Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
<   2013年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
2013年2月28日 名前と裏腹なTV塔
b0134829_22403686.jpg

名古屋名物、「テレビ塔」です。
でも、2011年7月24日の地デジ化により、アナログ放送用のテレビ電波の送信用電波塔としての役目は終えてしまいました。
長い間見慣れたアナログ電波送信設備がてっぺんから撤去されたので、なんとなく寂しく見えますね。

b0134829_22405723.jpg

こちらは同じ名古屋名物のきしめん家さんの看板です。
テレビ塔のふもとにあるんですが、「恋するきしめん」って、どんなんだろう・・・興味津々なんであります。^^;

b0134829_22411977.jpg

このテレビ塔、夜になるとライトアップされ、美しい夜景の乏しい名古屋では結構目立つランドマークになってますね。^^

b0134829_22414150.jpg

テレビ電波はもはや送信してないのに、いまだに「テレビ塔」と呼ばれているこのタワー・・・
でも、名前と一致してなくても、他の名前は考えられませんね。
2012年4月1日からスマートフォン向けマルチメディア放送の電波が送信され、再び電波塔として活躍しているそうですが、「スマホ塔」なんて、絶対に呼びたくないんであります。^^;

名古屋市東区 セントラルパークにて
Pentax K-5
Tamron AF 18-200mm/F3.5-6.3 (Model A14)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-02-28 06:00 | Japanese Landscapes
2013年2月27日 残照の牛丼屋
b0134829_20473388.jpg

お昼ごはんを食べ損なってしまった遅い午後、ナニカ食べたいなあと思いながら車を走らせていたら、「すき家」に遭遇・・・
私は保守的ですから、普段牛丼を食べるときには圧倒的に吉野家が多いんです・・・でも、ときどきは他の牛丼屋でも食べますよ。^^;

b0134829_2047441.jpg

吉野家で食べるときはほとんど「牛丼」ばかりなんですが、すき家さんで食べるときはついついエキゾチックなメニューを選びがちです。
これは「キムチ牛丼」です・・・量は一番少ない「ミニ」なんであります♪

b0134829_20475548.jpg

こちらは豚汁なんであります。
麺類の右手箸上げ写真はよく撮りますが、豚汁は初登場かもしれません。^^;

b0134829_20481223.jpg

すき家さん、こういうロードサイド店が多く、駅の近くに出店する吉野家とは対称的なんであります。
メニューもすき家はバラエティで勝負している感じで、質実剛健保守的な吉野家とは対称的・・・うまく住み分けているのかもしれません。

愛知県日進市浅田町笹原8-11 すき家・153号日進赤池店にて
Olympus Pen mini E-PM1
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH
[PR]
by blackfacesheep | 2013-02-27 06:00 | Foods & Dining
2013年2月26日 ククル・クク・パロマ
b0134829_21384730.jpg

今日も暇だな~、なんぞ面白いことないかな~、くるくるっぽー♪

b0134829_21392413.jpg

お、みんながあっちに集まっていくぞ・・・何があるんだろ・・・ぐるぐるっぽっぽー・・・^^;

b0134829_21395355.jpg

うひゃ~、水が出てきたじょ・・・逃げて~、くるくるっぽっぽっぽ。

b0134829_2140798.jpg

あ~、驚いた、腰が抜けるかと思った、くくるくくぽっぽー♪

公園で遊ぶ鳩たち・・・どこにでもある風景なんですが、今まで撮ったことがありませんでした。
で、セントラル・パークで撮ってみましたよ。^^

鳩と言うと、昔、永嶋慎二が描いた「ククル・クク・パロマ」という漫画を思い出してしまいます・・・ギター弾きのジョルジュとコスモスの悲恋物語ですね。
もがいてこの現状から脱出しようとするんですが、結局どうしようもない・・・ひたぶるに悲しいです。

あの頃、永嶋慎二は神でした・・・「フーテン」とか「若者たち」とか、60年代のルサンチマンをいっぱい引きずった漫画、懐かしいです。
それではタイトル通り、メキシコ民謡の「ククル・クク・パロマ」をお届けいたします♪



名古屋市中区栄にて
Pentax K-5
Tamron AF 18-200mm/F3.5-6.3 (Model A14)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-02-26 06:00 | Animals
2013年2月25日 梅はまだこれからの天神さん
b0134829_11155299.jpg

愛知県の梅の名所のひとつ、岩津天満宮に行ってきました。

b0134829_1116123.jpg

ここは菅原道真公を祭った天神さまなので、学問成就・試験合格を祈念するために訪れる方が多い場所です。
これはうまく成就した方々が奉納するお礼の絵馬ですね。

b0134829_1116115.jpg

毎年、受験シーズンになると見事な梅が咲く岩津天神なんですが、今年は厳冬のせいか、開花が遅れ気味のようです。
これは先週の金曜日に撮ったものですが、ほんの数輪しか開花しておらず、「未開花」と言う感じでした。

b0134829_11162553.jpg

こちらは本殿に奉納された葉っぱのようです・・・毎年見かけますが、どういう意図のものなんでしょうか・・・よくわかりません。

b0134829_11163611.jpg

こちらはよくわかります・・・道真公の家来の「撫で牛」さんのミニチュアであります。
願い事を唱えながらなでると願いが叶うそうです。
私は、頭が良くなりますようにと牛の頭をなで、顔が悪いからと顔をなで、心が悪いからと胸をなでてきました、わはは。^^;

b0134829_11191958.jpg

梅に比べて勢いがあったのは、この山茶花ですね・・・暦の上では立春を過ぎましたが、まだ冬真っ盛りなんであります。

b0134829_11193435.jpg

Olympus Pen miini E-PM1、真四角フォーマットに設定し、EVFを起こしてウェストレベルにして撮ると、良い雰囲気です。
二眼レフのRolleiflexで撮っているような気分が味わえるんですね~。^^v

愛知県岡崎市岩津町字東山53 岩津天満宮にて
Olympus Pen mini E-PM1
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4-5.6
[PR]
by blackfacesheep | 2013-02-25 06:00 | Japanese Landscapes
2013年2月24日 懐かしき街角
b0134829_0331530.jpg

昨日、ペンタックスリコー写真塾の第2回目講評会に行ってきました。
早めに到着したので、講評会の会場の近所にある私が卒業した小学校を訪問してきました。
学校の門の前から中を伺っていると、中から先生と思しき方がでていらっしゃいました・・・あ、怪しまれたのかも。^^;
自分がこの学校のOBであることを話しましたが、まだ釈然としない様子です。
そのとき突然、この小学校の校歌をまだ覚えていることを思い出したのです・・・お~し、歌ってみよう、「♪明るいひざしがさんさんと・・・」
これは効果絶大でしたねえ、先生はにこやかにゲートを開けて中に入れてくれたのでありました♪
しかし・・・中に入って見ると、ほとんど記憶が蘇ってこないんであります・・・5年生で転校してきた学校ので、記憶があまりないんでしょうね。

b0134829_0333064.jpg

小学校を辞去し、近くの商店街を歩いてみました。
おお、これは覚えてます・・・あの頃、すっごく怖かった白蛇さまなんであります・・・今見ても凄みのある造型なんであります。
どうやら江戸時代の製作らしいんですが、いまだに残っているのは素晴らしいことなんであります。

b0134829_0341778.jpg

こちらも、昔とほぼ変わらぬ形で残っている八百屋さんです・・・いいなあ、こういうお店、ぬくもりがあります♪

b0134829_0344154.jpg

商店街の眺め、基本的には昔と同じでした・・・でもシャッターを下ろしたお店が増え、集合住宅が増殖しています。
日本の津々浦々で見かける典型的な古い商店街の雰囲気だったのでありました。
ところで常々疑問があるんですが・・・古い商店街って、なんでこういう探偵会社の看板が多いんでしょうか。
新興住宅街ではまず見かけない看板なんですが、昔からの商店街には必ず設置されているような気がします・・・不思議ですねえ。^^;

名古屋市昭和区曙通りにて
Pentax K-5
Tamron SP AF 17-50mm/F2.8
[PR]
by blackfacesheep | 2013-02-24 06:00 | Japanese Landscapes
2013年2月23日 Reflections on walls
b0134829_2017466.jpg

お天気の良い日のビルのウィンドウって、鏡みたいに空を映し出しているときがありますね。
ビルに雲がいっぱい浮かんでいる風景を見ていると、な~んか、ルネ・マグリット的だまし絵を見ているみたいで楽しいんであります。^^

b0134829_0191796.jpg

これはスパイラルタワーが写りこんだビルなんであります。
ガラスのあるところには、あの面妖な三角形パターンの造型が写りこみ、窓のない外壁には、タワーの窓が反射する光が写っています。
うむ~、めっさシュールです・・・街中を歩いているとき、よく観察すると、被写体に事欠かないんであります♪

名古屋市にて
Olympus Pen mini E-PM1
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4-5.6
[PR]
by blackfacesheep | 2013-02-23 06:00 | Lights & Shadows
2013年2月22日 右手を挙げる猫たち
b0134829_1865231.jpg

猫好きな皆さま、にゃんこ写真、撮ってらっしゃいますか~♪
今日は2(にゃあ)月22(にゃあじゅうにゃあ)日・・・はい、猫の日なんであります。^^v
で、この日のために私も猫の写真を撮ってきました・・・と言っても生猫ではなく、「中馬のおひなさん」で見つけた足助の招き猫さんであります。^^

b0134829_187124.jpg

足助の「中馬のおひなさま」、昔から伝わるものには、三河の碧南や高浜で作られた土雛もたくあんありますね。
その土雛の製造方法で作られたのが、この足助の招き猫のようで、素朴な表情がかわいらしいです。

b0134829_1873510.jpg

こちらは赤猫さんなんであります。
今回撮った招き猫さん、右手を挙げてる個体が多かったです・・・これって「人招き」なんでしょうか、それとも「お金まねき」なんでしょうか。

b0134829_1875986.jpg

これらの土雛風の招き猫さん、こんな小さな家に飾られておりましたね。^^

b0134829_1881668.jpg

こちらはホーロー看板の中に描かれた招き猫さんです・・・やはり右手を挙げておりますね♪
足袋というものが毎日の生活に必要だった時代、すなわち戦前に作られたホーロー看板なのかもしれません。

愛知県豊田市足助町にて
Pentax K-5
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
[PR]
by blackfacesheep | 2013-02-22 06:00 | Still Life
2013年2月21日 アートな裏通り
b0134829_20193097.jpg

名古屋の中心街、栄町から女子大小路方面への裏通りを歩いていたら、こんな面妖なオブジェに遭遇しました。
どうやら・・・ステンレス・スチールでできたキャミソールのようです。

b0134829_20195288.jpg

熱心に撮影していたら、お店の中から優しそうなオーナーさんが出てきて、このオブジェのいわれを説明してくれました。
彼の話によると、スタンリー・キューブリック監督の「時計仕掛けのオレンジ」にインスパイアされたものなんだとか・・・
おお、「時計仕掛けのオレンジ」・・・久しぶりに懐かしい言葉を聞きました。

私、卒論で扱ったのが、この「時計仕掛けのオレンジ(A Clockwork Orange)」を書いたAnthony Burgesなんであります。
私の専攻は英国のカトリック作家だったんであります・・・イブリン・ウォーとかグレアム・グリーンとか。^^
中でも一番SFっぽく、サブカルぽかったのがこのアンソニー・バージェスでしたねえ♪

b0134829_20201366.jpg

そんなものがお好きな店主さんですから、お店も極めてアーティスティック、"A House"というのは"Art House"のことなんだそうです。
Aにアクサン・テギュが付いているのは、"Mötley Crüe"や"Motörhead"のメタル・ウムラウトと同じセンスなのかもしれません♪

b0134829_20225453.jpg

反対側から見てみました・・・こちらもユニークなんであります、シックなんであります♪
しかし、名古屋の飲み屋街である女子大小路近くで、こういうフォトジェニックなオブジェに出会うとは・・・
新鮮な驚きなんでありました。^^v

名古屋市中区にて
Pentax K-5
Pentax FA43mm/F1.9 Limited
[PR]
by blackfacesheep | 2013-02-21 06:00 | Snap
2013年2月20日 昭和が残る黄昏の港
b0134829_17291021.jpg

先日ご紹介したJR四日市駅を撮った後、「どうせなら、ついでなら・・・」ということで、さらに15分ほど歩いて四日市港にも寄ってきました。
ここは末広町と呼ばれる地域で、古くから開けた倉庫街らしく、味わいのある建物がたくさん残っておりました。
後で調べてみたら、熊沢製油倉庫と言って、戦前の建築らしいです。 

b0134829_172923100.jpg

こちらは「末広橋梁」と呼ばれる橋ですが、実は日本にただ一つ残る現役の鉄道可動橋なんであります。
1931年(昭和6年)に竣工した施設で、国の重要文化財に指定されておりますが、今でもちゃんと実用橋として稼働中なんであります。
一日に数回貨物列車がこの橋を通過しますが、、その際には橋桁の開閉が見られるそうで、ガチで撮る人は時間を調べてから来るようです。

b0134829_17295226.jpg

こちらも末広町で見かけた近代建築で、ビルの意匠が昭和初期の表現主義的なものを感じさせますね。
調べてみたらこれも旧「熊沢製油ビル」と言うらしく、現在は「NPO国際資源活用協会ビル」と呼ばれているようです。
四日市で熊澤といえば 旧四日市図書館を寄付した 熊澤一衛氏のことが頭を過ぎりますが、何か関係があるんでしょうか・・・

b0134829_1730646.jpg

西日を受けて輝く旧「熊沢製油ビル」です。
モダンな建物には出したくても出ない哀愁がただよっておりますねえ・・・やはりレトロな近代建築ならではの味わいなんであります♪

三重県四日市市末広町付近にて
Pentax K-5
Tamron AF 18-200mm/F3.5-6.3 (Model A14)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-02-20 06:00 | Rusty Scene
2013年2月19日 Frigid Night, Warm Jazz
b0134829_15371032.jpg

先週末、昔、東京で働いていた頃の友人が名古屋にやってきたので、久しぶりに会いました。
彼は当時、社内で唯一JAZZの話のできる相手で、お茶の水のNARUやDisk Unionあたりに時々繰り出していた仲なんであります。
一軒目は県外者にも評判の良い名古屋メシ、手羽先唐揚の「風来坊」に行きましたが、2軒目はJazzの聴けるお店に行こうということに・・・
どうせなら新規開拓してみようということで、今まで行ったことのないお店に行くことになりました。
これがそのお店、"Another You"さんの看板です・・・スタンダードの"There will never be another you"が店名の由来みたいです♪

b0134829_15263554.jpg

ドアを開けて中に入ると、カウンターとテーブル一つだけの小さいですがコージーな雰囲気のお店でした。
カウンターの上には各種スピリッツのボトルがお迎えしてくれます。
うむ、これこそ正統派の「ずーじゃのお店」なんであります♪

b0134829_15264719.jpg

このお店の凄いところは、いまだにレコードプレイヤーが現役だと言うことですね。
CDのほうがノイズが少なくて聴きやすいし、取り扱いしやすいのは事実ですが、それでもレコードのほうが心に響くような気がするんですよ。
デジタルとアナログ、ちょうどデジタル写真とフィルム写真の違いに似てるのかもしれません。
いまだに手間のかかる銀塩フィルム写真を撮り続けて、ブログ更新も毎日行っている私にとっては、とても楽しいお店なのでありました♪

b0134829_1795342.jpg

さて、このコリンズ・グラスの中身はなんでしょうか・・・
スコッチでもなければバーボンでもなくアイリッシュでもない・・・あはは、実はジンジャー・エールなんであります。^^;
一昨年末から慢性膵炎を発症してしまい、その結果、長年たしなんできたタバコもお酒も、すっぱりとやめてしまいました・・・
こういう場所に来て好きなJazzを聴いていると、どちらも誘惑的ではありますが、それでも我慢ができないってほどではないですね。^^
一緒に行った友人はいまだにタバコもお酒もやるので、「ノブさん、とっても詰まらない人間になったねえ・・・」と言われてしまいました。^^;

b0134829_15271768.jpg

”Another you"さんのお店の外観です・・・緑色のサインと言うのがユニークですね。^^
場所は、名古屋観光ホテルのすぐ西側なんであります。

看板の灯りを白飛させないようにアンダー露出したら、背景が黒潰れしてしまいましたが、例によってLightroom 4でシャドウを掘り起こしました。
Olympus Pen mini E-PM1、LR4のおかげで随分と使えるカメラになったような気がします。
オリンパス純正のRAW現像ソフトだと、私の好みのPentax風の色味が出なかったんですが、LR4だとかなり近似色が出るような気がします♪
またPen miniはミラーレスなので、マルチアスペクトがファインダーで確認できるため、真四角写真も俄然やる気になってしまうんであります。^^

さて、ここで飲んでいるときに、友人がとても聞きたかったアルバムがありました。
オランダの歌姫、Ann Burotnの2枚目のアルバム、"Ballads & Burton"です・・・残念ながら、このお店には置いてありませんでした。
なので、YouTubeからお届けしましょう・・・"It never entered my mind"をどうぞ♪



歌詞はいわゆる失恋ソングですね・・・「あなたが去ってから、私の生活はとってもつまんないものになってしまった・・・前は、そんなこと思いもしなかったのに・・・」って感じでしょうか。
"It never entered my mind"と言えば、Miles Davisがミュート・トランペットで演じているバージョンが有名ですが、アン・バートンのボーカルも良いですね♪

この日の名古屋の夜の気温は氷点下3度・・・
凍るように寒い夜ではありましたが、気心のしれた旧友と好きな音楽を聴きながら馬鹿話をするのは、何より暖かな気分になるんでありました♪

名古屋市中区錦1-17-17 幸村ビル B1F Bar "Another You"にて
Olympus Pen mini E-PM1
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH
[PR]
by blackfacesheep | 2013-02-19 06:00 | Jazz