Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
<   2013年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
2013年1月31日 黒壁土蔵のある風景
b0134829_22311461.jpg

古い土蔵にまとわり付く枯れたつる草・・・侘びと寂びの世界なんであります。

b0134829_22314027.jpg

このつる草は古い金庫にもまとわり付いております・・・この金庫、中に何が入っているんでしょうか。
とんでもないお宝、それも金目じゃないようなものが入ってそうなご面相です。

b0134829_223228.jpg

こちらは外壁に掛けられた横棒です・・・土蔵ではよく見かけるんですが、どういう機能を持っているんでしょうか・・・

b0134829_22322381.jpg

先日、Pentaxの写真塾で訪問した津島市、こんな風格のある黒壁土蔵がいくつかありました。
新建材でできた安直な建物にはない素晴らしい存在感なんでありました♪

愛知県津島市にて
Pentax K-5
Pentax FA77mm/F1.8 Limited
[PR]
by blackfacesheep | 2013-01-31 06:00 | Japanese Landscapes
2013年1月30日 伝統ある王冠
b0134829_22184714.jpg

この有機的な愛らしいフロント・グリルは・・・そう、トヨペット・クラウン初代モデルなんであります。
発売されたのは1955年1月1日、すでに58年間の長きにわたって販売され続けている伝統のブランドですね。
あの当時、国外メーカーと提携して生産した車が多かったのに、このトヨペット・クラウンは純国産設計だったのでありました。
私が子供の頃には時々見かけた高級セダンで、後部座席の乗り降りしやすさを重視した、観音開きのサイドドアがユニークでしたね♪

b0134829_2219367.jpg

クラウンとは英語で"Crown"、王冠のことですね・・・これ以降、トヨタ製の車は"Cで始まる王冠"の名前を採用したものが続きました。
コロナは英語の「太陽の冠」、カローラも英語で「花の冠」・・・しばらくこのあとは途切れてしまい、クレスタで復活・・・スペイン語で「紋章の頂に輝く飾り」であります・・・そして最後にカムリ、日本語で「冠」なんであります♪
そして、こちらは最新の「冠」ですね。

b0134829_22191932.jpg

トヨタ・クラウン14代目のS21型、2.5ロイヤルです・・・背景に写っているのは初代のトヨペット・クラウンですね。
昨年12月に発表されたばかりのおニューですが、今までのクラウンの遺伝子を感じさせないアグレッシブなデザインで評判になりました。
中でもショッキング・ピンクの特別仕様のクラウンが衝撃的でしたねえ♪
アレを見て、昔、英国製TVドラマ「サンダー・バード」でレディ・ペネロープが乗っていた、ピンクのロールス・ロイスを思い出しました。
しかも豊田章男社長によれば、あのピンクのクラウン、ガチで販売する気らしいです。^^;

この最新型クラウン、最安で3,530,000円なり・・・高いっちゃ高いんですが、この立派なガタイですから、意外にリーズナブルかもしれません。
また燃費も大きく改善され、ハイブリッドタイプでは驚くべし、コンパクトカー並の燃費(JC08モード 23.2km/L)を誇ります。
良くも悪くも反響の多い今回のクラウン、受注は絶好調のようで、発売3週間後の1月15日時点で受注台数1万9000台に達したようです。
月販目標(4000台)に対して、約7倍近く受注した計算になります・・・そのうち、たくさん「ピンクのクラウン」を見かけるようになるかも♪

Ricoh GX200で撮るときは、ついつい「B&Wの真四角」になってしまいます。
このカメラ、きょーびのコンデジに比べると高感度が「あちゃちゃ~」なんですが、低感度で使った時のフィルムっぽい粒状感が好きですね♪

愛知県豊田市トヨタ町1 トヨタ会館にて
Ricoh GX200
[PR]
by blackfacesheep | 2013-01-30 06:00 | Still Life
2013年1月29日 黄昏の高架橋
b0134829_21142065.jpg

日没間近な時間帯は、どんなものでもドラマチックに写し出してくれますね♪
長久手市の「芸大通駅」をシルエットに日没を撮ろうとしていたら、ちょうどうまい具合にリニモちゃんがやってきました。
このリニモ、正式名称は「愛知高速交通東部丘陵線」と呼ばれる磁気浮上式鉄道で、語源はもちろんリニア・モーター・カーです。
でも、これ、紛れもなく和製英語ですね。^^;
生徒の一人のアメリカ人に説明したら、「わからなくはないけれどかなり違和感のある響き」と言っておりました・・・ちなみに彼はエンジニアです。
英語では、"Magnetic levitation"”(磁気浮上)と言うことが多く、省略する場合はマグレブ(Maglev)なんであります。

b0134829_21143661.jpg

こちらは上のリニモちゃんが走り去って行った東方向です。
下を走っているのがリニモの高架、上に走っているのは東名高速の日進ジャンクションにつながる名古屋瀬戸道路の高架ですね。
この先は「公園西駅」で、「公園」とは、今から8年前に開催された「愛知万博」会場後を利用した「愛・地球博記念公園」のことです。
あのときはたくさんのお客さんを乗せて走っていたリニモちゃんですが、万博が終わった後は利用客が減ってしまい、寂しそうでした。

2枚とも、Pentax独自のホワイト・バランス、"CTE"で撮って見ました。
黄昏時の赤みを帯びた光線を強調するので、実際の色味よりドラマチックに写っておりますね・・・Pentaxらしい記憶色なんであります♪
2枚目、走っている車を1/13秒の低速シャッターでぶらしてみましたが、そうするためにF20まで絞ったら、右上にしっかりゴミが写りました。^^;
レタッチソフトを使えば、スタンプツールでいくらでも消せるんですが・・・面倒なのでそのままあげてしまいました。^^;
うむ・・・そろそろLPFを掃除しなくちゃいかんなあ・・・Pentaxも名古屋にショールームができたらいいのになあ。^^;

愛知県長久手市にて
Pentax K-5
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-01-29 06:00 | Lights & Shadows
2013年1月28日 銀残しな赤いトラクター
b0134829_1725558.jpg

先日いつもと違う道を走っていたら、私の大好きな赤い舶来トラクター、"Massey Ferguson"に遭遇しました。
1月末から2月初旬にかけては、一年でも一番寒さが厳しい季節・・・この季節に撮った写真らしくするために、「銀残し」で仕上げて見ました。
映画の世界で「ブリーチバイパス」と呼ばれている、低彩度でコントラストの強い独特の風味の写真にしあがりますね。

b0134829_17254034.jpg

マッセイ・ファーガソン、現在はアメリカのジョージア州に本社を置いているようですが、元来は英国での生産も行っていたメーカーのようです。
この個体はモデルMF240、製造地はGreat Britainとなっておりましたね。
ちなみに、このファーガソンという名前は、トラクター発明家だったアイルランド人、Harry Ferguson氏から採られております。

b0134829_17255668.jpg

正面から見たところです。
マッセイ・ファーガソンのシンボルマーク、逆さミツウロコが付いておりますね。
このマーク、おそらくハリー・ファーガソンが特許を取った"three-point linkage"のシンボルなのかもしれません。
Wikipediaによれば、"three-point linkage"とはトラクターに様々な農機具を牽引させるために必須の連結構造のようで、ファーガソン氏の独創的な発明で初めて実現されたらしいです。
その特許の使用について、フォードとは長年の確執があったらしく、ちょっと面白そうなエピソードが書いてありました。^^;

b0134829_17261240.jpg

こちらはその牽引されていた農機具であります。
何に使うのかはさっぱりわかりませんが、こういう強面なパーツ、大好きなんであります。^^;

b0134829_1726446.jpg

国産のトラクターに比べると、あくの強いデザインですね・・・
後輪の大きさと言い、頑丈一点張りのエンジン部分と言い、いかにもチカラが強そうなんであります♪

愛知県豊田市にて
Pentax K-5
Pentax FA77mm/F1.8 Limited
[PR]
by blackfacesheep | 2013-01-28 06:00 | Tractors
2013年1月27日 餅搗きは手搗きに限る♪
b0134829_1547326.jpg

かすかな光を浴びて輝く白い粒・・・
これはナニカと言いますと、研がれた餅米なんであります。^^
昨年末、写真友達のK君宅での「餅つき」にお邪魔したときに、撮った写真がまだ未公開だったのでありました。^^

b0134829_15474770.jpg

K君宅では、いまだに土間にこんなかまどが残されており、餅つきの際には大活躍しますね。

b0134829_1548028.jpg

しかる後に、臼でお餅を搗いていきます・・・K君のご両親、息がぴったり合っておりましたねえ♪
お父さんの杵をぶらしたかったので、1/8秒のTv優先で連射して撮ってみました。^^

b0134829_15481586.jpg

まずは神様用の鏡餅をつくります・・・その後、伸餅をつくりました。
K君宅の手搗きのお餅、めちゃくちゃ美味いんであります、機械で搗いたものとは雲泥の差がありますねえ。^^v

b0134829_15482717.jpg

これは愛知県山間部に伝わる「ぼろ餅」と言われる物で、餅米だけでなくうるち米とアオサ海苔もブレンドされたお餅なんであります。
これだけ焼いて醤油を付けて食べても美味しいんですよね。
K君、あの時はたくさんお餅のお土産を頂いてしまい、本当にありがとうございました~♪

愛知県豊田市にて
Olympus Pen mini E-PM1
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH
[PR]
by blackfacesheep | 2013-01-27 06:00 | Seasonal Images
2013年1月26日 春を待つペーパークラフト
b0134829_16193546.jpg

街角で見かけたスノーマンのペーパークラフトです・・・シンプルな造形が、げーじつ的ですね~♪

b0134829_16214952.jpg

窓に映る風景は、明らかに陽の光の乏しい冬の雰囲気ですが・・・華やかな色合いのペーパークラフトは、なかなかに春っぽいですね。^^

b0134829_162296.jpg

1月も中旬を過ぎたし、まもなく梅の開花も聞こえてくるんではないでしょうか・・・春よ、はよ来い♪

名古屋市千種区星ヶ丘にて
Pentax K-5
Pentax FA77mm/F1.8 Limited
[PR]
by blackfacesheep | 2013-01-26 06:00 | Lights & Shadows
2013年1月25日 錆び逝く国産トラクタ
b0134829_17274458.jpg

うちのご近所、舶来のトラクターばかりでなく、時々はこんなかわいらしい国産のトラクターも見かけるんであります。
肉食系の顔つきが多い舶来トラクターと違って、どこか優しげなファニーフェースですね♪
ちらりと見える銘版には"ZEN-NOH"とあります・・・つまり、農協グループの農畜産物の流通のまとめ役である「全農」ブランド製なんであります。

b0134829_17281234.jpg

後姿であります・・・舶来トラクターに負けないぐらい、グラマラスな後輪ですね♪

b0134829_17284676.jpg

どいういう用途で使うか不明ですが、とてもフォトジェニックなパーツがそこら中にあるんであります。^^

b0134829_17295572.jpg

この全農ブランドのトラクター、どうやらクボタのOEMのようです。
舶来トラクターの機関部はやたらとゴチャらけておりそれだけで迫力がありますが、国産トラクターはシンプルですね。^^

b0134829_17301355.jpg

明るい緑色に塗ったらアマガエルっぽく見えそうです・・・ケロケロと啼き出しそうな、かわいらしい顔つきなんであります。^^v
ちなみに、6x6のKiev 88Cでも撮っております・・・中判の80mmの描写と比べると、ちょっと可愛そうですね、APS-Cだと。^^;

豊田市のこのあたり、昔はのどかな農村地帯だったんでしょうが、昨今は宅地化が進んできていますね。
かつては農地だった場所にも、集合住宅が建ち始め、時代の流れを感じさせられます。

愛知県豊田市にて
Pentax K-5
Tamron AF 18-200mm/F3.5-6.3 (Model A14)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-01-25 06:00 | Tractors
2013年1月24日 3Dなモノクローム写真
b0134829_1715079.jpg

相方が、近所のフリマに出かけたときに、こんなオブジェを買ってきました。
どうやら、イガの付いた栗などを炭焼き窯で焼いて、炭化させたもののようですね。^^

b0134829_17151959.jpg

こちらはひょうたんかな・・・薔薇の枝や松ぼっくりも見えます・・・いろんなものが選べ、ブリキの箱に入れて売ってくれるんだとか。
普段見慣れたものでも、色を失い「墨一色」になってしまうと、フォルムの面白さが際立ってくるのが不思議です。

カラー写真とB&W写真の違いと同じなんですが、3Dになってるところが写真とは違います。^^
色の付いたものを背景に持ってくると、モノクロームな質感とのコントラストが出るかなと思って、確信犯的な構図で撮ってみました。^^;

基本、オブジェではありますが、素材が多孔質の炭ですから、部屋の中の雑臭を吸い取ってくれるという、実用的なメリットもあるらしいです♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Pentax K-5
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
[PR]
by blackfacesheep | 2013-01-24 06:00 | Still Life
2013年1月23日 蛇の刻まれたお社
b0134829_19114451.jpg

みよし市の明知地区の八柱社、市内で一番古い神社のひとつのようです。
俗称「八王子」という八柱社は、「応永8年(1401年)猿投八王子社檀一宇、現当二世之祈願奉造立」と言う棟札が残っているんだとか。
ほぉ、今から600年以上前の神社なのか・・・そりゃ由緒があります。^^
さてこの神社にやってきたのは、古いから、と言うわけではなく、今年の干支である「蛇」が刻まれていると言う情報を、新聞の地域版で見かけたからなんですね。

b0134829_1604260.jpg

うむ、これは蛇ではない・・・単なる狛犬なんであります。^^

b0134829_1605570.jpg

拝殿の正面にやってきました・・・これは蛇ではなく龍ですね・・・でも田舎の神社にしては、なかなか見事な彫刻です♪

b0134829_1613371.jpg

手水場です・・・うむ・・・これも龍ですね。

b0134829_1611220.jpg

お~・・・これか~♪
確かに舌をチロリと出した蛇が刻まれておりました。^^v
この拝殿、ぐるりと十二支の動物たちの彫刻が刻まれているのでありました。
英国の古いノルマン教会にも似たような意匠があったなあ・・・HrefordshireのKilpeckにあるChurch of St Mary and St Davidですね。
あれはガーゴイルとかの魔物なんでしょうけどね。

b0134829_1601281.jpg

なぜ十二支の動物たちが刻まれているんでしょうか・・・ここは寺院ではなくて神社なんですけどね。
十二支は中国が起源で、お釈迦様のもとに新年の挨拶に来た順番に動物を割り当てた、と言われているように仏教的な背景があります。
まあ、神仏習合ってやつなんでしょうね。

いずれにせよ、ここは古くから近所の氏子さんたちに大切にされている神社のようで、お正月らしく、見事な門松で飾られていたのでありました♪

みよし市明知町西ノ口1 八柱社(旧八王子社)にて 
Pentax K-5
Pentax FA43mm/F1.9 Limited
[PR]
by blackfacesheep | 2013-01-23 06:00 | Japanese Landscapes
2013年1月22日 An American Family in Nagoya
b0134829_191359.jpg

私の日本語の生徒、J君とAさんです。
J君は、アメリカ・ミシガン州から昨年の夏に名古屋にやってきました。
ミシガン州のアナーバー市には、愛知県内の企業の技術センターがあり、彼はそこで働いているのですね。
1年間の本社勤務が決まったので、家族で日本にやってきた、と言うわけなんであります。

b0134829_193014.jpg

はい、こちらがJ君とAさんの可愛い子供たちなんであります。
長女のLちゃんは6歳、次女のRちゃんは4歳、どちらもめっちゃ、キュートなんであります♪

b0134829_114335.jpg

Lちゃんはおしとやかで、ちょっと人見知りするタイプかな・・・スマイルをくれるまでには少々時間がかかりました。^^;

b0134829_1145275.jpg

Rちゃんも人見知りしますが、もう少し外交的な感じであります。

b0134829_1154233.jpg

Rちゃんの目を見た後、J君を見るとと同じ目をしてることがわかります、さすが親子なんであります♪

b0134829_116177.jpg

Aさん、実はフォトグラファーなんであります。
昨年秋の丸栄中古カメラ市に連れて行ってあげたら、Nikonの70-200mm/F2.8という気合の入ったズームレンズを買っておりました。
彼女、撮るのは大好きなんですが、撮られるのは慣れていないとかで、この日はちょっと緊張気味でした・・・^^
でも、自分で光線の良い位置に移動してくれたり、さすが写真を撮る人はその辺がよくわかっているので、とても楽なんでありました♪

b0134829_124429.jpg

キッズ・コーナーでお絵かき中です。
LちゃんもRちゃんもアメリカン・スクールに通っており、日本語のレッスンが大好きだそうです。
この日のお絵かきノートも、日本語のものを使っておりました・・・将来、バイリングヮルに育つかも~♪

b0134829_1164470.jpg

彼らのおうちの外観です・・・このあたり、アメリカンな賃貸住宅が多くて、ちょっと日本離れした景観になっておりますねえ♪
Aさん、いつも三脚を持って家の外に出るのを忘れてしまうので、家族揃っての写真がないんだそうです。
なので、喜んでセルフタイマーのいらない人間三脚やってきましたよ。^^v

名古屋市名東区にて
Pentax K-5
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8 (Model A16)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-01-22 06:00 | Portraits