Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
<   2010年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧
2010年7月31日 オランダ的夕食
b0134829_208244.jpg

アムステルダム二日目の夕食は、レンブラント広場にあるカフェでいただきました。
日が長い夕日に照らされながら、オープンカフェで食べるのが気持ちよかったです。

b0134829_2083573.jpg

夕食と言っても、こんな感じでほとんどビールのおつまみって感じですけど・・・^^;
オランダ名物のクロケットと呼ばれるコロッケ、そしてこちらもオランダ名物の熟成の進んだチーズとフレッシュなチーズの盛り合わせですね。^^
どちらもオランダ特産のマスタードで食べると美味でした。

b0134829_2085299.jpg

デザートもオランダっぽく、パンケーキを注文してみました。
このパンケーキ、直径5cmぐらいのミニサイズで、蜂蜜と粉砂糖がかけて食べるのがオランダスタイルのようです。

b0134829_2091364.jpg

食事が終わったあとのトレイの上の雑然とした風景・・・なぜか大好きなんですよね、自分が雑な人間だからなんでしょうか。^^

オランダ・アムステルダム レンブラント広場にて
Pentax K200D
Tamron SP AF 17-50mm/F1.8 AL Limited
[PR]
by blackfacesheep | 2010-07-31 20:16 | Netherland Landscape
2010年7月30日 ウォータールー広場の蚤の市
b0134829_11313648.jpg



b0134829_11315734.jpgウォータールー広場の蚤の市で見かけたアンティークです。

欧州の大都市の各地では、教会や市庁舎前の広場などで開かれる古物市を「蚤の市」と呼ぶようですね。

このウォータールー広場もアムステルダム市役所とミュージックシアターに隣接した場所にあり、アンティークから生活雑貨や中古・新品衣料品、本当のガラクタまで様々なものが並べられていました。


b0134829_1132161.jpg



b0134829_11323251.jpg上は自転車用の鍵です。
ゴツいチェーンと鍵ですが、このぐらい物々しい鍵をつけないと、自転車が盗まれてしまうと言うことなんでしょうか・・・^^

右のおじさんは、「とりあえず家で使わないものが出てきたので並べてみました・・・」という感じの出品でしたね~。^^;



b0134829_11325597.jpg



b0134829_11334435.jpg衣料品や食品なども並べてあり、とりあえず買うものは無くても、見ているだけで楽しい場所でした。



オランダ・アムステルダム ウォータールー広場(Waterlooplein)にて
Pentax K200D
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2010-07-30 12:27 | Netherland Landscape
2010年7月29日 レンブラントの家にて
b0134829_16352570.jpg



b0134829_16355655.jpgオランダを代表する画家の一人、レンブラントの住んだ家が博物館として公開されていると聞いたので、早速尋ねていきました。

場所は、私の泊まっていたエデン・ホテルからすぐ近くのウォータールー広場のやや北側に存在していました。

このレンブラントハイス博物館(Museum Het Rembrandthuis)は、通称「レンブラントの家」と呼ばれているように、画家レンブラント・ファン・レインが1639年から20年間住んでいた家です。

中に入ると、レンブラントが絵を描いていたアトリエが、彼が住んでいた当時の雰囲気を保って保存されていました。

絵の具や絵筆も展示されていましたが、これらが本当にレンブラントに使用されていたものなのかは・・・よくわかりませんでした。^^


b0134829_16364080.jpg



b0134829_1636219.jpg




b0134829_16371124.jpgまた、レンブラントの絵画やエッチングの一部も展示されており、なかなか見応えのある美術館となっていました。



b0134829_16383331.jpg右の写真の左側の建物が、この「レンブラントの家」です。

アムステルダムならどこにでもある・・・そんな雰囲気の建物でした。



b0134829_16385391.jpgこの「レンブラントの家」の隣はカフェになっており、歩き疲れていたので、早速午後の休憩をさせていただきました。

この日は朝からよく晴れていて、とても暑い一日で喉が渇いてしょうがありませんでした。

ちょっと欧州っぽいソフトドリンクが飲みたかったので、カシスのジュースをいただきました・・・ふぅ、生き返った・・・^^



オランダ・アムステルダム 「レンブラントの家(Museum Het Rembrandthuis)」にて
Pentax K200D
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8
[PR]
by blackfacesheep | 2010-07-29 16:56 | Netherland Landscape
2010年7月28日 マリアさまのいる教会にて
b0134829_17331159.jpg



b0134829_17332791.jpgアムステルダム中央駅の東側に立つ教会、 シント・ニコラース(聖ニコラウス)教会です。

オランダは宗教改革の際に、カトリック国の宗主国スペインに反発して独立した国なので、基本的にプロテスタントが多いです。

またオランダ語を話す人々でも、カトリックの人々はフランドル地方にベルギーとして後日再独立していますね。

とは言うものの、宗教に寛容になってきた19世紀ぐらいからは、カトリック信者も増えてきて、カトリック教会の数も増えてきたようです。

このシント・ニコラース教会はカトリック教会ですので、他のプロテスタント系の教会とは雰囲気がかなり違います。

一番の違いは、マリア像の存在ではないでしょうか。
聖母マリア崇拝はプロテスタント教会ではほとんど見かけませんが、カトリック教会では非常に盛んです。

私の卒業した母校もカトリック系でしたので、チャペルにはマリアさまがいましたね~。^^

しかし、このマリアさまは珍しくも薔薇の花を持っています。
通常、マリアさまのシンボルは白百合なんですが・・・まあ、例外もあるんでしょうね。^^



b0134829_17334142.jpg



b0134829_17335738.jpgこの聖ニコラス教会は、オランダでは珍しいネオバロック様式の教会です。

外から見ても美しい教会ですが、内部の装飾もとても美しく、見応えがあります。

私が訪問したときは、礼拝をしている方々がいらっしゃったので、遠慮してあまり写真は撮りませんでした。^^


オランダ・アムステルダム 聖ニコラス教会 (St.Nicholaaskerk)にて
Pentax K200D
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2010-07-28 17:58 | Netherland Landscape
2010年7月27日 オランダ東インド会社の面影
b0134829_1972767.jpgオランダは、かつて大海運国でした。

なかでも東インド会社"Vereenigde Oostindische Compagnie"、略称VOCの存在は、オランダの海運国としての発展と密接な関係があったようです。

この東インド会社、世界初の株式会社だそうで、その活動内容は一般的な会社の規模をはるかに上回っており、単なる商業活動のみでなく、条約の締結権・軍隊の交戦権・植民地経営権などにもかかわっていました。

その結果、VOCは喜望峰以東における諸種の特権を与えられ、アジアでの交易や植民に従事し、一大海上帝国を築きました。

18世紀末に、政府により解散させられてしまいましたが、その面影がオランダ海洋博物館で見られると聞いて、アムステルダムの港にやってきました。

残念ながら海洋博物館は現在改装工事につき、休館中・・・。

でも、VOCで華々しく活躍していた帆船、アムステルダム号は左のように健在でした。^^



b0134829_1974879.jpg




b0134829_1981216.jpg上はアムステルダム号の全景です。

右に見える建物は、NEMO科学技術博物館です。
科学技術を通してその素晴らしさを発見できる参加体験型の博物館になっているそうです。

右は、アムステル号の船首飾りです。
雄々しいライオン像ですね。^^



b0134829_199046.jpgアムステルダム中央駅から東に向かって15分ほど歩いてくると、海辺に緑色の大きな船の形をした不思議な建物が見えてきます。
これがNEMO科学技術博物館ですね。

NEMOの建物は、パリのポンピドゥーセンターなどを手掛けたレンゾ・ピアノが設計したものだそうで、海運国オランダにふさわしいデザインになっていました。



b0134829_19385813.jpg




b0134829_1993595.jpgまた、このNEMOの近くの港には、ノスタルジックな帆船がたくさん停泊していました。

それも、今風のFRPでできた船は一台もなく昔ながらの木造船ばかり・・・昔はヨット乗りだったこともある私にとっては実に眼福でした。

ところで、このあたりの船のカタチ、英国のノーフォーク・ブローズで見かけた船にそっくりです。
風上に向かって間切って進むためのボードがセンターボードではなく舷側にあるあたり、またガフリグのマストなど、共通点がいっぱいありました。

考えてみれば、北海を隔てて隣同士・・・似てくるのも当たり前なのかもしれません。


オランダ・アムステルダム Oosterdokにて
Pentax K200D
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2010-07-27 19:45 | Netherland Landscape
2010年7月26日 アムステルダムの「へそ」にて
b0134829_13583513.jpg




b0134829_13584924.jpgアムステルダムの「へそ」にあたるのが、このダム広場(de Dam)です。

もとはアムステル川をせき止める堰(ダム)のあった場所だそうで、「アムステルダム」の市名の語源となった」歴史的な広場です。

上の写真の右に見えるのが、蝋人形で有名なマダム・タッソー蝋人形館の入っている建物です。

マダム・タッソー蝋人形館、本店はロンドンですが、アムステルダムにも支店があるんですね。

左もその広告用看板で、アムステルダム市の紋章「XXX」も描かれていますね。



b0134829_13592381.jpg




b0134829_1401074.jpgこのダム広場、南北約100m、東西約200mの長方形の広大な広場になっており、路上もカフェも、人で溢れています。

なにしろこのダム広場、各種観光施設が集まってるのです。

広場の西には王宮がありますが、残念ながら工事中・・・写真に撮る気がしませんでした。

また、広場の北には先日ご紹介した新教会(Nieuwe Kerk)がありますし、広場の南にマダム・タッソー蝋人形館、北西には、デパート・デ・バイエンコルフ(de Bijenkorf)があります。

右の写真は、広場の東にある戦没者記念塔で、かつてはヒッピーの溜まり場だったところだそうです。



b0134829_1404314.jpg観光客が多い場所なので、観光用の馬車もでていました。



b0134829_1405951.jpgこちらは生きてる彫刻です。

写真を撮ろうとすると、「金よこせ・・・」のジェスチャー・・・。^^;
20セントほど施しをさせていだきました。^^



b0134829_141407.jpg



b0134829_1415928.jpgこちらはダム広場から北に伸びていくダムラック(Damrak)通りです。

まっすぐ北上すると、アムステルダム中央駅に至る目抜き通りです。

通りの両側にはレストランやカフェや店舗が並んでおり、とても賑やかな場所です。

ちょうどおなかも減ってきたので、そのうちの一つ、"Delta Terras"でランチをとる事にしました。

「本日のお勧めランチ」は左のような感じでした。
ロースとビーフと生ハムとブリーチーズが乗っており、その下にはサラダが敷き詰めてありました。

こんなランチだと、ワインを飲みたくなるんですが、この日は非常にお天気がよく、喉が渇いてしょうがない・・・

ワインを飲むと余計に暑くなりそうだったので、CokeのLサイズで流し込みました。^^;



オランダ・アムステルダム ダム広場(de Dam)、ダムラック(Damrak)にて
Pentax K200D
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
Tamron SP AF 70-300mm/F4-5.6 (Model A17) 3,4,5,6枚目
[PR]
by blackfacesheep | 2010-07-26 14:33 | Netherland Landscape
2010年7月25日 アムステルダム最古の教会にて
b0134829_16511367.jpg



b0134829_16513031.jpgアムステルダムで一番古い教会、「旧教会」です。

オランダ語では"Oudekerk", 英語だと"Old church"ですね。
古英語では"Olde Kirk"ですので、やっぱりオランダ語と英語はよく似てます。

古い英語のよく残っている英国北部のヨークシャーあたりに行くと、"Old"はいまだに"Oud"と発音するし、Kirkby Lonsdale"とかの地名もいまだに残っているし・・・

オランダ人にとって英語をマスターすることって、そんなに難しくないと言うことが改めて実感できてしまうのでした。

この教会は1306年に、ユトレヒト大司教が船乗りの加護のために建造した教会だそうです。

ハイ・ルネッサンス期に作られたステンドグラスやパイプオルガンが見事でした~♪

また、この旧教会の周りは、有名な「飾り窓」地区です。
政府公認の赤線地帯ですね~。^^

涼しそうな格好をしたお姉さんたちが窓の中でシナを作っていましたが、さすがにレンズを向けることはためらわれました。^^;



b0134829_16521590.jpg



b0134829_16523076.jpg



b0134829_16525366.jpg



b0134829_1653910.jpg


b0134829_19194756.jpg



オランダ・アムステルダム 旧教会 "Oudekerk"にて
Pentax K200D
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
Tamron AF 70-300mm/F4-5.6 (Model A17) 3枚目、4枚目のみ
[PR]
by blackfacesheep | 2010-07-25 17:09 | Netherland Landscape
2010年7月24日 フェルメールな国立美術館にて
b0134829_2182459.jpg



b0134829_2192466.jpgアムステルダムの重要観光名所のひとつ、国立美術館(Rijksmuseum Amsterdam)に行ってきました。

近くに来ると、その壁にオランダの誇る「「光と影の画家」、フェルメールの作品「牛乳を注ぐ女」が出迎えてくれますので、嫌でもその存在が目に付きます。

ここには、オランダ絵画が一気に花開いた17世紀の見応えのある作品がたくさん展示してあります。

レンブラントの「自画像」や「夜警」、ヨハネス・フェルメールの「牛乳を注ぐ女」「手紙を読む青衣の女」「小路」「恋文」、フランス・ハルスの「陽気な酒飲み」やヤン・ステーンの諸作など、じっくりみていると時間がいくらあっても足りません。

この国立美術館、2004年より大規模な改修が行われていますが、いまだに完了していません。
そのため、17世紀の作品の一部は、隣接するフィリップス棟で公開されていました。



b0134829_2185074.jpg



b0134829_2195876.jpgオランダの観光地、どこに行っても屋台がたくさん出ていますね。

こちらはコーヒーやソフトドリンク、アイスクリームを売る屋台、国立美術館の門を入ってすぐのところで営業中でした。

上の写真のように、入場制限のために行列が出来てしまう場所なので、こういう屋台にとってはありがたい場所のようでした。



b0134829_21102488.jpgこちらはアメリカン・スタイルのホットドッグの屋台です。

色使いがまさしく星条旗そのもの・・・アメリカ文化はしっかりとオランダでも受容されているようです。
やはりドルの力は偉大なんでしょうか・・・^^




オランダ・アムステルダム・王立美術館にて
Pentax K200D
Tamron SP AF 17-50mm/f2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2010-07-24 21:27 | Netherland Landscape
2010年7月23日 カラフルなアムステルダム
b0134829_1105931.jpgオランダ、地味なイメージの国ですが、なかなかどうして色彩に溢れたフォトジェニックな街です。

どこにレンズを向けても色の洪水がすぐに見つかり、写真を趣味にしている人間には実にたまらない場所ですね。

発色の鮮やかなペンタックスのデジタル一眼レフ、こういう状況にはぴったり、特にCCD機のK200D、CMOS機とは一味違う鮮やかさになるような気がします。




b0134829_111257.jpg




b0134829_1122249.jpg右は屋台に並んでいた品物の数々・・・芸があるのかないのか、よくわからないディスプレイでした。^^

ミネラル・ウォーターも種類がいっぱいあるようです。
それぞれ、お好みの銘柄があるんでしょうね、きっと。




b0134829_1124974.jpg

ホットドッグとイタリアン・ジェラートの屋台ですね。



b0134829_1132528.jpgこちらもフルーツです。
並べ方を見ていると、出鱈目にならべているわけではないようです。

「どうやって並べると綺麗に見えるか、美味しそうに見えるか」を考えてレイアウトされてるような気がします。



b0134829_1142613.jpg

サッカー・ワールドカップ決勝戦、オランダ、ほんとに惜しかったですね~。
街中、どこに行ってもこのオレンジ色がたくさん溢れていました。



b0134829_1144655.jpg

こちらはアブサンのボトルです。アブサン、一頃は販売禁止という国がありましたね。
マリファナ公認のオランダですから、アブサンもずっと販売されてきたんでしょうねえ。
個人の自由に対する基準が寛容なんでしょうが、それだけに一人一人の社会的責任に対する自覚が必要な国なんでしょうね。



b0134829_115558.jpg

観光バスです。これも真っ赤でした。^^

オランダ・アムステルダムにて
Pentax K200D
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2010-07-23 11:20 | Netherland Landscape
2010年7月22日 Coffee break at Cafe American
b0134829_167513.jpg



b0134829_167244.jpgアムステルダムの繁華街の一つ、ライツェ広場に立つ「カフェ・アメリカン(Cafe American)」のファサードです。

1902年に建てられたこのホテル、19世紀末から20世紀初頭にかけて流行したアール・ヌーヴォー"Art Nouveau"の美しいデザインが特徴的です。

鉄の装飾のぬめるような曲線やタイル装飾・・・典型的なアール・ヌーヴォーのラインが魅力的でした。

名前は「アメリカン」ですが、どこから見てもこれは世紀末風の欧州建築ですね。^^



b0134829_1674895.jpg




b0134829_168565.jpgカフェ・アメリカンの内部です。

表はどこから見てもアール・ヌーヴォーなんですが、内部はアール・デコ"Art Deco"的な装飾も目に付きます。

右の写真の照明器具やステンドグラスは直線主体のモダンなアール・デコで、曲線主体のアール・ヌーヴォーとはテイストが異なっています。

でも、下のように、表に面した窓に入ったステンドグラスはアール・ヌーヴォーそのまま・・・
テイストは異なるものの、さほど違和感なく溶け合っているところが面白いです。^^

100年以上前からあるホテルですから、その間に様々な改修をされてきたんだろうなあ、と思います。




b0134829_168269.jpg



b0134829_1684872.jpgアムステルダム二日目のこの日、朝からたくさん歩いていたので午前10時ぐらいにコーヒー・ブレークをしたくなりました。

ステンドグラスの素敵なカフェの内部もいいんですが、やっぱりスモーカーの私としては喫煙OKのオープンカフェに行ってしまう・・・あはは。^^

ライツェ広場に面したこのオープン・カフェでくつろいでいると、「ヨーロッパに来たなあ・・・」という実感がつのってくるのでした。



b0134829_169840.jpg



オランダ・アムステルダム・ライツェ広場 "Cafe American"にて
Pentax K200D
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2010-07-22 16:43 | Netherland Landscape