Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
<   2011年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
2011年10月31日 秋のイタリアンを食べるオフ
b0134829_2393929.jpg

先日、全味協西三河支部の有志で久しぶりにランチ・オフをやってきました。
全味協、最近は事務局長の職務怠慢によりほとんど活動を中止しておりますが、たま~にオフ会は実施しているんであります。

集まった場所は、高浜市の和風フレンチ・イタリアンなレストラン、温故舎さんです。
一日限定20食の「温故舎ランチ」はすでに売り切れていたので、パスタ・ランチをいただきました。

b0134829_2395337.jpg

まずこちらが一皿目のアンティパスト・・・上品なサラダなんでありました。
パンはオニオンの素揚げの入った風味の良いものでしたね~♪

b0134829_2310575.jpg

こちらは二皿目のアンティパスト、海老のゼリー寄せとでもいうものでしょうか・・・
GX200の広角端(135判で24mm相当)で目いっぱい撮ってみました。

b0134829_23101770.jpg

こちらがメインのパスタです。
手前は「さんま秋ナスピーマンのトマトラグー」パスタ、奥に見えるのが「三河地鶏とごぼうの和風」パスタなんであります。

b0134829_23102811.jpg

締めはキウイ・ソースのパンナコッタとコーヒーです。
温故舎さんは薄暗い照明が素敵な雰囲気なんですが、高感度画質がイタイGX200には手ごわい場所でした。
ノイズが出ないようにISO64で撮りましたから、シャッタースピードは1/6~1/15あたり・・・^^;
でもGX200の手ぶれ補正の威力とEVF顔面押し付け撮影でなんとかぶれずに撮ることができました。
ご参加の皆様、お疲れ様でした、しょっちゅう西三河方面には出かけておりますので、またオフ会をやりましょうね。^^v

愛知県高浜市 温故舎にて
RIcoh GX200
[PR]
by blackfacesheep | 2011-10-31 23:27 | Foods & Dining
2011年10月30日 入浴好きな征服者の残したもの
b0134829_21341671.jpg

ドイツ最古の街、トリーアにはローマ帝国時代の遺物がいまだにいくつか残っていますが、これもその一つ、カイザー・テルメンです。
Kaisarthermenとは、ドイツ語で「皇帝浴場」ということですね。

b0134829_21343623.jpg

古代ローマ人は清潔好きな民族だったらしく、欧州のあちこちに浴場の遺跡が残っています。
英国のBathにもそんな浴場の遺跡が残っており、ここから「風呂=Bath」の言葉が生まれたらしいです。

b0134829_2135254.jpg

温かいお湯を提供するために、地中にはお湯を沸かす釜や燃料となる薪を補充するための通路が設けられていました。

b0134829_21351824.jpg

今から1800年も前に、こんな大々的なお風呂を作ったローマ人たち・・・
シャワーで済ませることがほとんどの現代のイタリア人とは人種が違ったんでしょうかねえ。^^;

b0134829_21354199.jpg


Trier, Germany
Pentax K-5
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2011-10-30 21:44 | Germany Trip 2011
2011年10月29日 ハロウィーンの季節の牧場
b0134829_2302270.jpg

今日は朝からお天気が良かったので、自宅の近くの愛知牧場に撮影に行ってきました。
この季節の愛知牧場、コスモスの群生で有名ですね~♪

b0134829_2303813.jpg

こちらはキバナコスモスの群生です。
記念撮影用の作り物の牛さんが置いてあるぐらい、観光客がたくさん訪れる牧場です。

b0134829_2305869.jpg

なにしろ入場料が無料ですから、たくさんの観光客の方々がお昼ご飯を食べにでかけていましたね。

b0134829_2312447.jpg

愛知牧場は観光牧場でもあるので、集客のためにこんなハロウィーンっぽい演出もされておりました。

b0134829_2314691.jpg

子供たちに牛さんの搾乳体験をしてもらうコーナーもありましたねえ。
ちなみにこの牛さんの名前はバナナちゃんだそうです・・・魔女のコスプレをしたアイボクのオネエサンが教えてくれました♪

b0134829_2321548.jpg

牧場内はどこもハロウィーンの雰囲気満点でした。
ちなみに、アイボクの経営者さんは敬虔なクリスチャンだそうです。

b0134829_2343255.jpg

トラクターの隣にもドテカボチャ・・・じゃなかった、ジャック・オ・ランタンが置いてありました。^^

b0134829_232381.jpg

牧場の中には秋の日差しが溢れていました。

b0134829_233484.jpg

牛舎に這う蔦も徐々に紅葉してきているようです。

b0134829_234467.jpg

秋の日差しを浴びて、牛さんたちも気持ち良さそうでした。

b0134829_235019.jpg

インターナショナルの赤いトラクター越しに見るピンクのコスモス、黄色いコスモス、その上には青い空・・・秋の色に溢れていましたね~♪

愛知県日進市 愛知牧場にて
Pentax K-5
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2011-10-29 23:19 | Japanese Landscapes
2011年10月28日 賑わうドイツ最古の都市
b0134829_2249419.jpg

雨にけぶるザールブリュッケンを後にして、電車で1時間ほど北西にあるトリーアの街にやってくると、お天気は回復しつつあるようでした。
このトリーア、古代ローマ帝国が開発した街で、ドイツで一番古い街なんだそうです。
街のそこかしこに古代ローマの遺跡が残っており、ユネスコ世界遺産に「トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂、聖母聖堂」として登録されております。
これはその一つ、ポルタ・ニグラと呼ばれる2世紀頃に建てられた黒い城門です。

b0134829_22491749.jpg

このポルタ・ニグラの中が旧市街になっており、オープンカフェの連なる広場になっています。

b0134829_22502442.jpg

こちらはマルクト広場の噴水・・・どこに行っても観光客でいっぱいでした。
日本の観光ガイドブックではそれほど大々的に紹介されている街ではないんですが、意外に人気があるんですね~♪

b0134829_22515542.jpg

ドイツ内の有名観光地に行くと必ず出くわすアジア系の観光客はほとんど見かけず、どうやら欧米系の観光客が主体のようでした。

b0134829_22521069.jpg

マルクト広場にはいくつか市が出ておりましたので、ひょっとして市の立つ日だったんでしょうか・・・

b0134829_22522811.jpg

その人出をあてにして、似顔絵描きや大道芸人なども出張ってきておりました。

b0134829_22524668.jpg

こちらはマルクト広場の象徴、マーケット・クロス・・・英国の市場町と似た雰囲気ですね。^^

b0134829_22525768.jpg

昼ごはんを食べずにザールブリュッケンを出てきたので、とりあえず腹ごしらえ・・・ラートハウスの下によさげなレストランをみつけました。

b0134829_22531011.jpg

おなかが空いていたので、がっつりとしたランチが食べたい・・・ヴィーナーシュニッツェルを注文しました。
ゴスラーで食べたものはバイエリッシュなソースがかかっていましたが、トリーアのそれはシンプルにレモン添えなんでありました。^^

Trier, Germany
Pentax K-5
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2011-10-28 23:05 | Germany Trip 2011
2011年10月27日 筆柿の里の道の駅
b0134829_2220526.jpg

道の駅(みちのえき)って、実に的確な名前ですね~♪
鉄道駅とは全く違う機能なのに、休憩ができたり地域の振興施設となったり、マクロで見ると結構似た部分があるような気がします。
こちらは愛知県の幸田町(こうたちょう、こうだではありません。^^;)にある道の駅、「筆柿の里・幸田」です。

b0134829_2221614.jpg

名前の由来となったのが、このちょっと細めの「筆柿」・・・形状が筆の穂先に似ているため、筆柿と呼ばれているようです。
とろりと蕩けるような甘さなのに、実は堅くしっかりしているのが特徴です。

b0134829_22212186.jpg

こちらは町興しで作り出されたと思しき「筆柿ワイン」です。
あの甘さから想像するに、ソーテルヌのような貴腐ワイン系の味なんでしょうか・・・

b0134829_22214194.jpg

こちらは奥三河の味覚、五平餅です。
「大スズメ蜂・ヘボ入り」と言うのが不気味です・・・ヘボはいわゆる蜂の子でして、見た目は非常に悪いんですよねえ。^^;

b0134829_22215939.jpg

幸田町は他の農産物も豊富で、野菜の直売もやっていました。

b0134829_22221527.jpg

この日はスペシャルイベントの日だったようで、地元のバンドがライブ演奏をやっていました。
メンバー紹介を聞いていたら全員還暦間近のおぢさんバンド・・・演目はベンチャーズ、「エレキでテケテケテケ・・・」なんでありました♪

愛知県額田郡幸田町にて
Pentax K-5
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2011-10-27 22:35 | Japanese Landscapes
2011年10月26日 雨にけぶるザールブリュッケン
b0134829_23103846.jpg



b0134829_23105349.jpg



b0134829_2311429.jpg



b0134829_23113220.jpg

ドイツとフランスの国境地帯に位置するザールブリュッケン、ドイツっぽさは確かに希薄で、どことな~くフランスの影響を感じましたね。
具体的にどこかと言われると・・・う~んって感じですが。^^;
雨にけぶる街並み、カラーで撮ってもあまり魅力的ではないので、B&Wが気持ちよいGX200ばかり使ってしまいました。

Saarbrücken, Germany
Ricoh GX200
[PR]
by blackfacesheep | 2011-10-26 23:17 | Germany Trip 2011
2011年10月25日 古い民具のある郷土資料館
b0134829_22473168.jpg

刈谷市の亀城小学校の片隅に残る郷土資料館です。
この建物は昭和初期(昭和3年落成)に亀城尋常小学校として建てられたもので、このあたりの近代建築を多く設計している元愛知県の技手の大中肇(おおなかはじめ)氏のデザインによるものです。
一時期は取り壊しの意見も出たらしいですが,卒業生を中心とした人たちの要望により保存されることとなり、1980年(昭和55)に郷土資料館として開館しました。
昭和初期の建築様式をとどめているのがユニークで、1999年(平成11)に国の登録有形文化財になりました。

b0134829_2247458.jpg

中に入ると・・・おお、私の大好きな古い民具がたくさん保存されておりました。
このゴツイ機械は精米機のようですね♪

b0134829_22475786.jpg

廊下の片隅に置かれていたこれは・・・どうやら消防車のようです。^^
後ろの大きな桶はなんなんだろう・・・醸造業の盛んな西三河ですから、味噌とか味醂の醸造用の桶なんでしょうか。

b0134829_22481091.jpg

こちらは縄結い機と呼ぶものでしょうか・・・稲藁を入れてまわすと、自動的ににゅるにゅると縄が萎えてくるシロモノのようでした。

b0134829_22482374.jpg

これは「超最新型」の脱穀機だそうです♪

b0134829_22483596.jpg

これは私も幼い頃に見た記憶があります・・・カキ氷を作る機械ですね~♪
ジェラートとかフラッペなどというしゃらくさいものではなく、由緒正しき日本の「カキゴオリ」なんであります。
トッピングは「センジ」がええ雰囲気なんであります・・・と、思いっきり遠い目。^^;;;

愛知県刈谷市城町1丁目25番地1 刈谷市郷土資料館にて
Pentax K-5
Pentax FA31mm/F1.8 AL Limited
[PR]
by blackfacesheep | 2011-10-25 23:01 | Old Buildings
2011年10月24日 ザールブリュッケンのバロック教会
b0134829_23143873.jpg

ザールブリュッケンに到着した翌朝、7月20日は朝から大雨となってしまいました。
しょうがないので、雨でも関係なく撮影できる教会にやってきました。
これはザンクト・ヨハン地区にあるザンクト・ヨハン(聖ヨハン)教会で、1758年に建てられたバロック様式が美しかったです。

b0134829_23145350.jpg

雨の日の柔らかい光りが気持ちよかったので、K-5ではなくGX200のB&Wモードで撮ってみました。

b0134829_2315891.jpg

こちらは1933年に制作されたパイプオルガンで、合計4312本のパイプからなっているんだそうです。

b0134829_23152931.jpg

教会の中にあった聖人像です・・・教会の名前についている聖ヨハンでしょうか。

b0134829_23154644.jpg

カトリック教会らしい祭壇です・・・信者さんが熱心に祈りを捧げておりました。

b0134829_23161353.jpg

外観もゴシック教会とは一味異なる洗練されたもので、静謐な雰囲気をたたえておりました。

Basilika St. Johann, Saarbrücken, Germany
Ricoh GX200
[PR]
by blackfacesheep | 2011-10-24 23:27 | Germany Trip 2011
2011年10月23日 蔦の絡まる配水塔
b0134829_21533534.jpg

10月も下旬となり、次第に秋の気配が濃厚になってきましたね~♪
夏の間は猛々しい緑だった蔦も、徐々に赤く染まりつつあります。

b0134829_2153509.jpg

ここは岡崎市の小高い丘の上にある浄水場、六供(ろっく)浄水場です。
昭和初期に建てられた近代建築で、以前にも撮影したことがありますが、この配水塔が紅葉した頃を狙って再訪してみました。
ここはお天気の良い日に撮影すると、日本離れした風景に写るので大好きな場所です。

b0134829_2154426.jpg

こちらは浄水場のポンプ室です。
昭和9年の建物ですから、当時流行っていたドイツ表現主義的なモチーフが、ポンプ室とは思えないほど素敵です。^^

b0134829_21541918.jpg

でもちゃんと中に入るとポンプが稼動しているんですよね~♪

b0134829_21543329.jpg

「蔦の絡まるチャペル」も魅力的ですが、「蔦の絡まる配水塔」も、十分魅力的なんでありました。

愛知県岡崎市六供町 六供浄水場にて
Ricoh GX200
[PR]
by blackfacesheep | 2011-10-23 22:04 | Old Buildings
2011年10月22日 国際的な国境都市
b0134829_22171389.jpg

フェルクリンゲン製鉄所の見学が終わって、その日の宿泊予定地であるザールブリュッケンにやってきました。
この街はドイツとフランスの国境地帯にあり、両国がその帰属に関して長年争ってきたいわく因縁のある街です。
第二次大戦前はドイツ領、戦争後はフランス領でしたが、その後住民投票により再度ドイツに戻ったいきさつのせいか、どことなくフランスのにおいがする街でした。

b0134829_2217252.jpg

ザールブリュッケンのアンティーク屋さんの店先です。
アール・ヌーボー風のランプもあれば、ドイツ風ロココな人形もあり、国際的な色合いにあふれてましたね♪

b0134829_2217412.jpg

メインストリートを歩いていると哀愁を帯びたメロディーが聞こえてきました・・・辻楽士さんたちの奏でる音楽でした。

b0134829_22175491.jpg

この楽器はツィンバロム・・・ハンガリー原産で広く東欧で使われている打弦楽器ですね。

b0134829_2218974.jpg

どこからやってきたのか訪ねてみたら、「ユークライン!」と英語で答えが返ってきました・・・まあ英語で尋ねたから当たり前なんですが。^^;
ウクライナからやってきた楽士さんたちが、独仏国境の街で奏でる音楽・・・なかなか国際的でエキゾチックな響きに溢れていました。

b0134829_22182257.jpg

旧市街を歩いていると、毎度おなじみの赤地に黄色いM・・・このアメリカ企業も実に国際的に活躍しており、ドイツのどこに行っても見かけました。^^

b0134829_22185196.jpg

周りはまだ明るいですが時計を見るとすでに夕飯の時間・・・今日はこのインターナショナルなファストフードで夕飯にすることにしました。
クォーター・パウンダーそのものは日本のマクドナルドで食べるのとまるで同じ、徹底した食味管理をしているようです。
でもイモが違うな~、もっとイモイモしいフライドポテトなんでありました。^^

Saarbrücken, Germany
Pentax K-5
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8
[PR]
by blackfacesheep | 2011-10-22 22:36 | Germany Trip 2011