Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
<   2012年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
2012年6月30日 ちょっとフレンチなケーキ屋さんにて
b0134829_17282135.jpg

美味しいケーキ屋さんのメニューは、見ただけで食べたくなりますね~♪

b0134829_17283349.jpg

ここは名古屋の東、長久手市にあるケーキ屋さん、ピエール プレシュウズ (Pierre Precieuse)です。
ここのオーナーさんは、パリのコルドンブルーを首席で修了し、 約3年間のフランス研修後、2000年にオーナーパティシエとしてこのお店をオープンしたんだそうです。

b0134829_17284636.jpg

なるほど・・・それでどことなくフレンチっぽい雰囲気なんですね~。^^
言う人に言わせると、ここは名古屋東部では一・二を争う美味しいケーキ屋さんなんだとか・・・
120判を30分で現像してくれるプリントプラザローヤルさんでのフィルム現像待ちの間に行ってきました。

b0134829_17294445.jpg

さすが人気店ですね~、ウィークデーの午後でしたがカフェは満員でした・・・そのために、ケーキショップの待合でちょっと待ちました。
待っている時に暇だったので、ショップのカウンターにあるアレンジドフラワーをパチリ・・・
ほどなく、カフェに空席ができました♪

b0134829_1729367.jpg

このお店、ロケーションが良いですね~♪
お店の前の通りを挟んで杁ケ池公園になっており、公園の緑が目に優しいです♪

b0134829_17291857.jpg

はい、注文したケーキと飲物がやってきました・・・
こちらは同行した相方が頼んだケーキとアイスティーです・・・初夏にふさわしい爽やかな味なんでありました♪

b0134829_17293155.jpg

こちらは私が注文したコーヒーと、お店のお奨めのひとつ、モンブランなんであります。
過不足なくしっとりとした甘みのモンブラン、それにふさわしいビターなコーヒー、美味かったです~♪
フィルム現像待ちの間のコーヒーブレーク、今までは長久手アピタの中のスタバが多かったんですが、これからはここも使ってみようっと♪

愛知県長久手市杁ケ池1120 ピエール プレシュウズ (Pierre Precieuse)にて
Pentax K-5
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2012-06-30 17:57 | Foods & Dining
2012年6月29日 ラベンダー・バンドル製作中♪
b0134829_11501139.jpg

先日、我家のラベンダーが開花中というエントリを上げましたが、今回はそのラベンダーを使ったラベンダー・バンドル製作記事なんであります。
まずはラベンダーを刈り取ります。

b0134829_11502571.jpg

そして、刈り取った長さに合わせてグルーピングします。

b0134829_11503866.jpg

しかる後に、スティック状になったラベンダーを首のところで折り曲げて、リボンを巻いていきます。

b0134829_11511968.jpg

はい、ラベンダー・バンドルが出来上がりました。
見た目が可愛いし、香りも良いので素敵なインテリア小物になりますね♪
凄く手間のかかる作業なんですが、相方さん、毎年きっちり作っておりますねえ・・・ずぼらな私には真似のできない仕事なんであります。^^;

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Pentax K-5
Tamron SP AF 90mm/F2.8 Macro (Model 272E)
[PR]
by blackfacesheep | 2012-06-29 11:59 | Seasonal Images
2012年6月28日 スチームパンクな緑陰の赤錆
b0134829_13211381.jpg

先日、とてもシュールな仏教テーマパーク「五色園」を訪問した時に見つけた赤錆物件です。
チャイナ・ブルーの塗料で塗られたゲートですが、その塗装の手間をあざ笑うが如く、しっかりと錆びてますねえ♪
でも鍵は、錆びない真鍮とステンレススチールでできていますね・・・錆びて機能不全を起こされたらかないませんもんね~。^^;

b0134829_13213368.jpg

こjの造形・・・痺れますね~♪
赤く錆びたパイプが、コの字型を中空で描く・・・なんでこんな造形が必要だったのか、よくわかりません。
効率よく最短距離を結べば良さそうなもんなんですが・・・空中で冷却する必要があるんでしょうか・・・素人には理解不解です。^^;

b0134829_13215322.jpg

はい、これが全体像です・・・実に見ごたえのある赤錆物件ですね~♪
歯車や蒸気機関は付いてませんが、ぱっと見た感じがメカメカしくて、スチームパンクって感じの雰囲気でした。^^v

b0134829_13221086.jpg

ところで、赤錆物件って緑が実に綺麗に映えるんですよね~、補色関係にあるからでしょうか。

b0134829_13223518.jpg

また、赤錆と新緑は、「死と再生」ってイメージなのかもしれません・・・
錆びて朽ち行く鉄と生まれたばかりの新緑のコントラスト・・・この季節ならではの見事さでしたねえ♪

b0134829_13231458.jpg

緑陰でひっそりと赤く錆びていく圧力計・・・う~む、これもスチームパンクな眺めなんでありました。^^

愛知県日進市岩藤町一ノ廻間 932番地31 五色園にて
Pentax K-5
Pentax FA31mm/F1.8 AL Limited
[PR]
by blackfacesheep | 2012-06-28 13:54 | Rusty Scene
2012年6月27日 イエネコカメラ、再び・・・
b0134829_19332997.jpg

この"trineco"の看板は、「トリムソウ」さんと「イエネコカメラ」さんの合同看板で、鳥のように翼の生えた猫ちゃんがかわいいんであります♪
先日、イエネコカメラさんに私のMamiya-6の修理をお願いしたんですが、試写してみたら漏光は直っておらず、再度調整に預けてありました。

b0134829_1933456.jpg

この日、お店の二階の作業場に置いてあったのは、オリンパスのOM10でしたね。
お店のYさんによれば、私のマミロク、蛇腹にピンホールが見つかったので、弾力性のあるセメダインでふさいでおいた、とのことでした。
(その後、再度マミロクで試写してみましたが、まだ漏光は完全に直っていませんでした・・・古い蛇腹カメラは手ごわいです。^^;)

b0134829_1934536.jpg

このイエネコカメラさんで扱っているカメラもレトロですが、トリムソウさんのインテリアもとてもレトロで楽しいです。
例によってスナップさせていただきました・・・上は古い写真雑誌ですね~♪

b0134829_1935148.jpg

こちらも昭和の臭いに溢れた時計と電気スタンドですね。

b0134829_19354814.jpg

こちらはアメリカの臭いが紛々とします・・・オールディーズの世界ですね~♪

b0134829_1936416.jpg

セブナップとペプシの缶も懐かしいなあ。^^
狭いお店の中で77mmを振り回すと、さすがに写角が狭いな~。^^;

b0134829_19362175.jpg

照明器具もとても素敵な雰囲気でしたね。

b0134829_19595062.jpg

こちらはお店の一階に置いてあったミラーです・・・中望遠なので写りこみがアウトフォーカスして楽しいんであります。^^

b0134829_19331676.jpg

お店の前にあった看板です。
イエネコカメラとトリムソウのほかにもヤモリとくじら文庫という名前も見えます・・・なんなんだろう・・・興味津々です。^^
このお店の言語感覚、シュールで楽しいですねえ♪

名古屋市中区新栄1-49-18第一ビル1F trineco(トリムソウ&イエネコカメラ)にて
Pentax K-5
Pentax FA77mm/F1.8 Limited
[PR]
by blackfacesheep | 2012-06-27 19:55 | Still Life
2012年6月26日 昭和の香る純喫茶
b0134829_1325376.jpg

木造モルタル2階建スタッコ塗り、松屋コーヒーとペプシの看板、煙草やチェリオの自販機、店名の褪色してしまったオーニング・・・
全身から「昭和でございます・・・」という濃厚な香りを発散する喫茶店、豊田市の「翠珈琲苑」を訪問して来ました。
最近は「カフェ」と呼ばれるこじゃれたコーヒーショップが増殖中です・・・StarbucksやTully'sのように海外ブランドも多くなりました。
でも、私のように1950年代に生まれた人間には、こういう昔ながらの「純喫茶」と言われるお店が懐かしくてしょうがないんですね。

b0134829_13255329.jpg

お店の玄関に鎮座するカリタ製の大きなコーヒー・ミルです・・・いかにも「うちは純喫茶店なんです!」と主張しているようですね。

b0134829_1326672.jpg

実に昭和の濃厚な香りのするカウンターなんであります。
今では禁煙のカフェの方が多くなってしまいましたが、昭和の純喫茶は煙草の吸えるのがデフォルトでした。
私は去年の12月以来卒煙してしまいましたので、もはや喫煙の可否は問題ではないんですが、スモーカーにとって純喫茶はありがたい場所かもしれません。

b0134829_13261783.jpg

漫画雑誌が重ねられた本棚ってのも、昭和の純喫茶風の雰囲気です。
さらに愛知県なら、中日スポーツがあればなおよし、って感じですね。

b0134829_13264639.jpg

昔ながらの名古屋の純喫茶のコーヒーは、ひたすらに濃厚なものが多かったですね。
てっきりここでも煮しめたような真黒で苦いのが出てくると想像していたら・・・見事にその先入観はひっくり返されてしまったんであります。^^;
一杯ずつ丁寧にドリップで入れているので、今風のモダンでさっぱりした味わいのコーヒーで美味しかったんであります♪
しかもうれしいことに、お値段は昭和の純喫茶っぽく、300円とお値打ちでした。^^v

b0134829_13265976.jpg

この「翠珈琲苑」はトヨタ自動車元町工場の近くにあります・・・上の写真の奥がそうですね。
元町工場の従業員や、そこを訪問する営業マンに愛用されている喫茶店なのかもしれません。
ひさしぶりに「カフェ」じゃなくて「純喫茶」らしい、懐かしくもまったりとした時間を過ごすことができました~♪

う~ん、純喫茶、なかなか楽しいです・・・いつまでも残っていないでしょうから、今のうちに訪問しておかんと・・・^^;
愛知県は人口あたりの喫茶店数が全国でもトップレベルらしく、昔からの雰囲気を残した純喫茶、まだたくさん残っていますよね。
桜山のボンボン、円頓寺の西アサヒ、大須のモカ、車道のユキ、コンパルの各店、支留比亜の各店・・・
今は妙に有名になってしまった滝川町のマウンテンでさえ、私があの近くの大学に通っていたときは典型的な昭和の純喫茶でした。
こういう古いお店に興味のある方、一緒に探訪しませんか~♪

愛知県豊田市元町17-5 翠珈琲苑にて
Olympus Pen mini E-PM1
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH
[PR]
by blackfacesheep | 2012-06-26 14:13 | Foods & Dining
2012年6月25日 神を宿す光
b0134829_1646190.jpg

熱田神宮の大楠の木にかけられた注連縄です・・・場所が場所だけに、ご神木に射す日差しもどことなく神々しい雰囲気がありますね。
日本人の多くは多神教・・・唯一神を信仰する一神教のクリスチャンやモスレムに比較すると、よく言えば寛大、悪く言えばいい加減です。
でも、身の回りの自然にあまねく神さまが存在すると言う考え方、悪くないような気がします。

b0134829_16462698.jpg

森に対する考え方も、宗教施設のあり方を見ると、キリスト教社会と日本との違いが際立つような気がします。
西洋では森を切り開いて教会をつくる・・・自然をねじ伏せて「開拓」し、「征服」してしまうって感じです。
日本の神社は、「すんませんが間借りさせてくださいな・・・」って感じです。
人間の英知のシンボルとして森をねじ伏せたりするわけではなく、ただ共存しているような気がします。
その共存は、このクスノキと共生しているヤドリギにも見られます。

b0134829_16464330.jpg

このヤドリギ、寄生と考えるべきなのか共生と考えるべきなのかはよくわかりませんが、なんとなく神さまが宿っているような気がします。
人間の知恵の及ばないナニカが宿ってこういうカタチになったんだろうなあ、って思うのですよ。

b0134829_16465984.jpg

全体が鬱蒼とした森で囲まれた熱田神宮・・・思わず居住まいを正したくなる荘厳な雰囲気に溢れてます。
やはり「熱田の杜には神話が生きてる」んだなあ、と思わずにはいられません♪

名古屋市熱田区神宮1-1-1 熱田神宮にて
Pentax K-5
Tamron SP AF 90mm/F2.8 Macro
[PR]
by blackfacesheep | 2012-06-25 17:12 | Lights & Shadows
2012年6月24日 我家のラベンダー、咲き始めました
b0134829_19163444.jpg

6月も下旬となり、我家の玄関先に植えてあるラベンダーの開花が始まりました。
ちっちゃな花なのでよくわからないかもしれませんが、これで三分咲きぐらいでしょうか・・・

b0134829_19164815.jpg

このラベンダー、首都圏に住んでいた時に、神奈川県秦野市のハーブガーデンで買ったものです。
うちの土壌と相性が良いのか、かれこれ20年ぐらい経ってもいまだにこの季節になると豪快に咲いてくれますね。^^

b0134829_19165915.jpg

相方が「摘み取る前に撮っておいた方がいいよ~♪」と言うので、早速撮影してみました。
この後、彼女は忙しい毎日になります・・・開花したらベンダーを刈り取り、長さ別に分別してラベンダー・バンドルを作るんであります♪
松下るみ子さんちの20mm/F1.7レンズ、20cmまで寄れますし開放でもシャープなので、花写真にも向いてますねえ。^^

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Olympus Pen mini E-PM1
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH
[PR]
by blackfacesheep | 2012-06-24 19:27 | Flowers & Plants
2012年6月23日 潮風に弄ばれしものたち
b0134829_18183413.jpg

名古屋港九号地の南端から南方を見たところで、対岸に見えるのは新日本製鉄の製鉄所でしょうか・・・
いかにも潮っ気のある風景が広がっており、海の好きな人にはとても気持ちの良い眺めですね。

b0134829_18184629.jpg

当然潮風に吹きっさらしでしょうから、すべてのもが真っ赤に錆びていきます・・・朽ち方もダイナミックでシュールなんであります。^^

b0134829_1819044.jpg

防錆塗料を塗ってあるんでしょうが、それでも容赦なく吹き去らされるうちに剥げてしまうんでしょうね。

b0134829_18191647.jpg

陸の上の赤錆に比べると、もはや芸術的とも思われる豪快な錆が気持ちよいんであります♪

b0134829_18193325.jpg

ステンレスで出来ているタンクでさえ、潮っ気を含む風にさらされているうちにどんどん艶消し状態になってしまうようです。
潮風って凄いです・・・海の近くに住んでいると、自動車の傷みが早いと言うのが、とてもよくわかります。^^;

名古屋市港区潮見町にて
Pentax K-5
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2012-06-23 18:30 | Rusty Scene
2012年6月22日 闇に浮かぶカーマスコット
b0134829_203935100.jpg

漆黒の闇に浮かぶ鋭角的なカットの鶏さん・・・
これは1920年代、ベル・エポックの時代の自動車のボンネット先端に付けられたた装飾で、通称カーマスコットと呼ばれたものの一つです。
このアール・デコなデザインは、フランスのガラス工芸家、ルネ・ラリックの手によるものですね。

b0134829_2040872.jpg

こちらはアール・ヌーボーって感じですね。
ルネ・ラリックはモダンな直線を生かしたアール・デコのデザイナーと言われますが、実際には花鳥風月をテーマとしたアールヌーボー的な作品も多くデザインしていたように思います。
この艶かしい女体のカーマスコットは一般的なアール・ヌーボーとは違うんでしょうが、アルフォンス・ミュシャの描くサラ・ベルナール的雰囲気もあるような気がします。^^

b0134829_20395314.jpg

こちらはちょっと怖いようなカーマスコットですね~。^^;
実は、ここは先日訪問した長久手市のトヨタ博物館の中にある「ルネ・ラリック・カーマスコット展示室」なんであります。
ラリックがデザインしたカーマスコットは、1920年代後半を中心に全29種類32点あるんだそうです。
ここにはベル・エポークなビンテージ・カーもたくさんありますが、その時代のラリックのカーマスコットが全部揃っていることでも有名です♪

b0134829_20402359.jpg

こちらは旅人の神様と言われるセント・クリストファーのようです・・・自動車は旅行に使う乗り物ですから、ふさわしい聖人なんでしょね。
暗闇に浮かぶラリックのカーマスコット、とても綺麗でした。
透過光フェチの私にとっては、これだけでもトヨタ博物館を訪れた甲斐があるというものなんでありました♪

愛知県愛知郡長久手町大字長湫字横道41-100 トヨタ博物館にて
Pentax K-5
Pentax FA43mm/F1.9 Limited
[PR]
by blackfacesheep | 2012-06-22 21:00 | Lights & Shadows
2012年6月21日 静寂の東照宮
b0134829_1954267.jpg

梅雨時の曖昧な曇り空は、そのフラットな光のおかげで瑞々しい緑の楓を撮るにはなかなかむいているのかもしれません。
ここは豊田の山中、松平郷です・・・楓の葉の向こうに静かに横たわる風景は・・・

b0134829_19544037.jpg

はい、松平東照宮なんであります。

b0134829_19545387.jpg

東照宮とは、東照大権現たる徳川家康を祀る神社で、全国で500以上造営されたらしいですね。
最も有名なのは日光にある久能山東照宮だと思いますが、ここ、徳川発祥の地、松平郷にも東照宮は存在します。
この葵の紋が目に入らぬか~、ってな感じですね。^^

b0134829_19551715.jpg

こちらも葵の紋所が付いております・・・これは産湯の井戸と呼ばれておりますね。
松平家は代々この井戸の水を産湯に用いたそうで、岡崎城主松平広忠の子、竹千代(後の家康)が誕生したときも、この水を竹筒に入れ早馬で岡崎城に届けたんだそうです。

b0134829_19553341.jpg

こちらは東照宮に生えていた葵ですね~、これが松平の紋所なんであります♪

b0134829_19561025.jpg

縄で結わえられた古木です・・・なんか、このあたりが結界になっているんでしょうか。

b0134829_19562944.jpg

梅雨の平日だったので、訪れる人もいない静かな神社でした。
日光の東照宮だとこういうわけにはいかないんでしょうね、きっと。^^;

愛知県豊田市松平町赤原13 松平東照宮にて
Pentax K-5
Pentax FA31mm/F1.8 AL Limited
[PR]
by blackfacesheep | 2012-06-21 20:11 | Japanese Landscapes