もう明日から5月なので、ポピーはもう駄目かな・・・と思ったのですが、まだ結構咲き誇ってくれていました。また、デルフィニウム、チェリーセイジ、コーンフラワーなども咲き始めており、これからがいよいよ本番という感じでした。

b0134829_2155840.jpg


b0134829_20562410.jpg


b0134829_20571119.jpg


b0134829_20573375.jpg



愛知県豊田市鞍ヶ池公園にて
Pentax K200D
Tamron SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model272E)
[PR]
by blackfacesheep | 2008-04-30 21:10 | Flowers & Plants
2008年4月29日 早春再び・・・(岐阜県恵那市山岡町にて)
お昼を食べに来ないか、との誘いに乗って、山岡町の叔父の家に遊びに行ってきました。

山岡町は岐阜県の東南部、東濃地方の山間にあるのどかな山村です。かつては「岐阜県恵那郡山岡町」だったのですが、恵那市に合併されてしまいました。山岡町の一番の名物は寒天でしょうか。山間の地ですから冬の冷え込みは厳しく、氷点下15度ぐらいになる日はざらにあります。しかも降雪は少ないので、寒天作りには絶好の気候になっています。
4月の終わりとはいうものの、平地に比べると気温の低い山岡町ではまだ木蓮の花が咲いており、山桜もちょうど桜吹雪を散らしているところでした。

b0134829_18203158.jpg


b0134829_18205476.jpg


b0134829_18211146.jpg


ところで、今日はお土産をもらってきました。叔父は今はNikon, Canonユーザーですが、かつてはペンタックス・ユーザーでした。Pentax K200Dを買った、と言ったら、「使ってみたら?」と出してきてくれたのが下記の品物です。

- Asahi Opt.Co, Auto-Takumar 105mm/F2.8
- SMC Pentax-M 200mm/F4
- Asahi Opt.Co. 接写リング#1,2,3

SMC Pentax-M 200mm/F4で撮影したのが、この上の紫木蓮のアップです。Kマウントですから、そのまま撮影できました。30年ぐらい前のレンズで、内部の埃も結構目立ってましたが、ボケも素直でシャープに写ります。古いレンズなのに、パープル・フリンジもほとんどありません。Tamron70-300/F4-5.6を持っていますが、200mm限定で言えば、それより良い写りです。さすが腐っても単焦点レンズです。

もう一本のAuto-Takumar 105mm/F2.8はM42マウントなので、そのまま使えません。KマウントとM42の変換リングが必要なので、そのうち試してみたいと思います。ヘリコイドのグリスが切れていてかなりやばそうです。また、接写リングもM42でした。
KマウントボディのPentax KMもありましたが、ちょっと状態が良くなかったので、、、。これは遠慮しました。

昼ごはんだけでなく、収穫の大きな山岡町訪問となり、満足して帰ってきました。

b0134829_18133988.jpg



岐阜県恵那市山岡町にて
Pentax K200D
Tamron SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II (Model 16)
SMC Pentax-M 1:4 200mm
[PR]
by blackfacesheep | 2008-04-29 19:54 | Japanese Landscapes
2008年4月28日 岩津天満宮
今日はGW連休の谷間、CAD学校は一応「学校」ですからお休みではありません。
でも、トヨタ自動車が大きな連休に入ったため、通学途上の豊田市内は嘘のように空いていました。

同じクラスの生徒仲間の方が、私のフォトログを見てくださったようで、お昼休みのときに話をしていたら、「この学校の近くには、奥殿陣屋とか岩津天満宮とか、写真を撮るなら最適な場所がありますよ!」と教えてくれました。ありがたや、そりゃ貴重な情報、休憩中に早速Googleで検索してみました。一番近い奥殿陣屋は、学校から1kmぐらいしか離れていないようです。根性出せば、お昼休みに歩いて往復できそうな場所です。残念ながら、月曜日は定休日でした。

授業後、二番目に近い岩津天満宮に出かけてみました。三菱自動車教育センターから国道248号線に出て、岡崎方面に5分ほど走り、天神橋東の交差点を東に入って細い道をしばらく走ると、岩津天満宮に到着です。
菅原道真公ゆかりの天神さまだけあって、ここの梅園はとても有名で、梅の季節であり受験の季節である2月ごろになると、大変な人出だそうです。しかし、ゴールデンウィークのはざまとなる今日は、参拝客はほとんどいませんでした。ゆっくりと参拝し、6月のCAD利用技術者試験の合格祈願をしてきました。

天神信仰の中でも、天神さまと牛とは切っても切れないものがあるそうで、古くより様々な縁起・伝承があるようです。ここの天満宮にも立派な牛の石像が横たわっていました。また道真公ゆかりの梅は、もうすでに色づき始めた実をつけていました。また受験が終わったあとのお礼の絵馬などもたくさんぶら下がっていました。

b0134829_17534768.jpg


b0134829_1754521.jpg


b0134829_17542414.jpg


b0134829_17544045.jpg


b0134829_17545878.jpg



岡崎市岩津天満宮にて
Pentax K200D
Tamron SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II (Model 16)
[PR]
by blackfacesheep | 2008-04-28 18:09 | Japanese Landscapes
2008年4月27日 週末の豊田市駅
久しぶりに豊田市の中央図書館に行ってきました。
この中央図書館は、名鉄豊田市駅を東口に出てすぐのところにある複合ビル、参合館の3階から7階を占めています。蔵書数は、図書が83万3千冊 雑誌が1,360誌(平成18年4月1日現在)、そして席数は約600と、本格的な図書館です。豊田市民だけでなく、隣接する市町村の住民でも、本を借りることができるので、よく利用しています。

中央図書館に出かけるときは、食事も近くの食堂で済ませてしまうことが多く、今日は参合館の隣の複合商業施設、Como Squareの中にあるHARIHARIで和食を食べてきました。結構本格的な懐石風のランチが、1,500円で人気があります。豊田市で和食というと、木曽路に行くこともありますが、HARIHARIの方がちょっとおしゃれでしょうか。三好町にはあまりよいレストランがないので、外食は豊田市まで出ることが多いです。


b0134829_20393674.jpg

豊田市駅にそびえる商業施設T-Faceと、その1階にあるCity Plazaのアーチです。


b0134829_20414972.jpg

豊田唯一の百貨店、松坂屋への豊田市駅からのアプローチです。


b0134829_20421453.jpg

和食のお店、HARIHARIの店先です。


b0134829_210552.jpg

これが本日のランチでした。デザートとコーヒーも付いてます。


b0134829_20423370.jpg

中央図書館のホワイエから見た参合館のエントランスです。


b0134829_20425637.jpg

中央図書館入り口の彫刻です。


豊田市名鉄豊田市駅、Como Square、および中央図書館にて
Pentax K200D
Tamron SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II (Model 16)
[PR]
by blackfacesheep | 2008-04-27 21:08 | Japanese Landscapes
2008年4月26日 丸栄スカイル中古カメラ市、大曽根マイスタイル
今日の午後は、久しぶりに弟のXylocopalと一緒に過ごしました。
一時過ぎに彼をアクセラで迎えに行き向かった先は、栄町の丸栄スカイルで開催中の中古カメラ市です。興味津々、初めての参加です。

ストラップのいいものがあればなあ、と思っていたのですが、残念ながら、これというものはありませんでした。後日、Xylocopalお勧めのTamracを買うことにしました。
レンズも先日SMC Pentax-M 50mm/F1.4を手に入れてしまいましたので、似たようなレンズを買うのもどうかなあ、と思って今回はパスです。結局、50mm/F1.4のプロテクト・フィルターとして49mmのKenko製UVフィルター(¥500)、ラバー・フード(¥100)を買っただけでした。

b0134829_2114218.jpg


b0134829_21144544.jpg


b0134829_21152470.jpg


中古カメラ市から帰る途中に、喉が渇いたので、コーヒーでも飲みにいこみゃーか、ということになりました。美味しくて落ち着ける場所・・・ということで、大曽根のJazz Bar & Cafe "my Style"を目指すことにしました。今日の午後は正規の営業時間ではなかったのですが、XylocopalがAngeさんに電話して無理矢理開けてもらいました。良い子は真似をしないように。^^
久しぶりに名古屋市内を走るので、少々迷いましたが、瀬戸線の高架を目印にして無事に到着です。久しぶりの訪問ですが、相変わらず落ち着ける時間の流れる場所でした。

b0134829_2116240.jpg


b0134829_21163043.jpg


b0134829_21165467.jpg


b0134829_21171331.jpg


名古屋市中区丸栄スカイル、名古屋市東区大曽根 Jazz Bar & Cafe "my Style"にて
Pentax K200D
Tamron SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II (Model 16)
Pentax FA31mm F1.8 AL Limited
[PR]
by blackfacesheep | 2008-04-26 21:21 | Japanese Landscapes
2008年4月25日 百日紅の新芽
CAD学校の下校の際、校舎の入り口にある百日紅の木が新芽をつけているのに気がつきました。今まで裸だった枝に、緑の濃い葉がぞわぞわと芽吹いています。
「あ、これは撮らなくては・・・」と、K200Dを取り出したとき、付いていたレンズは先日オークションで落としたSMC Pentax-M 50mm/F1.4でした。うーむ、FA31mm持って来ればよかったんだが・・・。

このレンズ、ただでさえ逆光に弱いのに、まだフードも買ってあげておらず、太陽を入れて試し撮りしてみたら、案の定フレアが出まくり、もやもやになってしまいました。こりゃいかんと、太陽を避けて撮り直しましたが、K200Dのモニターで見る限り、あんまりよさげな画像ではありませんでした。家に帰ってきて、あまり期待せずにSILKYPIX Developer Studio 3.0で現像してみたら、案外まともじゃん。^^
30年前のレンズの実力、侮れません。

ところで、今日からモニターをEizoのFlexScan S1721に変えました。今までのノートPC、IBM ThinkPad 60eで現像したものとは仕上がりが違うかもしれません。

b0134829_238396.jpg


このレンズ、Kマウントではありますが、電子接点はなく、AFもAEも使えません。でも、K200Dでこの手のレンズを使うのはとても簡単です。

- まず、レンズをボディに取り付けると、焦点距離を聞いてくるので50mmと入力します。これは手ぶれ補正を最適化するための儀式です。
- 次に、撮影モードはマニュアルに設定します。
- そして、ピント合わせ。ヘリコイドを手で回していき、合焦すると、AF同様ファインダー内にマークが点灯します。「ピピッ」と音でも知らせてくれます。
- そして、シャッターボタンの右側にあるグリーン・ボタンを一押しします。瞬間的に絞り込まれて、現在の絞り値に最適なシャッタースピードに設定されます。
- アンダー気味にしたかったら、シャッタースピードを早くし、オーバー気味にしたかったらその逆です。プレビューボタンを右に回せば、適正露出からの補正量が表示されます。
- 以上がKマウント非AE/AFレンズ撮影のお作法ですが、M42マウントの場合も同じでしょう。

さて、明日は丸栄のジャンクカメラ市、じゃなかった、中古カメラ市。どんなお宝に会えるか、ちょっと楽しみです。


愛知県岡崎市 三菱自動車教育センターにて
Pentax K200D
SMC Pentax-M 50mm/F1.4
[PR]
by blackfacesheep | 2008-04-25 23:24 | Flowers & Plants
2008年4月24日 Bears in a rainy day
先週末以来の好天もちょっと中休み、今日は朝から本格的な雨の一日となりました。
こういう日は、室内撮影になってしまいますね。Pentax K200Dのボディは、このクラスにしては珍しい防塵・防滴仕様になっていますが、悲しいかな、防塵・防滴のレンズを持っていないのです。「円筒形をしているレンズは、存外雨にあたっても中には浸水しないのであーる、だから少しぐらいの雨だったら問題ないのであーる。」という勇気あるご意見もあるようなのですが、この意見を鵜呑みにして雨の中に出るほど、私も若くはありません。^^

今日の被写体は2匹のテディ・ベア。
おフランスの某有名ブランドのリボンをしていますが、ブランド・ベアではありません。妻が手作りしたものです。一応モヘアはドイツ製なんだそうです。ふわふわ・もこもこしたものって、なぜかかわゆくて好きなんです。

b0134829_1973897.jpg


b0134829_18521888.jpg


愛知県 三好町にて
Pentax K200D
Pentax FA31mm F1.8 AL Limited
[PR]
by blackfacesheep | 2008-04-24 19:08 | Still Life
2008年4月23日 自動車都市の駅前
名鉄豊田市駅前です。我が家から一番近い都会です。

豊田市は言うまでもなく、トヨタ自動車の企業城下町です。産業別就業人口割合で言うと、製造業が45.5%を占め、トヨタ自動車およびその関連会社、下請会社に就業している人が圧倒的に多い市で、愛知県内でも人口増加の大きな市の一つです。
2005年4月1日の平成の大合併では、周辺6町村(西加茂郡藤岡町・小原村、東加茂郡足助町・下山村・旭町・稲武町)を編入し、とうとう人口が40万人の大台を突破しました。

この名鉄豊田市駅が、この中核都市の玄関口です。かつてに比べると、ずいぶんとにぎやかになってきました。バブル崩壊のあおりを食らってそごう百貨店が撤退したときは、またこれで豊田市駅前が寂れる、と心配したものですが、愛知万博に伴う順調な経済発展に助けられ、再び活況を呈してきたようです。
名古屋の老舗、松坂屋がそごうの跡に出店し、その他の商業施設の増加や、トヨタ・キャッスルホテルの移転、参号館の完成などで、中核都市らしい雰囲気にはなってきました。とは言っても、ウィークデーの昼間は人も少なく閑散としたものです。

b0134829_2005970.jpg


b0134829_2003690.jpg


b0134829_2013151.jpg


愛知県豊田市にて
Pentax K200D
Tamron SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II (Model 16)
[PR]
by blackfacesheep | 2008-04-23 20:04 | Japanese Landscapes
2008年4月22日 Continue Stone
私の住んでいる三好町には、たくさんの屋外彫刻があります。
三好町では、平成元年から、「アートヒル三好ケ丘彫刻フェスタ」として、毎年1回の公募展を開催し、全国から応募されてきた模型作品の中から数点の入選作品を選び、その入選者に実作品の制作を依頼してきました。平成15年度までの過去15回の開催で、延べ2,273人の方から2,695点もの応募があり、その入選作品70体が町内の公園や緑地、小中学校など各所に設置されています。

私の家の隣にある桜公園にも3つの作品が展示されています。下記はその一つ、Continue Stoneです。1990年度のグランプリ受賞作品で、池上奨氏による石の彫刻です。
その製作意図は、「石の凝縮されたエネルギーにぶつかっていくことにより、何か新しい価値を発見することができる。その造形的発見に新しい芸術的要因を附加していくことによってより具体的に永く関わり続けることで、自己にとっての彫刻の素材としての石の存在が明確になる。」とのことです。

b0134829_20574436.jpg


b0134829_20581457.jpg


b0134829_2058389.jpg


b0134829_2059635.jpg


b0134829_20162646.jpg


愛知県西加茂郡三好町にて
Pentax K200D
Tamron SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II (Model 16)
Tamron AF 70-300mm F/4-5.6 Di (Model 17)
[PR]
by blackfacesheep | 2008-04-22 21:04 | Sculpture
2008年4月21日 ボケが本職 - Tamron 90mm/F2.8 Macro (Model 272E)
Tamronの名玉、90mm/F2.8 Macro (Model 272E)を手に入れました。
昨日、名古屋駅に行った際にもテスト撮影をしましたが、これはどちらかといえば中望遠としてのテストでした。
今日はもう少し本来の姿、マクロ・レンズ的な撮影してみました。マクロ的、というのは、手持ちで撮影したからです。撮影距離は中途半端です。マクロらしい撮影は、やはり三脚をしっかり立てて、ぎんぎんに寄らないと・・・^^

このレンズは、タムロンを代表するレンズとなっています。その歴史は古く、1979年にその原型が発表されて以来、ずっと地道な改良を重ねて、現行モデルで5代目となりました。
マクロレンズですから、解像力の良さ、光学歪の少なさ、ボケの美しさは天下一品です。ドイツのレンズ評価サイト、Photozoneでも「特撰」-"Highly Recommended"の評価でした。プロの写真家も、マクロだけはこのタムロン90mmを使用している人が多いらしいです。

b0134829_20464035.jpg


b0134829_20314921.jpg


b0134829_2032486.jpg


「とろけるようなボケ」とは、まさしくこのレンズのためにある言葉のような気がします。ペンタックスのFA31mm F1.8 AL Limitedのボケも吸い込まれるように魅力的なのですが、焦点距離が長い分だけ、Tamron 90mm /F1.8のボケはより見事で、ボケの本職といった感じです。

このレンズ、マクロとして優秀なだけでなく、「明るい中望遠」としても魅力的です。
Tamronの格安望遠ズーム、70-300/F4-5.6を持っているのですが、暗いし、派手にパープルフリンジが発生します。どうしても長い焦点距離が必要な場合は、このレンズを使わざるを得ないのですが、日常的には、「そこそこの望遠が効いて、そこそこ明るくて、そこそこ描写のきれいなレンズの方が使いやすそう・・・」、と考えて白羽の矢を立てたのが、このTamron 90mm/F2.8でした。

ペンタックスにはFA77mm / F1.8 Limitedという魅力的な中望遠レンズがあって、そのボケはもはや悪魔的と言っていいぐらいの妖しさがあり、いつかは欲しいレンズではあります。でも、先日思い切ってFA31mm F1.8 Al Limitedを手に入れたばかりなので、はっきり言って金欠です。^^
とりあえず無理はせずに、Tamron 90/F1.8でしっかり楽しむつもりです。


愛知県西加茂郡三好町にて
Pentax K200D
Tamron SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model272E)
[PR]
by blackfacesheep | 2008-04-21 20:47 | Flowers & Plants