Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
<   2010年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧
2010年11月30日 Lights at Goblin Cafe
b0134829_2181287.jpg

いよいよ11月も最終日・・・早いもんですね~、明日からは師走となってしまいます。
日の落ちるのもどんどん早くなって、いよいよ夜の支配する季節となってきたような気がします。
こういう季節は、ナイトフォトを撮りたくなってしまいます。
K-5はK200Dに比べると、圧倒的に高感度に強いので助かります・・・上の写真はISO3200ですね。

b0134829_2182888.jpg

夜写真が好きな理由は・・・やはり、きらめくような光と漆黒の闇のコントラストでしょうか・・・
昼間の明るいイメージも良いんですが、夜の妖しい光のイメージ、大好きです。

b0134829_218437.jpg


名古屋市千種区星ヶ丘 "Goblin Cafe"にて
Pentax K-5
Pentax FA43mm/F1.9 Limited
[PR]
by blackfacesheep | 2010-11-30 02:24 | Lights & Shadows
2010年11月29日 150円の昼食、300円のコーヒー
b0134829_13324356.jpg

ペナン島での最終日のランチです。
これは"Hainan Lor Mee (海南鹵麺)"と言う中国海南島の料理で、どろどろに煮込まれた肉とグレービーをビーフンの上にかけたものですね。
味は良いんですが、鶏の足がそのまま入っていたりして、見た目はあまりよくありませんね~。^^;

b0134829_1333285.jpg

このランチを食べたお店の外観ですが、典型的なジョージタウンの中国系大衆食堂という雰囲気です。
元は屋台から始まったお店が多く、いまだにレストランの前に屋台が出ており、そこで調理しています。
お値段はミネラルウォーターとこのハイナン・ローミーで5リンギ(約150円)と、実にお手ごろでした。

b0134829_13331872.jpg

屋台の横には、味付け卵や具材が所狭しと並べられていました。
麺もビーフンの他に、幅広のきしめん風のものや、それらのミックスも選べました。

b0134829_13333496.jpg

食後はやっぱりコーヒーが飲みたくなったので、近くのカフェへ。
ここも中国系のカフェなんですが、ずっとモダンな雰囲気のお店でした。
赤い車はトヨタ・パッソに似ていますが、マレーシアのプロドゥア社がライセンス生産しているマイヴィ(Myvi)ですね。

b0134829_13334934.jpg

この"Kopi Cine Cafe"、こうやって見ると、日本のこじゃれたカフェにもよく似てますね~。

b0134829_1334451.jpg

ただ、お値段もそれなりにするんですね~、下の冷たいカプチーノは9.9リンギ(約300円)と、マレーシアでは随分高く感じるお値段でした。^^;

b0134829_13342291.jpg


At Georgetown, Penang, Malaysia
Pentax K-5
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2010-11-29 13:58 | Malaysia Landscape
2010年11月28日 ツンデレレンズで撮る晩秋の揚輝荘
b0134829_163483.jpg

紅葉前線はいよいよ里まで降りてきましたね。
昨日、長久手のローヤルさんまでブローニーフィルムを現像しに行った際、見事な快晴だったので、ちょっと足を延ばして名古屋の覚王山に紅葉を撮りに行ってきました。

b0134829_1632367.jpg

向かった先は日泰寺の東に位置する揚輝荘、ここは名古屋の名門百貨店、松坂屋のオーナーだった第15代伊藤次郎左衛門さんが作った郊外別荘です。
この季節は紅葉が実に見事なんですが、入場料はなんと無料です。

b0134829_1633847.jpg

晩秋の午後の強い日差しだったので、シャドウが黒く沈みがち・・・なので、RAWから現像するときにシャドウ補正で持ち上げてやりました。
上はシャドウ補正「弱」、下はシャドウ補正「強」ですね。

b0134829_1635960.jpg

下の写真は見たままのコントラストが気持ちよかったので、シャドウ補正はオフです。

b0134829_1641720.jpg

ここまでの写真はカスタム・イメージ「鮮やか」で、紅葉をきっちりかっちり撮ってみました。

ところで、園内で写真を撮っていたら、写真友達のYさんに遭遇・・・
彼女もこのお天気を見て、「揚輝荘の紅葉が見ごろになっているに違いない・・・」と思ったとか・・・この地区に住んでいる人は、考えることが同じなんですね~。^^

b0134829_1652258.jpg

早速Yさんにモデルになってもらい、ポートレート・・・こちらは柔らかく描写したかったので、カスタム・イメージは定番の「人物」で撮ってみました。
う~ん、柔らかな雰囲気に写ってくれました・・・Yちゃん、どうもありがとうね~♪

しかし、プラナー50mmってツンデレ・レンズですね~、絞りの開け方で性格がコロリと変わります。
YさんのポートレートはF1.4の絞り開放、ソフトフォーカスレンズか、と思うような滲んで柔らかい描写です。
プラナー50mm、極薄剃刀ピントのMFレンズですが、K-5のファインダーは適度に暗くて、MFが実にしやすいですね。

また、一枚目の鮮やかな紅葉はF9、もうカリンカリンにシャープです。4枚目もF8、こっちもパキーンと音がしそうなぐらいシャープです。

中間絞りのF4で撮ったのが3枚目、F5.6が2枚目と5枚目、このあたりのボケとシャープネスを両立した写りが一番プラナーらしい描写かもしれません。

なお、オリジナルの当倍写真を下記においてありますので、ご興味があればご覧になってください。
1枚目2枚目3枚目4枚目

残念ながら、コシナはペンタックス用ZKマウントのZeiss、Voigtlenderは全て製造中止だそうです・・・
う~ん、ディスタゴン35mmも欲しいけど・・・撒餌レンズのPentax DA35mm/F2.4 ALでも良いかな・・・値段、1/3以下だし。^^;

名古屋市千種区法王町2丁目 揚輝荘 北庭園にて
Pentax K-5
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
[PR]
by blackfacesheep | 2010-11-28 16:43 | Seasonal Images
2010年11月27日 英国製鉄馬に乗る名古屋のスティーブ・マックイーン
b0134829_1913652.jpg

英国製鉄馬、トライアンフの魅力あるロゴのついたタンクです。
このトライアンフは、前にフィルム写真のモデルになっていただいたセレクトショップのオーナーのAさんの愛車です。

b0134829_19131956.jpg

先日、タイガーカフェからTV塔方面に歩いていたら、見覚えのある方がバイクとともに路上に出ているのが見えました。
「お~、やっとかめ~♪(名古屋語で「お久しぶり」の意味)」
「今度機会があったら、僕の愛車、英国製トライアンフに乗っているところを撮って欲しいです~」と頼まれていたんですが、なかなか撮るチャンスがありませんでした。
ここで会ったが百年目、しっかりと撮らせていただきました。

b0134829_1913346.jpg

トライアンフのエンジンの冷却フィンです。Aさん、この薄く作られたフィンがお気に入りのようでした。

b0134829_19134817.jpg

こちらはメーター周りですね。"Made in UK"の文字が存在感たっぷりでした。

b0134829_1914049.jpg

このツイン・エキゾースト・パイプ、熱焼けした感じがかっこよかったですね~♪

b0134829_19141813.jpg

このトライアンフは1969年式だそうです。
古いのでメンテナンスには気を使うそうですが、それでも昔の機械は頑丈でめったに故障しないそうです。
カメラも同じですね、古いカメラは壊れるところがあまりないので頑丈です・・・私のMamiya-6、1955年式ですが、いまだに実用になるのと同じなのかもしれません。

b0134829_19143312.jpg

Aさんが、「トライアンフの有名な写真で、こういうポーズのがあるんですよ~」と仰るので、早速撮らせていただきました。う~ん、スティーブ・マックイーンしてますねえ、かっちょええ。^^v

b0134829_19144682.jpg

ところが、「あ、間違えた、アクセルはこっち、手が反対だった・・・」と言うわけで撮り直し・・・どこまでもノリの良いAさんでした。
Aさん、楽しい時間をありがとうございました。また遊んでくださいね~♪

名古屋市東区東桜にて
Pentax K-5
Pentax FA31mm/F1.8 AL Limited (1枚目、3枚目~6枚目)
Pentax FA77mm/F1.8 Limited (2枚目、7枚目~8枚目)
[PR]
by blackfacesheep | 2010-11-27 19:37 | Portraits
2010年11月26日 慈悲の女神の寺院にて
b0134829_17134474.jpg

ペナン島ジョージタウンのリトル・インディアの近くにある中国寺院、Kuan Yin Ma(観音寺)です。
観音様がいるせいか、別名"The Goddess of Mercy Temple(慈悲の女神の寺院)"とも呼ばれているようです。
ここは中国系ペナン市民の信仰の中心的な存在の寺院のようでで、つねに一杯の参拝客で溢れており、その人たちがささげる線香の煙が絶えることがありませんでした。

b0134829_1713578.jpg


b0134829_1714128.jpg

仏教の寺院ですので、「佛」の文字が見受けられますね・・・でも、日本の寺院とはかなり違う内装でした。
また寺院の中も常に線香や蝋燭が灯されており、その煙ですごく視界が悪かったです。^^;

b0134829_17142781.jpg


b0134829_17144356.jpg

表には狛犬ならぬ狛獅子がいますが、やはり造作が中国風でした。
またお寺の参道には、参詣者のための参詣グッズを販売するお店が並んでいました。

b0134829_17145836.jpg

上はランプに灯す油、下は線香ですね。
どちらも「黄色と赤は中華のしるし、24時間働けますか~」って感じでした。^^;

b0134829_17151229.jpg


Kuan Yin Ma(観音寺), Georgetown, Penang, Malaysia
Pentax K-5
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2010-11-26 17:28 | Malaysia Landscape
2010年11月25日 下町のイタリアン・カフェにて
b0134829_1336741.jpg


b0134829_13124394.jpg


b0134829_13125914.jpg


b0134829_13131966.jpg


b0134829_1923889.jpg


b0134829_13143276.jpg

名古屋の下町、大須にあるイタリアン・カフェ、「オフィチーナ・ディ・チェザリ」、私のお気に入りのカフェです。
コテコテにジャパネスクなアーケード商店街、仁王門通りに面しているんですが、一歩お店の中に入ると実にイタリアンな雰囲気・・・
一瞬、「あれ?俺は今どこにいるんだろう・・・」的な気分が味わえます。^^

雰囲気の割には値段が安いのも気に入ってるところですね。
エスプレッソは200円ですが、バンコと呼ばれる長いカウンターで立ち飲みすれば100円と格安です。
この日は大須を歩いて疲れたので、ちゃんと椅子に座りました・・・それでも生ハムの入ったパニーニとコーヒーで600円でした。

b0134829_1314396.jpg


名古屋市中区大須3丁目 "OFFICINA di CESARI"にて
Pentax K-5
Pentax FA43mm/F1.9 Limited
[PR]
by blackfacesheep | 2010-11-25 13:29 | Foods & Dining
2010年11月24日 ペナン島の市場にて
b0134829_1401713.jpg

東南アジアの庶民の市場って、大好きです・・・日本の市場とは違う色や香りに包まれていて、とてもエキゾチックですね。
これはペナン島のジョージタウンの裏通りの市場で、マレー・中国・インドのミックスされた雰囲気が楽しかったです。

b0134829_1402939.jpg

市場では食材を売っているだけではなく、そこに集まる人たちのための屋台もたくさん出ていました。
中国系移民とインド系移民の多いペナン島では、両者のハイブリッド料理とも言うべき「咖喱麺(Curry Mee)」が人気のようで、多くの屋台で見かけました。

b0134829_1405219.jpg

路上の屋台で豪快に鶏をさばいていました・・・鶏肉はマレーシアで一番人気が高いお肉のようです。
イスラム教徒が多い国なので豚肉はNG、さらにヒンズー教徒にとっては聖獣である牛肉はご法度、そうなると一番無難なのは鶏肉、ということになるようです。

b0134829_14322966.jpg

これは洋ナシでしょうか・・・「25¢」ということは、1個約7円ってことですか・・・安いです~♪

b0134829_1411677.jpg

南国なのでもちろんバナナも豊富に取れますが、小ぶりなサイズのものが多いですね。こんなレトロな秤でKg単位での販売でした。
お値段はよく見なかったんですが、バナナをフライにしたビサンゴレンというお菓子が3本で1リンギ(約30円)ぐらいですから、生だったもっと安いんでしょうね~♪

At Georgetown, Penang, Malaysia
Pentax K-5
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2010-11-24 14:24 | Malaysia Landscape
2010年11月23日 残照のオアシス
b0134829_14531690.jpg

煙と○○は高いところに登りたがる・・・
その言葉どおり、名古屋の栄町に行くたびに、この「オアシス21・水の宇宙船」に登っているような気がします。

b0134829_14533873.jpg

この日は晩秋の残照に照らされて、いつものサイバーな雰囲気ではなくより人間味のある光に溢れていました。

b0134829_14535454.jpg

ここを撮るときは広角から超広角レンズが楽しいんですが、今回はあえてFA31mm/F1.8 AL Limited一本で撮ってみました。
135版で使えば広角レンズですが、APS-Cフォーマットだと135版換算47mmと、ちょっと広めな標準レンズ、F1.8と大口径なので背景をぼかした写真も撮れます。

b0134829_14541655.jpg

標準レンズの画角っていいですね~、右目でファインダーの中を見て左目で実物を見ても、大きさにあまり差がないので違和感がありません。
45~50度前後の画角って重宝な画角ですよね、寄ってぼかして望遠風味の写真も撮れれば、引いて広角風味の写真も撮れます。

b0134829_14543223.jpg

今はズームレンズ主体の時代になってしまいましたが、「男(女)なら、標準レンズ一本で勝負しろ!」って、言いたくなってしまう私は、やっぱりおじさんなんでしょうね。^^;

b0134829_14545163.jpg

FA31mmは135版換算47mm・・・ちょっと広いのが持ち味で、少し離れれば広角っぽい写真にもできます。

でも、135版換算53mmぐらいになる35mmレンズが一番好みです。
以前所有していた、Carl Zeiss Jena Flektogon 2.4/35 MC、一番使いやすい画角だったんですが、M42というのが使いにくくて手放してしまいました。
そう言えば、Pentaxから「撒餌レンズ」としてDA35mm/F2.4ってのが出ました・・・フレクトゴン2.4/35と同じスペックと言うのが泣かせます。
あれが2万円を割ったら、「買い」かもしれませんね。^^

名古屋市東区東桜 オアシス21「水の宇宙船」にて
Pentax K-5
Pentax FA31mm/F1.8 AL Limited
[PR]
by blackfacesheep | 2010-11-23 15:25 | Lights & Shadows
2010年11月22日 ペナン島の屋台村
b0134829_1149762.jpg

ペナン島のジョージタウンにある屋台村、Red Garden Food Paradise(紅園)です。
ここは私が宿泊していたチョン・ファッ・ツェー・マンションの隣にあり、夕飯を食べに行くのにとても便利でした。

b0134829_11492855.jpg

数多くの屋台が出店しており、何を食べようか、悩みに悩んでしまうような場所ですね。

b0134829_11495290.jpg

海鮮料理コーナーはとても人気があり、現地の人でにぎわっていました。

b0134829_11501511.jpg

ペナン島は中国系移民の多い場所なので、中華料理のバリエーションが凄く豊富でした。

b0134829_11504564.jpg


b0134829_1151563.jpg

それぞれのお店で注文し、テーブルの番号を告げると、そこまで調理した食品を持ってきてくれ、そこでお金を清算するシステムです。

b0134829_11512347.jpg

結局、私が選んだのは無難な海南島風蒸し鶏定食です。
大量の蒸し鶏ともやし炒め、ダンプリング入りのうどんが付いて6リンギ(約180円)という安さでした。
それに引き換え、ビールは高めでしたね~、お酒を飲まないイスラム教徒の多い国だからなんでしょうか、小瓶でもこの定食より高かった・・・
と言っても8リンギ(240円)ぐらいですからたいしたことはありませんが。
このCarlsberg、マレーシアでもライセンス生産されており、「カースバ~」と呼ばれておりました。

b0134829_11514238.jpg


Red Garden Food Paradise(紅園), Georgetown, Penang, Malaysia
Pentax K-5
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2010-11-22 12:04 | Malaysia Landscape
2010年11月21日 銀残しな赤錆に宿る、晩秋の光と影
b0134829_9552961.jpg

K-5に新たに搭載されたカスタム・イメージ「銀残し」で、午後の光に鈍く輝く農業用施設を撮ってみました。
この「銀残し」、写真だけではなく映画の世界でも時々見かけますね。
英語ではブリーチバイパス(bleach bypass)と言い、現像の際にフィルムから「銀」を取り除かずに、意図的に残すことで、彩度が低くコントラストが強い、インパクトのある絵が出来上がります。
赤錆フェチの私にとっては、結構使用頻度の多いカスタム・イメージになりそうな気がします。^^;

b0134829_9555054.jpg


b0134829_956597.jpg


b0134829_9562515.jpg


b0134829_9563652.jpg

この農業施設、全体は下のような雰囲気でした。
家の近くの田んぼの畦道を、被写体を求めて歩いているときに発見したんですが、見た瞬間、「こりゃ素晴らしい・・・撮らねば!」と思って夢中で撮ってしまいました。

b0134829_9564853.jpg

モノクロフィルムのネオパン100アクロスを詰めたKiev 88C+Kaleinar 3B 150mm/F2.8でも撮りましたので、現像が楽しみです。

愛知県みよし市福谷にて
Pentax K-5
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
[PR]
by blackfacesheep | 2010-11-21 10:06 | Lights & Shadows