Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
<   2012年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧
2012年1月31日 身体と財布に優しい大衆食堂
b0134829_22575953.jpg

ロードサイドでよく見かける「まいどおおきに食堂」です。
一種のファミリーレストランなんですが、昔ながらの素朴な大衆食堂の風情も湛えた店舗が多いですね。
今回は日進市の蟹甲にある「日進かにこう食堂」でランチを食べてきました。

b0134829_2258122.jpg

店内に入ると、カフェテリア形式でずらりとおかずが並んでいます。
お盆に好きなおかずをとり、ご飯の量を指定してお勘定を済ませると言うわかりやすい注文方式ですね。
おかずはボリュームのあるものが多いです・・・「白身フライ100円」とか「ハムかつ150円」など、お財布に優しいメニューも並んでいますね~♪
でも、こういう揚物は胆管炎病み上がりの私にはNG、もう少し身体に優しいおかずを選ばなければなりません。

b0134829_22582657.jpg

こちらがこの日の私のランチです。
鶏の根菜治部煮、ほうれんそうのおしたし、人参とゴボウのきんぴら、赤出のお味噌汁、ご飯(小)ですね。
なお、ふりかけは自由にかけ放題です。^^

b0134829_22584351.jpg

お値段は〆て746円也・・・でも、ご飯のタダ券を持っていますので137円割引されて、609円とリーズナブルなランチになりました。
やる気があれば、もっと安く上げることも可能でしょうねえ、お味噌汁だけ頼んでご飯大盛り(タダ券適用)でふりかけをかけて食べる・・・84円であがります・・・さすがに恥ずかしくて私はようしませんけどね。^^;

なお、胆管炎の病み上がりですから、脂はできるだけ避けたい・・・なので鶏皮は残すことにしています。
身体のことを考えるとあと半年間はこういう食生活を続けざるを得ない・・・「鉄の胃袋、鉄の消化器官」を誇った私も今は昔、なんであります。^^;

愛知県日進市蟹甲町中島278-6 日進かにこう食堂にて
Ricoh GX200
[PR]
by blackfacesheep | 2012-01-31 23:16 | Foods & Dining
2012年1月30日 蒼空に映える赤いトラクター
b0134829_2259232.jpg

真冬らしい抜けの良い青空が撮りたくて、空の見晴らしの良い愛知牧場に出かけてきました。
3本欅のところに、うまい具合に赤いトラクターが休憩しておりました・・・引きのショットで「蒼空に映える赤」をパチリ。^^v

b0134829_22591636.jpg

カメラはK-5ではなく、晴天番長のK200Dで撮ってみました。
暗所にはからっきし弱いK200Dですが、光量のあるところではいまだに印象的な発色を示します。
ダイナミックレンジが広く優等生のK-5に比べると、明らかにコントラストが強く癖のある描写ではありますが、吸い込まれそうに蒼い空を描写するには、CCD機のK200Dが一番のような気がします。
CCD機は消費電力も多いし連写枚数でも不利なので今は流行らなくなりました・・・でも、CMOS機とはどっか違うんですよねえ・・・
スペックの良し悪しより、心に残る発色がCCDの特徴のような気がしますねえ。^^

b0134829_22594515.jpg

こういうトラクターを見ると・・・ついついにじり寄って撮ってしまいます。^^;

b0134829_22595741.jpg

機能のためにだけデザインされた造形が、実に美しいんであります♪

b0134829_230947.jpg

こういう造形に美しさを感じる私って、どっか変なんでしょうか・・・^^;

b0134829_2323594.jpg

丘の上に佇む赤いトラクターを逆光でパチリ・・・う~ん、絵になるなあ♪

愛知県日進市 愛知牧場にて
Pentax K200D
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2012-01-30 23:17 | Tractors
2012年1月29日 病気見舞いの120判フィルム
b0134829_19425927.jpg

胆管炎で入院していた時に、写真友達のいけみさんにお見舞いでフィルムを7本もいただきました・・・うれしいです~♪
早速、それらのフィルムを被写体にして撮ってみましたよ。

これらのフィルムは中判カメラで使うためのフィルムで、通称ブローニー・フィルムと呼ばれている120判フィルムです。
中判カメラとは・・・ここに写っているPentax 67(通称ばけぺん)みたいに、でかい・ごつい・重いと言う体育会系カメラのことですね。^^;
持ち歩くのは大変だし、一枚撮るのも手間がかかって面倒ですが、このストイックなカメラで撮った写真は独特の存在感があって大好きです。

ここにはネガ・カラー・フィルムを集めてみました・・・ばけぺんの左にあるフィルムはFuji Pro 400、癖がなく柔らかい発色の高感度フィルムです。
Fuji Pro 800はISO800の高感度ネガ・フィルムで、メリハリのある鮮やかな色彩が楽しいフィルムでした・・・ディスコンされてしばらく経つので、お宝に出会ったような気分です♪
Fuji Pro 160NSは、常用感度のネガ・カラー・フィルムらしく階調が豊かで柔らかい描写が持味、ポートレート用として最高のフィルムです。

b0134829_19431191.jpg

白黒ネガ・フィルムもいただきましたよ。
英国の名門、イルフォード社のデルタ・400と日本が誇るB&Wフィルム、ネオパン・400・プレストです。
120判のプレストもすでにディスコンとなっており、久しぶりです。
デルタ400もプレストも新時代のISO400フィルムで、Kodak Tri-X400のような旧時代のISO400フィルムとはまるで性格が違います。
粒状はほとんど目立たず、常用感度フィルムとそんなに変わりません・・・強いて言えば、デルタ400の方がモダンでドライ、プレストの方がノスタルジックでウェットかな~。

後ろに写っているのは、ソビエト連邦時代にウクライナで作られたパチモン・ハッセルブラード、Kiev 88Cです。
ハッセルに比べると圧倒的に値段が安いため、品質もそれなりにそれなりなんですが、写りは悪くありません・・・仕事ができれば外観は気にしないと言う、いかにも「親方カマトンカチ」なカメラですね。
このカメラのフォーマットは6x6、いわゆるロクロクというもので、120判フィルムを使うと56mmx56mmの真四角な写真が12コマ撮れます。
真四角なカメラを使うと、なぜかBlack & Whiteの写真が撮りたくなる・・・う~ん、ノスタルジックなフォーマットなんでしょうかね、真四角って。^^

b0134829_19432467.jpg

最後はリバーサル・フィルムです。
リアル・カラーのVelvia 100F(RVP F)は使ったことがありますが、このVelvia 100(RVP 100)は初めて使います。
イメージ・カラーということで、ISO50のオリジナル・ヴェルヴィアに近い性格らしいですが、やはりかなり硬調で極彩色なんでしょうか。^^

後ろに写っているカメラは中判で一番コンパクトなサイズのセミ版カメラPentax 645で、56mmx42mmの写真が15枚撮れます。
レンズはばけぺん用の90mm/F2.8をつけてあります・・・実は私、645用のレンズって一本も持ってなくて、コンバーター経由でばけぺん用のレンズやキエフ88C用(P6マウント)のレンズを使っています。

135判カメラの方が軽いし使いやすいとは思うんですが、どうも堪え性がなくて36枚を使い切るのが大変なんです。
大体20枚目を過ぎると、「はよ一本終わらんかな~」って感じになってしまい、惰性で撮ったどーでもえーよーな写真を大量生産し始めます。^^;
その点、中判は10枚~15枚で現像に出せますから、はるかにリズム良く撮影できる・・・正確に言えば、「飽きる前に撮り切る」ことができるんですよね。^^;

それにしてもいけみさん、こんなにたくさんフィルムをいただいてしまい、本当にありがとうございました~♪
徐々に撮影していきたい思っていますが、全部使い切るのはかなり先になりそうですねえ。^^

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Pentax K-5
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
[PR]
by blackfacesheep | 2012-01-29 20:55 | Still Life
2012年1月28日 光溢れる冬の病室
b0134829_1917421.jpg

入院して体調が元にもどりかかると、暇をもてあまし始めるんですよね・・・
で、点滴バッグにつながれながらも、カメラを構え始めるんであります。

b0134829_19171754.jpg

この病院は南に開けた場所に建っているため、冬の低い日差しが病室の奥深くまで差し込んできます。
K-5のカスタムイメージを「リバーサル・フィルム」に設定し、コダクローム風味のコントラスト強めの写真を撮ってみました。

b0134829_19172964.jpg

こちらは毎度おなじみ輸液バッグ、鮮やかなクロームイエローの液体が、いかにも「効果ありまっせ」って感じで心強かったですねえ♪

愛知県日進市 愛知国際病院にて
Pentax K-5
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2012-01-28 19:24 | Lights & Shadows
2012年1月27日 遺作展のギャラリーにて
b0134829_1664662.jpg

昨年8月に亡くなった義母は、絵手紙やパステル画を描くのが大好きでした。
このたび、義母が絵を学んでいたギャラリーで遺作展をしてくださることになり、早速見に行ってきました。
場所は我家から車で5分の「アトリエKEI」さんです・・・ナチュラルな雰囲気の店構えが和みますねえ♪

b0134829_1665990.jpg

エントランスにあしらわれた木の実のディスプレイです・・・うむむ、写欲をそそるカタチだなあ。^^

b0134829_1671420.jpg

中に入ってもナチュラルな印象は同じです・・・さりげないディスプレイをついスナップしてしまいました。

b0134829_1672729.jpg

義母の写真と遺作が店内のそこかしこに展示されていました。

b0134829_167396.jpg

大きなパステル画から葉書大の絵手紙まで・・・見ていると生前の義母の笑顔が蘇ってきます。

b0134829_1675853.jpg

ここはアトリエでもあり、ギャラリーでもあり、ショップでもあり・・・いろんな作家さんの作品が展示されておりました。

b0134829_1681352.jpg

ガラス作品もありましたし・・・

b0134829_1683111.jpg

こんなウサギさんのお人形もありました・・・

b0134829_1684851.jpg

また、アクセサリーも展示されておりましたねえ。

b0134829_1691457.jpg

オーナーのKEIさんに、美味しい草餅とコーヒーをご馳走していただきました。
どうもありがとうございました~♪

愛知県みよし市三好丘桜4-1-7 「アトリエKEI」にて
Pentax K-5
Pentax FA43mm/F1.9 Limited
[PR]
by blackfacesheep | 2012-01-27 16:20 | Still Life
2012年1月26日 Pentax on Pentax
b0134829_152302.jpg

写真友達のカグラさんに、私の愛機のPentax K-5のミニチュアを頂きました・・・いわゆる「ガチャ」で販売されており、1/3スケールだそうです。
このミニチュア、ホットシューに付ける事ができます・・・あ、そこ、付けてどうなるんだ、などと野暮なことは聞かないように。^^;

レンズは銀色のDA70mm/F2.4のようです・・・私のK-5にも銀色の中望遠、FA77mm/F1.8 Limitedを装着して撮影してみましたよ。
昔流行った「親亀の背中に子亀を乗せて~♪」という歌を思い出してしまいました・・・この歌を知っているあなた、私と同世代人です♪
FA77mm、基本設計の古いレンズですが、それゆえの収差の多さが独自の味わいをもたらし、ふわ~っととろけるような描写が大好きです。^^

b0134829_1524659.jpg

こちらは往年の名機、Pentax MXの親子・・・このMXのミニチュアは別の写真友達、Lavieさんにいただきました。
私の所有しているMXはクロムボディですが、こちらのガチャ・バージョンはブラック・ペイント、レンズはパンケーキ・レンズとして有名だったPentax-M 40mm/F2.8のようです。
そういうことなら・・・と悪乗りして、手持ちのパンケーキ・レンズ、FA43mm/F1.9 Limitedを付けて撮影してみましたよ。^^;
う~ん、FA LimitedはモダンなK-5に付けてもかっこいいですが、こういうクラシックなカメラに付けると一段と引立ちますねえ♪

このMXは私の所有している135判カメラの中では一番稼働率が高く、私のフィルム写真ブログでこれまでに112エントリーに登場しています。
その理由はいろいろありますが、まず第一には、オール・メカニカルという構造がもたらす信頼感でしょうか。
電池は露出計を動かすだけに用いられ、電池がなくなっても全てのシャッター速度で写真が撮れるというガチなカメラです。
また、ファインダーが大きくて見やすいので、ピントの山が掴みやすくマニュアル・フォーカシングがらくちんというの大きなメリットです。
さらに、一眼レフとしては異例にコンパクトで軽量なために、気軽に持ち出すことができる、というのもありますね。

b0134829_153341.jpg

このガチャなペンタックスのミニチュアたち、なんとレンズ交換式になっています・・・芸が細かいです~♪
黒と白のK-5をくださったカグラさん、MXとK-7のミニチュアをくださったLavieさん、どうもありがとうございました~♪

しかし・・・こういうミニチュアって、他社のカメラはお目にかかったことがありません・・・Pentaxだけですねえ。
K-xやK-rのカラー・バリエーションと言い、昨今のペンタックスって、遊び心のあるユーザーがターゲットなんでしょうか・・・^^

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Pentax K200D
Pentax FA31mm/F1.8 AL Limited
[PR]
by blackfacesheep | 2012-01-26 15:39 | Hardware
2012年1月25日 一回で3度うれしいお見舞い
b0134829_16113075.jpg

本日、無事に退院してまいりました~♪今回は7日間の入院と短い別荘生活でした。
それにしても、昨年12月に胆管炎で15日間の入院生活を送ったばかりなのに、また翌月に入院することになってしまうとは・・・^^;
まあ、健常者に近いような食生活にすぐ戻してしまったのが問題だったようで、お医者さんにしっかりお目玉を喰らってしまいました。
これに懲りて、しばらくは厳密な食事管理が必要です・・・少なくとも半年間、油をなるべく使わない食事療法を続けていかなければなりません。
手羽先や台湾ラーメン、あんかけスパなどという名古屋メシはしばらくご法度でしょうねえ・・・あ~、つまらんつまらん。^^;;;

ところで今回の入院中、写真友達のいけみさんご夫妻にお見舞いに来ていただきました。
入院中はとにかく暇・・・そんなときに気の合う友人にお見舞いに来ていただくといろんな話ができてとても楽しいです・・・いけみさん、本当にありがとう♪
こちらの写真はその時にいただいた素敵なフラワー・アレンジメントです。
お見舞いの数日後に撮りましたが、明るい日差しの差し込む病室で格好の被写体になってくれました♪

b0134829_16114144.jpg

いけみさんご夫妻には、お花のほかにもTully'sのチョコレートセットもいただきました。
ピーカン・ナッツにチョコレートをかけたもので、普段の私なら大好物・・・でも、胆管炎の私にはちーと負担があり、今は食べることができません。
待っとれよぉ、いまに治して食べてやるからなあ・・・あ、その前にチョコレート好きのうちの相方が喜んで食べてしまうか。^^;
このセット、二匹の可愛らしいテディベアとお洒落なバッグがセットになってました。
時間だけはいっぱいありますので、「あーでもない・・・こーでもない・・・」と色々レイアウトしながら写真を撮らせていただきました。^^v

b0134829_16115542.jpg

このセットには、コーヒー・チケットも入っておりましたので、後日、近くのTully'sによって飲物を頂いてこようとおもってます。
なぜか豊田市にはTully'sは5軒もあるので、選り取りみどり、そしてそれぞれインテリアも違うので写真も撮り飽きないんであります~♪
なお、いけみさんからはさらに素敵なお土産もありました・・・中判用の120判フィルムを7本もいただきました・・・春先まで使えます・・・これについては後ほど詳しくレポートいたします♪

いけみさん、本当にありがとうございました。
「お見舞いに来ていただいたとき」、そして「お帰りになった後」、さらに「退院した後」まで・・・一回で3回もうれしいお見舞いとなりました♪

愛知県日進市 愛知国際病院にて
Pentax K-5
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2012-01-25 17:15 | Still Life
2012年1月22日 再び入院^^;
b0134829_1016397.jpg

1月18日の夕方、みぞおち付近に鈍い腹痛・・・またしても胆管炎を再発させてしまいました。
家までどうにか運転してたどり着きましたが、しばらくしたら悪寒・・・「腹痛、そして発熱」といういつものパターンです。
その晩は頓服を飲んで解熱させ、翌朝病院に行き血液検査をしてみたら案の定、胆管炎を再発しておりました・・・また二週間の入院です。^^;
入院当初は絶食だったんですが、ちょっと血液検査の結果が良くなってきたので、五分粥食がようやく出るようになりました。
でも、ご覧のように「肉・油・卵はNG」というとてもとてもはかない食事なんであります・・・ううう。^^;

b0134829_10424197.jpg

本日は外出許可をもらって自宅に戻ってきましたので、久しぶりに更新をしてみました。
外出の理由は・・・午後から英検1級の一次試験があるんですねえ。^^;
ほぼ無勉だし体調はこんなんだし、受けても受かる自信はほとんどありません・・・でも、せっかく払い込んだ受験料が惜しいんですよね~^^;
それに、受けなければ合格する確率は0%しかないですが、受ければまかり間違って合格することもなきにしもあらず・・・です。^^;

昨年6月に英検1級に初めて挑戦したときは、合格点が79点で私は76点・・・3点足らずに涙を呑みました。
10月にリターンマッチしたときは合格点が81点で私は79点・・・2点足らずに天を仰ぎました。
この法則で行くと、今回は1点不足で不合格ってことなんでしょうが、実際にはもっと落としそうです。^^;

唯一の明るいニュースは昨年末に受験してみた英検サンプルテストですね。
これは「英検の問題を作成するときのモルモットになると図書券1000円差し上げます」、というものです。
昨年12月に母校で受験し、その結果が先日送られてきました・・・
ぬわんと120点満点中118点獲得(受験者平均点72.3点)、ありえんぐらい上出来だったことでしょうかね~♪

まあ、「参加することに意義がある」と信じて受験に行ってまいります♪

日進市愛知国際病院、およびみよし市自宅にて
Pentax K-5
Pentax FA31mm/F1.8 AL Limited
[PR]
by blackfacesheep | 2012-01-22 10:38 | Still Life
2012年1月17日 Green, Yellow, Blue & Red
b0134829_22232275.jpg

地上高250メートルを誇る長波送電空中線で有名な依佐美送信所記念館の横にあった遊具です。
紅白の空中線はありがちな雰囲気が写欲をそそらず、B&Wで仕上げてしまいましたが、こちらはコントラスト高めのカラーで仕上げてみました♪

b0134829_22233790.jpg

欧米製のものを見ると、「うう~、美しい配色だな~」と思うことが多いんですが、日本人は原色の使い方があまり巧くないような気が・・・^^;
でも、ここはなかなかセンス良くまとめていましたねえ♪

b0134829_22235152.jpg

私が一番気にいったのは、このローズマダーで塗られた古タイヤです。
青い支柱や黄色の球体とのバランスが実に美しかったですね~♪

愛知県刈谷市高須町石山 フローラルガーデンよさみにて
Ricoh GX200
[PR]
by blackfacesheep | 2012-01-17 22:32 | Japanese Landscapes
2012年1月16日 三河の味噌煮込み
b0134829_23112615.jpg

味噌煮込みうどんと言えば、名古屋名物として有名ですね。
でも、三河地方にも美味しい味噌煮込みを食べさせてくれるお店はいくつもあります。
というか、味噌煮込みに使われる八丁味噌は本来岡崎で作られていたもの・・・それゆえ三河こそが味噌煮込みの故郷と言えるんじゃないでしょうか。
これは西三河の刈谷市にあるうどん屋さん、「権兵衛」で食べた味噌煮込みであります。
カシワと玉子の入った親子味噌煮込みで、具は葱と蒲鉾と薄揚げというシンプルなものです。
お値段は1,150円だったかな・・・名古屋の山本屋本店よりは安め、山本屋総本家とほぼ同じ、まことやよりやや高め、という値付けですね。

b0134829_23113828.jpg

まことや同様、ここもうどんを取り分けるための専用の小鉢が付いてくるので、名古屋の両山本屋のように蓋を取り鉢に使う必要はありません。
また、うどんもまことやに近い柔らかさで、両山本屋のそれほど固くはありません。
味噌の味もそれほど苦味が強くなく、しかし豆味噌ならではのコクが感じられ、鰹の出汁のよく効いた節度のある味でした。
よく考えてみると、両山本屋の味が極端なのかもしれません・・・本来の味噌煮込みはそれほどエキセントリックな味じゃないんですよね。^^;
例によって、右手で箸を使って麺を持ち上げ、左手一本でカメラを持ちシャッターを押す「箸上げ」という技法で撮ってみました~♪

b0134829_23115048.jpg

外観も実にどってことないフツーな感じです・・・ミソニコ屋はこういうさりげない雰囲気が一番なんであります♪

b0134829_2312318.jpg

味噌煮込みの影に隠れていますが、釜揚げうどんって言うのも三河岡崎で発明されたらしいですね。
地元では味噌煮込み同様に人気メニューなんであります♪

愛知県刈谷市半城土町大下馬85 「権兵衛」にて
Pentax K-5
Pentax FA31mm/F1.8 AL Limited
[PR]
by blackfacesheep | 2012-01-16 23:24 | Foods & Dining