Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
<   2009年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧
2009年4月30日 Spring Flowers In Black & White
b0134829_043067.jpg


b0134829_0431573.jpg


b0134829_0433846.jpg


春はカラフルな花の季節・・・
でも、時にはモノクロームな花もいいかな、って思ってます。
皆様の想像力で、好きなカラーに染め上げてやってください。^^

なお、600x900サイズの画をFlickrに置いてあります。

愛知県西加茂郡三好町三好ヶ丘にて
Pentax P30T
Pentax FA77mm/F1.8 Limited
Ilford XP2 Super 400
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by blackfacesheep | 2009-04-30 00:47 | Flowers & Plants
2009年4月29日 イタリア生まれのソラリス
b0134829_028547.jpg女子カメラ系フォトグラファー御用達フィルムとして、ソラリスと言うカラー・ネガ・フィルムが人気があります。

このフィルムは、イタリアのFerrania社から出しているフィルムで、どこか懐かしいような独特の色合いと、粒子の目立つザラッとしたレトロな雰囲気に特徴があります。

そのため、ホルガやロモなどを使ってゆるーいガーリー系の写真を撮るには最適のフィルムのようです。

また、普通のカメラショップで売っているのを見たことがありません。その代わり、トイカメラを売っているような舶来雑貨屋さんで見かけることの多い、不思議なフィルムです。

Ferrania社は、イタリアで1923年に誕生した伝統のある写真機材メーカーで、自社ブランドのフィルムだけでなく、OEM製造でも豊富な実績を持ち、数多くのブランドへフィルムを提供していることでも有名です。
確か、アグファの一部のフィルムもフェラニア社で作っていたのではないでしょうか・・・。

このフィルム、ISO感度は100、200、400、800と4種類あります。
ISO100は淡いレトロな雰囲気、ISO200はやや黄色みを帯びた青でコントラスト弱め ISO400は明るめの独特な青でコントラスト強め、ISO800は青が濃い雰囲気でコントラスト強め、ということのようです。

先日、ISO200、400、800をもらいましたので、早速200と800を使ってみました。

Pentax K200D, Pentax FA43mm/F1.9 Limited


まずはソラリス200から。
確かに不思議な発色ですが、プラナー50mmを使って真面目に撮りましたので、トイカメラのような写りにはなっていない・・・あ、なってるかな、やだなあ・・・^^;
●使用機材: Pentax MZ-3, Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
b0134829_1324560.jpg

b0134829_0321634.jpg

b0134829_053238.jpg


次はソラリス800です。
200に比べるとかなり粒子は目立ち、コントラストも強めです。でも、このノスタルジックな雰囲気はなかなか悪くありません。
●使用機材: Pentax P30T, Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK(1枚目,3枚目), Pentax FA31mm/F1.8 AL Limited(2枚目)
b0134829_0451589.jpg

b0134829_0453335.jpg

b0134829_0454923.jpg


ソラリス、200にしても800にしても、富士やコダックのネガ・フィルムとはかなり違った個性を持ったフィルムのようです。
まだソラリス400が残っているので、ゴールデン・ウィーク中に、その特徴である「明るめの独特の青」を生かすような被写体を、ぜひ撮ってみようと思っています。^^v


「JAZZ INN PAPA'Zでランチ・オフ!」のお知らせ
先日、ブログで紹介させていただいた、岐阜県多治見市のイタリアン・レストラン、"Jazz Inn Papa'z"でランチ・オフをすることになりました。
ここのスペシャル・ピザ・オーブン、別名「機関車トーマス君」で焼いたピザは絶品ですよ。^^v
また、レトロな雰囲気の横溢する「多治見オリベ・ストリート」の撮影会も行う予定です。骨董屋さんやレトロなカフェがたくさんありますよ。

参加ご希望の方、コメント欄にご記入ください。

●日時: 2009年5月1日(金曜日) 午前11時半~
●場所: 多治見市 Jazz Inn Papa'z (JR多治見駅から歩いて20分弱です。)
[PR]
by blackfacesheep | 2009-04-29 01:34 | Hardware
2009年4月28日 My Students
季節はもうゴールデン・ウィーク・・・
私の日本語の生徒たちも、先週末からこの月曜日にかけて、全員海外旅行に出かけてしまいました。先生、商売あがったりです。^^;

Kちゃんとご主人のM君はグアムへ、B君とBちゃんは実家のアメリカ・インディアナへ、S君はイタリアへ、もう一人のM君はフィリピンへ、J君は奥さんの待つアメリカ・ケンタッキーへ、Lちゃんはベトナムへ・・・

アメリカ人って、ホリデイになるとどっか行かないと気がすまない人種ですねえ。
お盆にもみんないなくなるのはみえみえなので、負けちゃおれんと(って、勝負することではないのですが・・・^^;)、先生もお盆にはヨーロッパに出かけることにしました。
すでにNGO-CDGは押さえましたが、そこから先はまだ未定です。多分また英国、もしくはお隣のアイルランドあたりかな・・・。

すでにLちゃんやKちゃん、S君はブログでもご紹介済みですが、8人の生徒のポートレート、一挙大公開です。
Thanks a lot everyone, for having been a my model!
あ、生徒がいなくなって暇な先生もセルフタイマーで撮ってみました。^^;

みんな、一生懸命遊んで来いよ~。帰ってきたらしごいてやるからな~。^^v


Ms. K
Asahi Pentax 6x7, SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4, Neopan 400 Presto
b0134829_0275999.jpg


Mr. B & Ms. B
Bessaflex, SMC Takumar 55mm/F1.8, Ilford XP2 Super 400
b0134829_0295587.jpg


Mr. S
Bessaflex, Schneider-Kreuznach Xenon 50mm F1.9, Ilford XP2 Super 400
b0134829_0304688.jpg


Mr. M
B, Bessaflex, SMC Takumar 55mm/F1.8, Ilford XP2 Super 400
b0134829_0463634.jpg


Mr. M
Asahi Pentax 6x7, SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4, Neopan 400 Presto
b0134829_0331815.jpg


Mr. J
Bessaflex, SMC Takumar 55mm/F1.8, Ilford XP2 Super 400
b0134829_0344185.jpg


Ms. L
Asahi Pentax 6x7, SMC Takumar 6x7 105mm/F2.4, Neopan 400 Presto
b0134829_049889.jpg


An Idling Tutor
Pentax P30T, Pentax FA77mm/F1.8 Limited, Ilford XP2 Super 400
b0134829_3322081.jpg

[PR]
by blackfacesheep | 2009-04-28 01:21 | Portraits
2009年4月27日 Apollinair Cafe At Night
b0134829_23365039.jpg


b0134829_073926.jpg


b0134829_23365531.jpg


b0134829_23365920.jpg


ゴールデンウィークだと言うのに、今日は冬が戻ってきてしまいました。こんな寒い日には、ショコラ・ショーが飲みたくなります・・・。

お気に入りのアポリネール・カフェ、夜になると一段とヨーロッパのカフェっぽくなります。冬の間は、よくここのショコラ・ショーを飲みに行きました。

なお、800x1200サイズの画をFlickrに置いてあります。

名古屋市千種区新池町2丁目 "Apollinare Cafe"にて
Pentax K200D
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (1枚目~3枚目)
Pentax FA31mm/F1.8 AL Limited (4枚目)
[PR]
by blackfacesheep | 2009-04-27 00:00 | Foods & Dining
2009年4月26日 The Central Park In Black & White
b0134829_9593768.jpg


b0134829_100797.jpg


b0134829_1002848.jpg


b0134829_100471.jpg


名古屋の栄町のランドマーク、TV塔近辺です。

去年の8月まで、ここには「マ・メゾン」というオープン・カフェがあって、オフ会をするにはとても便利な場所でした。
なにしろTV塔の麓ですから、場所を説明するのが楽チンでした。^^
また、オープン・カフェでしたから、オフ会しながら、「あ、ちょっと写真撮ってくるわ・・・」とか「トップ・カメラに行ってフィルム買ってくるわ・・・」とか、出たり入ったり自由自在・・・

良いカフェだったなあ、マ・メゾン。

名古屋市中区錦3丁目 セントラルパークにて
Pentax MZ-3
Pentax FA31mm/F1.8 AL Limited (1枚目)
Pentax FA43mm/F1.9 Limited (2枚目~4枚目)
Ilford XP2 Super 400
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by blackfacesheep | 2009-04-26 10:09 | Japanese Landscapes
2009年4月25日 April Twilight
b0134829_0135595.jpg


ずいぶん日が長くなってきました。午後6時半を過ぎても、まだ薄暮が残っています。
オウマガトキ(逢魔ヶ時)と呼ばれるこの時間帯の雰囲気、大好きです。

女子カメラ御用達フィルムと言われているソラリス800で撮ってみました。
トイカメラ系の味わいと言うことなんですが、同じ暖色系でもコダックのフィルムとは異なる不思議な雰囲気の色合いですね。

なお、600x900サイズの画をFlickrに置いてあります。


b0134829_0185185.jpgなお、この写真は、先日入手したPentax P30Tで撮影しました。

Kマウントのフィルム・カメラ、MXとMZ-3と2台持っていますが、どちらも問題ありです。

MXの方は露出計が半分死んでます。
LED表示の露出計なんですが、一段以上オーバー・アンダーを示す赤LEDが上端・下端に常時点灯しています。

適正露出は緑LED、半段オーバー・アンダーはオレンジ色LEDで緑LEDの上下に表示されるのですが、これらは非常にしばしば、全く点灯しなくなります。

しょうがないので、MXで撮るときは、時々見えるLEDで大体の露出を頭に入れておき、調子が悪くなると、「さっきよりちょっと明るいから一段落とそう・・・」とか、「曇ってきたなあ、一段あけよう・・・」とか、体感でやるわけです。
まあ、135判ではネガ・フィルムしか使いませんから、そのラチチュードを考えれば、ほとんどこれでも問題ないんですけどね。

MZ-3はものすごい電池食いという問題があります。
36枚撮りフィルムを3本ほど撮影すると、バッテリーがなくなります。

他の人に聞くと、「MZ-3、電池なんていつ入れたか覚えがない・・・」というぐらい長持ちするらしいんですが、私のMZ-3はどこぞで、暗電流でも垂れ流しになってるんでしょうか・・・

まあ、充電式のCR2使ってますから、使う前に充電しておけば良いだけなんですけど、結構それが面倒なんです。

そんなわけで、「あてになる露出計を持っていて、電池を食わないMF・手巻き」のKマウント・モデルをずっと探していました。


b0134829_1271332.jpgしかも私は、シャッター・ダイヤルが付いていないモデルは、生理的に受け付けません。ボタン、やなんです。

ME SuperとかSuper Aはシャッター・スピードをボタンで変更するタイプなので、電源を入れてみないと現在のシャッタースピードがわからない・・・フラストレーションがたまってしまいます。

だから、私の所有しているフィルム・カメラ、MX、MZ-3、Bessaflex、ばけぺん・・・これらは全て軍艦部にシャッター・ダイヤルがあります。

こう書いてくると、「ははあ、LXを買うための言い訳をしてるのか・・・」と思うかもしれません。
ところがぎっちょん、LXに逝きたくとも先立つものに縁ががない・・・結局、P30Tというモデルに行き着きました。

Pentax P30T、長年のペンタックス・ファンでも知らない人が多い、とてもレアなモデルです。一眼レフがAF化され始めた頃に発売された、ペンタックス最後のMF専用カメラです。

「安っぽくて悪かったよなあ、けっ、どうせおいらはプラスチック丸出しだかんなっ。」という開き直った外観は、高級感など全く感じさせません。
金属製カメラ、例えばPentax LXなどが発散する「所有するヨロコビ」とは、何万年光年もへだったところにある実用一点張りのカメラです。

ところが実際に使ってみると、これが実に使いやすい・・・
シャッター・スピードをAに合わせておけば絞り優先AEで使えます。また、Aマークが絞り環にあるレンズなら、絞りとシャッター・スピードの両方をAに合わせておけば、プログラムAEとして使えます。MZ-3と同じですね。

さらに、このシャッター・スピード・ダイヤルが出色のできです。
Aからストロボ・シンクロの1/100秒まで、右手人差し指だけで調節できます。MXのようなタイプだと親指と人差し指を使う必要がありますが、P30Tのシャッター・ダイヤルは、右手人差し指だけでクルクルと回せます。これが実に快適です。
ファインダー内も、適正シャッター・スピードが常に点滅しているので、そこからどれだけアンダー・オーバーかが一目で確認でき、私のように、「絞り優先のマニュアル露出」で使う人間には最適なインターフェースです。

また、絞込みボタンもペンタックス伝統の右手人差し指の位置にありますし、左手親指の位置には、メモリー・ロックまで付いています。
また、DXコードに対応しているのでフィルムの感度設定も自動です。

またしゃらくさいことに「イージーローディング機構」を採用しており、規定位置までフィルムを引き出しそのまま裏蓋を閉じ、そのままレバーにて巻き上げ操作を行うことによってスプールにフィルムが巻き取られるようになっています。
ワインダー付きのMZ-3は、当然このイージー・ローディングですが、手動巻上げのカメラでイージー・ローディングとは珍しいです。

早速、カール・ツァイス・プラナー50mmを付け、ソラリス800を入れて試写してみましたが、露出もフィルム給装も全く問題はありませんでした。

このPentax P30T、Pentax-A Zoom 28-80mm/F3.5-4.5というズーム・レンズ付きで3,100円で落札・・・
かなりお買い得だったのではないでしょうか。


愛知県豊田市宮口町にて
Pentax P30T (1枚目)
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
Ferrania Solaris 800
Scanned by Epson GT-X770

Pentax K200D
Tamron SP AF 90mm/F2.8 Macro (2枚目~3枚目)
[PR]
by blackfacesheep | 2009-04-25 01:53 | Lights & Shadows
2009年4月24日 An Afternoon In A Jazz Bar
b0134829_1011114.jpg


b0134829_10114574.jpg


b0134829_10112549.jpg


b0134829_10122323.jpg


b0134829_10124342.jpg


b0134829_1012593.jpg


露出計のあてにならない私のPentax MX、こういう光量があまり変わらない場所では、モノクロ・フィルムのラチチュードにおんぶにだっこ、露出決め打ちで撮ります。

イルフォードXP2で、微粒子・広階調で撮りたかったので、オーバー目の露出に心がけました。
絞りは全てF1.4開放、シャッター・スピードは、明るい場所では1/30秒、暗いところでは1/15秒・・・
後はフレーミングとフォーカシングに集中するだけでよいですから、かえって撮りやすかったです。^^v

しかしモノクロ・フィルムのラチチュードってのはすごいですね。
2枚目、暗い室内と明るい戸外の両方にちゃんと階調が残っていて、「さすがフィルム!」って思いました。^^

また、3枚目、ジャック・ダニエルのボトルが空中に浮かんでいますが、これはランプ・シェードなんですね。
背景の本とかなり輝度差がありますが、なんとかフィルムだと写せてしまいます。

なお、600x900サイズの画がFlickrに置いてあります。

名古屋市東区大曽根 Jazz Bar & Cafe "my Style"にて
Pentax MX
SMC Pentax-M 50mm/F1.4
Ilford XP2 Super 400
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by blackfacesheep | 2009-04-24 10:15 | Still Life
2009年4月23日 Great Italian Chefs
b0134829_23412816.jpg


b0134829_23384299.jpg


私のお気に入りのイタリアン・レストランのシェフさんのポートレートを撮らせていただきました。

私の大学時代のクラブのM先輩とその奥様です。
M先輩、当時はジム・ホールを思わせる渋いギタリストでしたが、今はイタリア料理のシェフさんになりました。
奥様と一緒に作ってくださるイタリアン、いつもとても美味しく、値段もとてもお値打ちです。

M先輩の右横にあるオーブン、最近導入されたばかりの新兵器です。
「我が家の機関車トーマス君」「我が家の鉄人28号」とも呼ばれていますが、実に道具としての存在感に溢れた素晴らしいオーブンです。
これで焼かれるピザはもう最高、クリスピーなのにもっちりとした食感で、まさしく絶品の味わいです。
どのピザも美味しいですが、「4種類のチーズ」をトッピングしたピザが私のお気に入りです。^^v

このレストランの写真、今までデジタルでも何度も撮っていますが、今回はフィルムで撮ってみました。使ったフィルムはKodak BW 400 CN、街ラボで30分現像できる便利なモノクロ・フィルムです。

このフィルム、少々コントラスト・階調が固めで今まであまり良い印象を持っていなかったのですが、オーバー目に露出してやるとかなり軟調になって悪くありません。^^

b0134829_23381680.jpg


b0134829_2339597.jpg


b0134829_23393243.jpg


MZ-3、デジタルのK200Dと違って手ぶれ補正が付いていないので、シャッターを切るときは、常に裂帛の気合をこめて^^;・・・というのは冗談ですが、いつもよりホールドをしっかりして撮りました。

場所によってはかなり暗くて、77mmの焦点距離で絞り開放、1/15秒はしんどかったですが、なんとか写し止めることができて良かったです。^^v

なお、ばけぺんによるおまけも、一枚出しておきますね。^^中判ならではの、さすがのDOF(Depth Of Field、被写界深度)でした。Flickrに840x1035サイズの画を置いてあります。

b0134829_2340288.jpg


"Jazz Inn Papa'z"にて
(1枚目~5枚目)
Pentax MZ-3
Pentax FA77mm/F1.8 Limited
Kodak BW 400 CN

(6枚目)
Asahi Pentax 6x7
SMC Takumar 6x7 150mm/F2.8
Fujichrome Provia 100F (RDPIII)

Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by blackfacesheep | 2009-04-23 00:17 | Portraits
2009年4月22日 Portraits In An Old Cafe
b0134829_13381914.jpg


b0134829_13384038.jpg


b0134829_1339220.jpg


b0134829_13392777.jpg


昨日に引き続きYさんのポートレートですが、今回はばけぺん・カラー・バージョンです。
風の強い日でしたが、Yちゃん、がんばって耐えてくれてありがとうございました。^^

カラー・フィルム、135判ではネガしか使わないのに、6x7だとポジがほとんどです。
やはり、この5.6cmx6.9cmというフィルム・サイズなら、ポジでそのまま見るほうが楽しいですからね。^^v

昔、Mamiya645を使っていたときも、ほとんどフジクローム・プロヴィア(RDPII)で撮っていました。
マイナー・チェンジでプロヴィアF100(RDPIII)になり、粒状はすごく細かくなりました。
でも、先鋭度やアンダーに落としたときの色のコクは、かつてのRDPIIの方が良かったような気がします。
とは言うものの、現存するポジ・フィルムの中では、このプロヴィアF100が断然、マイ・フェヴァリット・フィルムなんですけどね。

なお、840x1035サイズの画をFlickrに置いてあります。

愛知県豊田市野見山町 簾屋にて
Asahi Pentax 6x7
SMC Takumar 67 150mm/F2.8
Fujichrome Provia 100F
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by blackfacesheep | 2009-04-22 13:41 | Portraits
2009年4月21日 Portraits of Ms. Y (Ilford XP2 Super 400)
b0134829_12414194.jpg


b0134829_1242421.jpg


b0134829_12422899.jpg


b0134829_12425614.jpg


同じくYさんのポートレートですが、使用機材が前回のものとはかなり違います。
Pentax MX + SMC Pentax-M 50mm/F1.4、私が大学生の時に愛用していた懐かしい組合せです。
フィルムはIlford XP2 Super 400です。

私のMX、露出計にトラブルがあって、時々全く作動しなくなります。
今回もおかしくなってしまったので、途中からは体感露出に切り替えました。
でも、モノクロ・ネガ・フィルムって、ラチチュードがとっても広いので、露出オーバー目にとっておけば、どってことはありませんでした。

Pentax MX、フル・メカニカル・シャッターですから、バッテリーが上がったり露出計が死んでいても、撮影自体は可能です。とても融通の効くカメラですね。
しかもそのファインダーは広大・・・MXを使った後にK200Dのファインダーを覗くと、とっても悲しくなります。^^;

なお、900x600サイズの画をFlickrに置いてあります。

名古屋市中区錦3丁目 セントラルパークにて
Pentax MX
SMC Pentax-M 50mm/F1.4
Ilford XP2 Super 400
Scanned by Epson GT-X770
[PR]
by blackfacesheep | 2009-04-21 12:46 | Portraits