Copyright © 2008-2015 Black Face Sheep All Rights Reserved
<   2013年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
2013年8月31日 アフリカだっ、ジャングルだっ♪
b0134829_1564662.jpg

大きな一本木がたくさんある日本離れした景観です。
あちらの大きな一本木のふもとにいるのは・・・

b0134829_1571646.jpg

うん、これはシマウマさんですね~♪
となると、ここはアフリカのサバンナかな・・・

b0134829_1573474.jpg

おお、ブワナ、シンバ♪(スワヒリ語で、「旦那、ライオンですぜ♪」)
ちなみに後ろに見える印象的な建物は、黒川紀章氏が設計した豊田スタジアム、アフリカのサバンナのはずはありません。^^;

b0134829_1574913.jpg

ここは、昨日ご紹介した豊田大橋の西詰で、矢作川の河岸に広がる白浜公園なんであります。
ブワナ、テンボ♪・・・・はい、今度は象なんであります。^^

b0134829_1582087.jpg

こちらも象なんですが、あまり優しそうな顔じゃないなあ・・・目が三白眼です。^^;

b0134829_1583946.jpg

向こうにいた豹が、「テンボ、おまえ、目つき悪いぞ・・・」と苦言を呈しておりました。^^;

b0134829_1585710.jpg

背景に見えるのは国道301号線と久澄橋・・・これさえ見えなかったら、「なんちゃってアフリカ」写真になるんですけどねえ・・・^^;
こういう風景を見ると、1960年代に子供時代を送った私としては、突如として「少年ケニヤ」の歌が聴こえてくるんであります・・・

♪ウーウーウーウー ウーウー ウウーウー
アフリカだ ジャングルだ ウー アッ
黒い瞳に バラの頬
ワタルは強いぞ ウッ
ダーナが味方だ ウッ
赤蟻 トカゲ 何でも来い
ウーウーウーウー ウーウー ウウーウー
進めよワタル 少年ケニヤ

ケニ「ア」じゃなくてケニ「ヤ」だし、「赤蟻、トカゲ」ってあたりも「おろっ?アフリカだよね?」と、肩透かしを食らってしまう感じです。
ドラマのセリフには「ドジン」とか言う表現も平気で出てくるし、今だったら放送禁止になってしまうような表現もあって、おおらかな時代でした。^^;
TV創成期の子供向けドラマって、快傑ハリマオとか海底人8823(ハヤブサ)とかナショナルキッドとか恐怖のミイラあたりも、今見ると差別用語に満ちていて、めっちゃヤバいですもんねえ。^^;

愛知県豊田市白浜町 白浜公園にて
Nikon D600
Tamron 70-300mm F/4-5.6 VC USD
[PR]
by blackfacesheep | 2013-08-31 06:00 | Sculpture
2013年8月30日 晩夏の蒼穹
b0134829_11101969.jpg

先週末の雨のあと、さすがの愛知県もやや秋めいてきました。
空を見上げると、霞のかかった夏空ではなく、深い透明感を感じさせる秋の空になりつつあるようです。
こういう蒼い空を引き立たせてくれるのは、白くて大きな建造物・・・はい、またしても手近なところにある豊田大橋を撮ってきました♪

b0134829_11104591.jpg

遠くから見ると真っ白な豊田大橋なんですが、さすがに経年変化には勝てず、ところどころ汚れや錆が目立つようになってきました。
そのため、近々補修工事が行われるようですね。

b0134829_11111139.jpg

豊田大橋の見事なアーチ、その後ろに豊田スタジアムを背景として加えると、一番引き立つような気がします。
それもそのはず、どちらの建築物も愛知県を代表するモダニズム建築家、黒川紀章氏のデザインになる作品なんであります♪

b0134829_11112995.jpg

こういうお天気が良い日は、ついつい光条写真も撮りたくなります。
これはF8ですが、もう少し絞ったほうが豪快な光条が出るかも・・・ただ、ゴミが写る可能性が高くなるので、あまり絞りたくないんですよね。^^;

b0134829_11115299.jpg

地上へ降りる階段のふもとに、仲良く缶コーヒーが並べてありました・・・くらぁっ、飲んだ後の缶はちゃんと持ち帰れよ!!!(怒)
ここを訪れたアヴェック(死語、カップルと言うべきか^^;)が、ここで休憩していったんでしょうか。

b0134829_11121489.jpg

豊田大橋の西詰、こういう見事な一本木が多くて不思議な空間になってますね。

愛知県豊田市喜多町6丁目 豊田大橋にて
Nikon D600
Nikon Ai AF Nikkor 20mm f/2.8D
[PR]
by blackfacesheep | 2013-08-30 06:00 | Seasonal Images
2013年8月29日 西洋骨董なランチ
b0134829_17305235.jpg

昨日、久しぶりに洋食のマ・メゾンの星ヶ丘本店に行ってきました。
最近は、日進市竹ノ山のお店の方に出かけることが多かったんですが、距離的にはそんなに変わりません・・・ちょっと足を延ばしてみました。^^

b0134829_17311416.jpg

昨日は二階席だったので、迷路のような店内を巡って二階へ向かいます・・・そこらじゅうに西洋骨董が置かれておりますねえ。^^
このマ・メゾン、竹ノ山店にも西洋骨董はたくさんディスプレイされていてますが、本店は歴史がありますからさらに気合が入っております。

b0134829_17313112.jpg

私が学生の頃にオープンしたお店ですが、当時はここまで西洋骨董に特化したディスプレイのレストランって、無かったですね。^^

b0134829_17314865.jpg

西洋骨董と言っても、マ・メゾンというフランス語の名前とは裏腹に、英語圏からの骨董が多いようです。
なんとなくブリティッシュな西洋骨董趣味なのかもしれません。^^

b0134829_1732321.jpg

さて、昨日のランチのスープです・・・ミネストローネ風ですね。
例によって右手でスプーンを持ち、左手一本で撮ってますが、Pen mini E-PM2はD600に比べると軽量なので楽なんであります。^^

b0134829_17331660.jpg

メインはカレーソースのハンバーグステーキ・・・辛いものが苦手な相方と義姉は「辛い~」と言ってましたが、私的には全然辛くなかったなあ。^^;
ガーニッシュはマッシュド・ポテトとスパゲティ、結構な量があります。

b0134829_17333979.jpg

でも、さらにご飯かパンが付いてくるんですね・・・昔から星ヶ丘本店のランチは量が多いことで有名でした♪

b0134829_17335581.jpg

テーブルの上には、竹ノ山店同様、ティファニータイプのステンドグラスライトが置かれております。

b0134829_1734830.jpg

昨日はデザートまでつけてみました・・・フローズン・パフェなんであります。
スパイシーなカレーソースハンバーグのあとには、このフルーツの酸味と爽やかな甘みがとても美味しかったのであります。^^
ちなみに、ドリンクだけでデザートなしのランチは890円、デザート付だと1,100円と、リーズナブルな価格設定です。^^v
真鍮の鍵が見えますが、これはナンバリングされており、会計の際のチェック用プレートになってます。

b0134829_17357100.jpg

帰りは、往路同様に西洋骨董を眺めながら出口へ・・・

b0134829_17363942.jpg

これは骨董とは言わないのかな、でもここに置いてあると何でも骨董に見えてくるから不思議です。

b0134829_17365583.jpg

これ、笑えます。
「自宅ほど素敵なところはない。(ただし、飲屋が閉まった後では)」だそうです。^^;

名古屋市千種区星が丘元町1-15 洋食屋「マ・メゾン」 星ヶ丘本店にて
Olympus Pen mini E-PM2
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH
[PR]
by blackfacesheep | 2013-08-29 06:00 | Foods & Dining
2013年8月28日 丘の上の赤虎と青虎
b0134829_2322817.jpg

先日、越後のJ君が遊びに来たとき、初日は愛知牧場の4台の廃トラを撮りに行きました。
翌日、廃バスを撮りに行ったついでに、近所の豊田市北部の丘陵地にある2台の野生の虎も撮りにいってきました。
まずはこちら・・・農地に置かれた農機具です・・・その先についている赤い物体は何かと言えば・・・

b0134829_2324946.jpg

はい、赤虎のMassey Ferguson 240なんであります。^^
「燃える男の赤いトラクター」は、国産車だとヤンマーですが、舶来モンだとこのマッセイファーガソンやインターナショナル・ハーベスターですね。^^
この赤虎、真冬にK-5で銀残しで撮ってますが、真夏に撮るとイメージがまた変わりますねえ。^^

b0134829_233781.jpg

100シリーズに比べると、少々モダンな顔つきなのが200シリーズの特徴ですね。^^

b0134829_23524.jpg

牽引している農機、錆こそありますが、いまだに十分使えそうな不敵な面構えでありました。

b0134829_2318620.jpg

赤虎のほうも少々ヤレが来てますが、整備すればちゃんと動きそうな感じでしたね。^^

b0134829_23292486.jpg

赤虎が置いてある場所から、車で数分のところには、こんなのも野外放置されております・・・
わかりますか、野草の向こう側に佇む青虎・・・^^

b0134829_2351812.jpg

はい、FORDの5000、私の大好きな青虎なんであります。^^
この個体、昨年、Kiev 88Cでも撮ったし、Olympus Pen mini E-PM1と便利ズームでも撮ったし、D600とAF-S 50mm/F1.4Gでも、Rolleiflexでも撮りました・・・あとはバケペンだけだな、撮ってないのは。^^;

b0134829_2365177.jpg

これ、油圧関係のパーツなんでしょうか・・・錆が浮いてますが、まだ使いものになる感じでした。^^

b0134829_2371048.jpg

昔のトラクターって、こういうディテイルがゴツくていいんですよね・・・ほとんど軍用って感じで、戦車に近い頑強さであります♪

b0134829_2373050.jpg

真冬には荒涼とした丘の上なんですが、真夏は生い茂る夏草でほとんど覆い隠されていました。
左はその夏草にもめげず、野外放置された野生の青虎を撮る越後のJ君, also known as 皐月の樹さんなんであります。^^v
首にかけたタオルがりりしいですねえ。

愛知牧場はうちから車で10分少々、この丘の上の赤虎・青虎の生息場所も10分程度、うちの近所は、舶来の虎狩りの名所なんであります♪
南に10分ほど行った牧場にもMassey Ferguson 165やSAME, FORD 2000が生息しており、これらも後日、撮りに行くつもりです。^^v

愛知県豊田市にて
Nikon D600
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II)
[PR]
by blackfacesheep | 2013-08-28 06:00 | Tractors
2013年8月27日 屹立の名古屋駅
b0134829_15434432.jpg

名古屋駅の名鉄百貨店の前に屹立する巨大マネキンです。
この人形は"ナナちゃん人形"と呼ばれ、名古屋駅の待ち合わせ場所として有名です。
1973年(昭和48年)に建てられ、身長610cm、体重600kg、バスト207cm、ウエスト180cm、ヒップ215cmだそうです。^^
季節によって様々な服や水着に着替えますが、この日は・・・中日ドラゴンズのユニフォーム姿でしたね。

b0134829_15435990.jpg

名古屋駅の前、2005年の愛知万博のころから、やたらと「屹立」するものが増えました。
この摩天楼街、超広角レンズを持ち出すにはとても楽しい場所ですね♪
さて、こちらはその摩天楼の一つ、ミッドランド・スクエアであります。
建設当初は、何の芸もない直方体が間の抜けたデザインに見えましたが、昨今ではそのモノリスのミニマリズムがお洒落に見えてきました。^^

b0134829_15442855.jpg

名古屋駅の高層ビル街の中でももっとも異形なのが、これ、モード学園スパイラルタワーズであります。
2つのビルが捩れながら空に伸びてゆくような奇抜で未来的なデザインで、ここにモスラが繭を作ったらフォトジェニックだろうなあ。(って、ヲイ^^;)

b0134829_1631871.jpg

名古屋駅の入っているJRツインタワーズです。右下に見えるのはルーセント・タワーですね。
先日、越後のJ君が来名した際の最後の撮影ポイントで、このあとタワーズに入っている山本屋総本家の味噌煮込みを食べて、第1次愛知合宿は解散となったんでありました。^^

名古屋市中村区 名古屋駅にて
Nikon D600
Nikon Ai AF Nikkor 20mm f/2.8D
[PR]
by blackfacesheep | 2013-08-27 06:00 | Japanese Landscapes
2013年8月26日 大提灯祭りの宵
b0134829_21194935.jpg

お稲荷さんを背景にして、大きな提灯が夕空に映えています。

b0134829_21201841.jpg

昨晩は私の住む街の夏祭りでした・・・午後遅くまで降っていた雨も、お祭りに合わせて夕方になって止んでくれ、綺麗な夕焼けとなりました。

b0134829_212051100.jpg

このお祭り、「三好稲荷閣大提灯祭り」と言い、巨大な提灯がお稲荷さんの境内に現れます。

b0134829_21214350.jpg

たくさんの屋台も参道から駐車場にかけて出展され、とても賑やかです・・・つい中望遠でスナップしたくなりますね~。^^

b0134829_21215785.jpg

屋台の定番と言えば、たこ焼き屋さんです。^^

b0134829_21221772.jpg

昔懐かしき、リンゴ飴屋さんも、まだ健在なんであります。^^

b0134829_21224818.jpg

今も昔も、男の子はこういうキッチュな光線銃のおもちゃが大好きなんであります。

b0134829_21433120.jpg

これもお祭りの屋台の定番、イカ焼き屋さんですね、香ばしいイカの匂いがそそりますねえ♪

b0134829_21233533.jpg

いつしか陽はとっぷりと暮れました・・・
このお稲荷さんの大提灯を見ると、「今年の夏ももう終わりだなあ・・・」と思うのでありました。

愛知県みよし市三好町蜂ヶ池5 三好稲荷閣・満福寺にて
Nikon D600
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II) 1~3枚目、9枚目
Nikon Micro-Nikkor 105mm f/2.8D 4~8枚目
[PR]
by blackfacesheep | 2013-08-26 06:00 | Seasonal Images
2013年8月25日 名古屋に残る近代紡績産業遺産
b0134829_1631552.jpg

年季を感じさせる赤煉瓦の佇まい・・・
ここは先日、越後のJ君が来名した折にお連れした産業技術記念館です。

名古屋市市政資料館の撮影後、その近くの近代建築、カトリック主税町教会礼拝堂と二葉館(名古屋市旧川上貞奴邸)を撮影しました。
その後、栄町の中日ビルのチャオであんかけスパで腹ごしらえをしてから向かったのが、名古屋駅近くの近代産業遺産巡りなんであります。

b0134829_16275716.jpg

ここはトヨタグループの創業者である豊田佐吉氏により1911年に建設された「豊田自動織布工場」の跡地で、繊維機械に関するものと自動車に関するものが展示されています。
こちらは一番原始的な紡績機、糸車なんであります。

b0134829_16281893.jpg

産業革命の頃の紡績機、今から見ればローテクなんでしょうが、それゆえに圧倒的な機械の迫力があるように感じます。

b0134829_16285516.jpg

この記念館には、機械好きの心に訴える様々なメカメカしい機会が保存してあります。
しかもそのほとんどが動態保存であり、時々実演までやってくれるのが楽しいですね♪

b0134829_16292468.jpg

これはジャカード織のパターンをパンチ穴で読み取って加工する、複雑な織り機のようでした。

b0134829_16322033.jpg

この記念館の外壁は、建築当初の古い赤煉瓦がそのまま残されています。
中には100年以上前からここにあったものもあるんでしょうね・・・近代産業遺産って、本当に見ごたえがあるんであります♪

名古屋市西区則武新町4丁目1番35号 産業技術記念館にて
Nikon D600
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09II) 1枚目と6枚目のみ
Nikon Micro-Nikkor 105mm f/2.8D
[PR]
by blackfacesheep | 2013-08-25 06:00 | Still Life
2013年8月24日 うれしいいただきもの
b0134829_22201995.jpg

こちらを見つめる黒顔羊の親子なんであります♪
これ、先日うちに遊びに来た越後のJ君にいただいたドイツ土産なんです・・・彼はレーゲンスブルクから戻ってきたところでした。
"Schleich"のネームタグが見えますが、動物のフィギュアで有名なドイツのシュライヒ社の製品なんであります。^^
そしてその後ろにうっすらと写っているのは・・・

b0134829_22203853.jpg

ドイツのミニカーの名門、ジク(SIKU)社が制作したトラクター、"Lanz Bulldog"なんであります。
このLanz Bulldog、ドイツのマンハイムにあったHeinrich Lanz AG社が1920年代から作ってきたトラクターですが、1950年代に John Deereに買収されました。
これは第二次世界大戦前の古いD9506系のようで、正面から見るとジョン・ディーア同様に「カオナシ」なところが面白いです。
これも虎好きの私のためにJ君がドイツから買ってきてくれたものです・・・J君、シュライヒもジクも高価なのに、本当にありがとう~♪
その背景に写っているカラフルなものは何かと言えば・・・

b0134829_22205162.jpg

こちらは相方のお友達のHさんが作ったカラフルなピーマンなんであります。^^

b0134829_222123.jpg

ピーマンの他に茄子もいただいてしまいました、Hさん、いつもどうもありがとうございます。^^v

b0134829_22211481.jpg

さて、再びJ君にいただいたシュライヒ社の動物フィギュア、猫ちゃんなんであります。
J君、私が猫好きなのを知っていて、こういう可愛らしいものを買ってきてくれたんですね、ほんとにありがとう♪

b0134829_22212980.jpg

こちらもシュライヒ、たわむれ遊ぶ猫ちゃんたちです。
マイクロフォーサーズの中望遠の銘玉、M.ZUIKO 45mm/F1.8で撮っていますが、このレンズ、最短撮影距離が50㎝なので、なんちゃってマクロとして使えますね。

今回のような写真は、本来マクロレンズで撮るべきなんですが、私のマクロレンズは60mm/f2.8も105mm/f2.8もNikon D600用です。
この写真を撮ったときは、私のD600、またLPFに油性の汚物が付着し、清掃のために横浜SCに送ってしまったところだったのでした。^^;

通常、3000ショットを超えると、メカニカルダストはLPFに付着しにくくなると聞いてますが、私のD600、11,000枚を超えてもまだ付着します。
こんなにLPFが汚れるカメラって、今まで使ったことがなく、あきれ果てておりますわ。^^;
購入直後のGW明けに名古屋のニコンSCで1回、その後6月、7月、8月初旬と3回横浜SCに送り、今回で5回目の入院です。
センサーへのゴミの付着はデジタル一眼レフの宿命とは言え、もうええ加減にしてくれと言いたい・・・(怒)

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Olympus Pen mini E-PM2
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
[PR]
by blackfacesheep | 2013-08-24 06:00 | Still Life
2013年8月23日 Reflections in Blue, Yellow & Red
b0134829_1071921.jpg




b0134829_953341.jpg




b0134829_1073191.jpg


豊田市美術館の中庭です。
ここにはフランスのアーティスト、ダニエル・ビュレン(Daniel Buren, 1938 -)氏の作品、「色の浮遊-3つの破裂した小屋」と言うインスタレーションアートが屋外展示されています。
鏡を使った作品なんですが、そこに夏雲の浮かぶ風景を投影すると、ルネ・マグリットっぽいだまし絵的な不思議空間ができあがります。
真っ青に晴れ渡った夏空もフォトジェニックではありますが、ところどころに雲が出ているほうが絵にしやすいなあ♪

愛知県豊田市小坂本町8-5-1 豊田市美術館にて
Olympus Pen mini E-PM2
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
[PR]
by blackfacesheep | 2013-08-23 06:00 | Lights & Shadows
2013年8月22日 Colours at Night with You
b0134829_2141261.jpg

夜の都会って、色彩に溢れてますね・・・ショーウィンドーの中って、つい撮ってしまいます。

b0134829_21414180.jpg

自然界にはありえない色の光もたくさんあります。

b0134829_2142981.jpg

花屋さんのショーウィンドーも、人工的な光で映えるようにチューニングしてあるようです。

b0134829_21422441.jpg

こういう被写体は、昼間より夜の方が美しく見えます。

b0134829_21425018.jpg

トリエンナーレの開催期間中なので、百貨店のディスプレーもそのテーマカラーのブルーでディスプレイされていました。

b0134829_21437100.jpg

停まっている自転車もカラフルです。

b0134829_21432263.jpg

でも、夜ならではの色彩は、大口径レンズを活かした玉ボケかもしれません。

Jazzピアニスト、Keith Jarrettのアルバム”Melody at Night with You"からタイトルをパクってみました。
このアルバムは名演揃いですが、真夏の夜にも涼しげに響く"I Loves You, Porgy"をBGMにどうぞ。



名古屋市中区栄 大津通りにて
Nikon D600
Nikon AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
[PR]
by blackfacesheep | 2013-08-22 06:00 | Lights & Shadows